エンヴァイロンメンタル・ベジタリアニズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エンヴァイロンメンタル・ベジタリアニズム: Environmental vegetarianism)は、動物に基づく産業が環境に破壊的な影響を与えたり、持続可能な開発を不可能にするという考えに基づき、菜食主義植物由来の食生活英語版を行うこと[1]。動物製品が原因と考えられている主な環境問題は、温室効果ガス(GHG)の排出を含む公害森林破壊や、化石燃料水不足、土地などの資源の消費である。

出典[編集]

  1. ^ Bittman, Mark (2017年11月8日). “Rethinking the Meat-Guzzler”. 2018年5月6日閲覧。

関連項目[編集]