エヴァソール (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
USS Eversole (DD-789) underway at sea, in the 1960s.jpg
艦歴
発注:
起工: 1945年2月28日
進水: 1946年1月8日
就役: 1946年5月10日
退役:
その後: トルコ海軍へ移管
除籍: 1995年
性能諸元
排水量: 満載:3,460 トン
全長: 390 ft 6 in (119 m)
全幅: 40 ft 10 in (12.5 m)
吃水: 14 ft 4 in (4.4 m)
機関: ギアード・タービン2軸推進、60,000 shp (45 MW)
最大速: 35ノット (65 km/h)
兵員: 士官、兵員336名
兵装: 5インチ砲6門
40mmボフォース対空機銃12門
20mmエリコン対空機銃11門
21インチ魚雷発射管10門
爆雷軌条2軌、爆雷投射機6器

エヴァソール(USS Eversole, DD-789)は、アメリカ海軍駆逐艦ギアリング級駆逐艦の1隻。艦名はミッドウェー海戦で戦死し、海軍十字章を受章したジョン・トーマス・エヴァソールに因む。その名を持つ艦としては2隻目。

艦歴[編集]

エヴァソールは1945年2月28日にワシントン州シアトルトッド造船所で起工する。1946年1月8日にサラ・エヴァソール(エヴァソール中尉の母親)によって進水し、1946年5月10日に艦長B・P・ロス中佐の指揮下就役する。

エヴァソールは母港のカリフォルニア州サンディエゴに1946年10月6日到着する。第7艦隊に所属し、2回の極東任務で中国の沖合、日本近海を偵察した。1950年5月1日にサンディエゴを出航し、再び極東での任務に就く。朝鮮戦争勃発時、エヴァソールはアジアでの任務活動中であった。1951年2月8日まで、北朝鮮への攻撃を行う高速空母任務部隊の護衛を行い、その後サンディエゴに帰還した。

朝鮮戦争における2度目の任務は1951年8月27日から1952年4月10日まで行われた。エヴァソールは興南元山韓国東岸部の拠点に対して砲撃を行い、イギリスカナダオランダオーストラリアニュージーランドおよび韓国海軍艦艇と共に封鎖および護衛任務に従事した。その後1952年11月17日から1953年6月29日まで同様の任務に従事した。

1954年から1962年までエヴァソールは台湾海峡での偵察を行い、沖縄フィリピンでの演習、西太平洋各地の港を訪問した。1957年と58年にはオーストラリアを始めとする各地を訪問し、第7艦隊での任務に従事した。

西海岸での配備のための訓練および準備期間に、エヴァソールはしばしば太平洋北西の港を訪問し、ハワイ諸島への巡航を行った。

エヴァソールは朝鮮戦争の戦功で7個の従軍星章を受章した。

トルコ海軍で[編集]

1973年7月11日にエヴァソールはトルコ海軍へ転籍する。エヴァソールはガイレット (TCG Gayret, D-352) の艦名でトルコ海軍に就役した。ガイレットは1995年に除籍され、現在はトルコイズミットで博物館船として保存されている。

関連項目[編集]