エーアイシーテック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
エーアイシーテック株式会社
AIC tech Inc.
種類 株式会社
市場情報 未上場
本社所在地 日本の旗 日本
321-4521
栃木県真岡市久下田1065番地
設立 2020年2月
(エーアイシーSPC株式会社)[1]
業種 電気機器
法人番号 8060001032293
事業内容 各種蓄電器及びそれらの部品・材料の製造、蒸着製品及びその応用加工製品の製造他
代表者 市村滋朗(取締役社長)
資本金 40円
発行済株式総数 40株[1]
純利益 0円(2020年03月31日時点)[2]
総資産 40円(2020年03月31日時点)[2]
主要株主 南通江海电容器股份有限公司 100%
外部リンク https://aictech-inc.com/
特記事項:2020年4月1日に現社名へ商号変更。
テンプレートを表示

エーアイシーテック株式会社(エーアイシーテック株式会社)は、栃木県真岡市に本社を置き、コンデンサ並びに蒸着フィルムの製造を行う日本の企業。

概要[編集]

日立化成(現:昭和電工マテリアルズ)は、長年にわたり子会社である日立エーアイシー(現:AAFC Energy Technology)とともに、コンデンサ並びに蒸着フィルムの製造の製造を行ってきた。しかし、産業機器用のコンデンサ事業はは日用品化や中国企業などの競争により、収益確保が難しくなっていた[1][3]

日立化成は2020年1月28日に、日立化成と日立エーアイシーが手掛けている事業の内、コンデンサ事業(小型フィルムコンデンサ事業を除く)および蒸着フィルム事業を同年2月に設立したエーアイシーSPC株式会社へ会社分割で譲渡することと、エーアイシーSPC全株式を、同年4月1日付で中国南通市に本社があるコンデンサメーカーである南通江海电容器股份有限公司へ譲渡することを発表した[1][3]

日立化成と日立エーアイシーが手掛けていたコンデンサ事業(小型フィルムコンデンサ事業を除く)および蒸着フィルム事業は同年4月1日付で、同日にエーアイシーSPCから商号変更されたエーアイシーテックへ譲渡され、同時にエーアイシーテック全株式も南通江海电容器股份有限公司へ譲渡された。本社は日立エーアイシーと同じ栃木県真岡市に置かれる。これにより、日立化成グループは小型フィルムコンデンサ事業を除くコンデンサ事業並びに蒸着フィルム事業から撤退した。

沿革[編集]

  • 2020年
    • 2月 - エーアイシーSPC株式会社として設立。出資比率は日立化成60%、日立エーアイシー40%。
    • 4月1日 - エーアイシーテック株式会社へ商号変更したと同時に、コンデンサ事業(小型フィルムコンデンサ事業を除く)および蒸着フィルム事業を日立化成と日立エーアイシーから会社分割で譲受。株式譲渡により、南通江海电容器股份有限公司の完全子会社となる。

事業所[編集]

主要製品[編集]

  • アルミ電解コンデンサ
  • パワーエレクトロニクス用フィルムコンデンサ
  • アルミ蒸着フィルム
  • アルミ電解コンデンサ用電極箔


脚注[編集]