エージェント:ライアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エージェント:ライアン
Jack Ryan: Shadow Recruit
監督 ケネス・ブラナー
脚本 アダム・コーザッド
デヴィッド・コープ
原作 キャラクター創造
トム・クランシー
製作 ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
メイス・ニューフェルド
デヴィッド・バロン
マーク・ヴァーラディアン
製作総指揮 ダナ・ゴールドバーグ
トミー・ハーパー
出演者 クリス・パイン
ケビン・コスナー
ケネス・ブラナー
キーラ・ナイトレイ
音楽 パトリック・ドイル
撮影 ハリス・ザンバーラウコス
編集 マーティン・ウォルシュ
製作会社 パラマウント映画
スカイダンス・プロダクションズ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2014年1月17日
日本の旗 2014年2月15日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費  $60,000,000 [1]
興行収入 $135,511,030 世界の旗 [1]
5億2000万円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

エージェント:ライアン』(原題: Jack Ryan: Shadow Recruit)は、トム・クランシーが創造したキャラクターであるジャック・ライアンを主人公としたケネス・ブラナー監督による2014年アメリカ合衆国アクションスリラー映画

本作はジャック・ライアンの映画作品英語版としては5作目である。本作は「ジャック・ライアン」シリーズをリブート[3]した作品。これまでの映画とは違ってクランシーの特定の小説を原作としておらず、ホセイン・アミニによるコンセプトを基にしたオリジナルストーリーとなっている。ライアンを演じるのはクリス・パインであり、アレック・ボールドウィンハリソン・フォードベン・アフレックに続いて4代目となる。

日本公開版は池上彰が字幕監修を担当した[4]

あらすじ[編集]

アメリカ同時多発テロ事件の後、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに在学していたジャック・ライアンはアメリカ海兵隊に入隊し、アフガニスタンで戦うが、ヘリコプターが撃墜されて脊椎を損傷する。療養中に、ライアンは医学生キャシー・ミュラーと親しくなり、自分をリクルートしようとするCIAのトマス・ハーパーに会う。

10年後、ライアンは表向きウォール街の会社で働きながら、密かにCIAのためにテロリストの資金の流れを追い、キャシーを婚約者としている。ロシアが国連の投票で敗北した時、ライアンは不自然なドル相場の動きに気付く。ロシアの億万長者のヴィクトル・チェレヴィンが運営する組織の口座にアクセスできないことを知る。

ライアンの会社がチェレヴィンと取引をしていたため、ライアンは監査のためにモスクワに行く。モスクワに着いた途端、ライアンはボディガードを装う暗殺者に命を狙われる。ライアンはSOSを送り、バックアップがハーパーであることに驚く。ライアンは、チェレヴィンが密かにドルの価値を吊りあげており、テロの直後に大量の米国債を売って市場の暴落とアメリカ経済の崩壊を計画していると説明する。脱出せずに調査を継続するようハーパーは求める。

翌日ライアンはチェレヴィンと面会するが、監査対象の会社は既に売却したと言われる。一方、キャシーは浮気を疑ってモスクワにやって来る。規則に反してライアンは自分がCIAのために働いているとキャシーに教える。ライアンはキャシーを伴い、レストランでチェレヴィンに会う。ライアンは酔ったふりをしてキャシーを侮辱し、席を立ってチェレヴィンのオフィスに忍び込み機密情報を盗む。翌朝にテロを起こし、大量の売り注文で市場の暴落が計画されていることを知る。チェレヴィンはキャシーを誘拐させるが、ライアンが救い出す。

ライアンは、チェレヴィンが息子アレクサンドルを密かに合衆国に潜入させていた事を知る。合衆国に戻る飛行機の中で、ライアンはアレクサンドルの潜伏場所とウォール街が攻撃対象であることを突き止める。ライアンは、アレクサンドルの乗る偽の警察車両を見つけてウォール街の地下に追いつめ、車両に搭載された大量の爆弾に気付く。ライアンは車を川に落下させ、爆発直前に飛び降りてアレクサンドルは死ぬ。チェレヴィンは陰謀仲間に処刑され、ライアンとハーパーはホワイトハウスに呼ばれて大統領に説明する。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

企画[編集]

2002年に『トータル・フィアーズ』が商業的に成功した後、シリーズの継続が検討されたが、実現には至らなかった[6]。2008年にサム・ライミ映画『ジャック・ライアン』シリーズ英語版を復活させるために参加したが[7]、後に彼は映画『スパイダーマン』シリーズに集中するために降板した[8]

2009年10月、パラマウント映画と共同出資のスカイダンス・プロダクションズはオリジナルの映画シリーズからリブートしたジャック・ライアン役としてクリス・パインと交渉していることを発表した。同時にプロデューサーのロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラメイス・ニューフェルドホセイン・アミニが草案を書いたオリジナル・コンセプトに基づいて企画を進めた[9]。2010年8月、アダム・コーザッドの脚本『Moscow』(仮題)を基としたリブート映画をジャック・ベンダーが監督することが発表された[10]。翌月、アンソニー・ペッカムが脚本書き直しのために雇われ[11]、その後更に1994年の『今そこにある危機』も執筆したスティーヴン・ザイリアンも雇われた[12]。しかしながらザイリアンは数週間後に撤回し、さらにパラマウントはパインが『スター・トレック イントゥ・ダークネス』でジェームズ・T・カークを演じるために本作は一時保留された[13]。この間にデヴィッド・コープが書き直しのために雇われ[14]、2012年下半期の撮影開始が目標とされた[15]

2012年3月にベンダーがスケジュールの都合により降板するとさらに延期された[16]。パラマウントとスカイダンズはパインが2012年9月に『イントゥ・ダークネス』を終えた直後から撮影を始められるように、すぐにベンダーの代わりにケネス・ブラナーを雇った[17]

プリプロダクション[編集]

プリプロダクションはバッキンガムシャーパインウッド・スタジオ外のオーガスト・ストリート・フィルムズ・リミテッドで行われた[18]。監督が決まった数ヶ月後、ケネス・ブラナーは悪役として出演する契約も交わした[19]

2012年8月初頭、女主人公役としてキーラ・ナイトレイフェリシティ・ジョーンズエヴァンジェリン・リリーが考慮され、またケイト・ベッキンセイルジェシカ・ビールにも持ちかけられたが拒否された[20]。その報道から数日後、『ハリウッド・リポーター』はナイトレイに決定したことが発表された[21]。同月はケビン・コスナーは本作及び『容赦なく』にトマス・ハーパー役で出演する契約を交わした[22]

撮影[編集]

2012年8月末にマンハッタンで撮影中の画像が報じられたが[23][24]。パラマウントとスカイダンスは2012年9月18日までに主要撮影の開始を公式に発表しなかった[25]。この時点で既にニューヨークでの撮影は完了しており[26]モスクワダブルとしてリヴァプール・シティ・センター英語版での撮影が行われていた[18][27]

2013年8月にニューヨークで再撮影が行われた[28]

音楽[編集]

映画音楽はブラナー監督作の常連参加者であるパトリック・ドイルが作曲する[29]。ドイルは本作の作曲にいつもより時間がかかり、7ヶ月を費やした[30]

公開[編集]

黒地に銀色で「JACK RYAN」とだけ書かれたティーザーポスター

2013年8月、パラマウントは『Jack Ryan: Shadow One』と題した予告編をテスト観客に向けて公開した[31]。公開予定日は当初は2013年12月25日であったが[32]、2013年10月24日に2014年1月17日への変更が発表された[33]トム・クランシーが亡くなった翌日の2013年10月2日、『Jack Ryan: Shadow Recruit』という題を冠したポスターが公開された[34]。その翌日の10月3日には最初の予告編が公開された[35]

評価[編集]

本作への評価は賛否両論となっている。映画批評サイトRotten Tomatoesには2014年1月15日現在、10件のレビューがあり、批評家支持率は50%、平均点は10点満点中6.1点となっている[36]

Newark Star-Ledgerのステファン・ウィティーは肯定派で4つ星中2つ星半を与え、「新しい映画シリーズの幕開けと興行的成功が確実といえる作品」と評した[37]

一方、Time Out New Yorkのジョシュア・ロストフは否定派で、5つ星中3つを与え、「クリス・パインの演技は本作の世界観にあっておらず、初登場シーンに至っては怒った子犬みたいだ」と評した[38]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Jack Ryan: Shadow Recruit (2014)”. Box Office Mojo (Internet Movie Database). 2014年3月24日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報」2015年3月下旬号 73頁
  3. ^ 『スター・トレック』クリス・パイン、飲酒運転で逮捕 - シネマトゥデイ
  4. ^ 映画『エージェント:ライアン』公式サイトニュース
  5. ^ David Paymer to Play an American Diplomat in Kenneth Branagh's Jack Ryan”. The Daily BLAM! (2010年10月25日). 2013年5月10日閲覧。
  6. ^ Goldberg, Matt (2009年12月13日). “Producer Mace Neufeld Talks Next Jack Ryan Film Starring Chris Pine”. Collider.com. 2013年9月2日閲覧。
  7. ^ Fleming, Michael (2008年3月18日). “Raimi, Paramount revive Jack Ryan”. Variety. 2013年9月2日閲覧。
  8. ^ Tyler, Josh (2008年10月28日). “Sam Raimi Bows Out of Jack Ryan”. Cinema Blend. 2013年9月2日閲覧。
  9. ^ Fleming, Michael (2009年10月13日). “Chris Pine in talks for Jack Ryan role”. Variety. 2013年9月2日閲覧。
  10. ^ Fleming, Jr., Mike (2010年8月2日). “‘Lost’s Jack Bender Is Jack Ryan Frontrunner”. Deadline.com. 2013年9月2日閲覧。
  11. ^ Rich, Katey (2010年9月20日). “Anthony Peckham Is The Latest Writer For Paramount's Jack Ryan Reboot”. Cinema Blend. 2013年9月2日閲覧。
  12. ^ Fleming, Jr., Mike (2011年2月2日). “Steve Zaillian On To Rewrite Jack Ryan”. Deadline.com. 2013年9月2日閲覧。
  13. ^ Fleming, Jr., Mike (2011年3月28日). “Script Delays Puts ‘Star Trek’ Sequel Before Jack Ryan For Chris Pine And Paramount”. Deadline.com. 2013年9月2日閲覧。
  14. ^ Hubschman, Daniel (2011年4月29日). “David Koepp Rewriting Paramount's Jack Ryan Reboot”. Hollywood.com. 2013年9月2日閲覧。
  15. ^ Schaefer, Sandy (2012年3月5日). “Angelina Jolie Not Set For ‘Salt 2′; Jack Ryan Reboot Update”. Screen Rant. 2013年9月2日閲覧。
  16. ^ Gallagher, Brian (2012年3月19日). “Untitled Jack Ryan Project Loses Director Jack Bender”. MovieWeb. 2013年9月2日閲覧。
  17. ^ Kroll, Justin (2012年3月27日). “Kenneth Branagh targets Par’s Jack Ryan pic”. Variety. 2013年9月2日閲覧。
  18. ^ a b Barlow, Eleanor (2012年8月28日). “New Jack Ryan movie starring Keira Knightly to be filmed in Liverpool”. Liverpool Echo. 2013年9月2日閲覧。
  19. ^ Sneider, Jeff (2012年7月19日). “Jack Ryan helmer Branagh also in talks to star”. Variety. 2013年9月2日閲覧。
  20. ^ Fleming, Jr., Mike (2012年8月1日). “Jack Ryan: Female Lead Between Keira Knightley, Felicity Jones, Evangeline Lilly”. Deadline.com. 2013年9月2日閲覧。
  21. ^ Siegel, Tatiana; Borys Kit (2012年8月10日). “Keira Knightley Wins Female Lead in 'Jack Ryan' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2013年9月2日閲覧。
  22. ^ Fleming, Jr., Mike (2012年8月20日). “Paramount Lands Kevin Costner To Rev Jack Ryan And ‘Without Remorse’ Pics”. Deadline.com. 2013年9月2日閲覧。
  23. ^ Chris Pine takes a spin as Jack Ryan – FIRST PHOTO” (2012年8月31日). 2012年8月31日閲覧。
  24. ^ Kellogg, Jane (2012年9月1日). “New Images of Kevin Costner and Chris Pine in 'Jack Ryan' Released (Photos)”. The Hollywood Reporter. 2013年9月2日閲覧。
  25. ^ Jack Ryan Start of Principal Photography Announcement”. Comingsoon.net (2012年9月18日). 2013年9月2日閲覧。
  26. ^ The Untitled Jack Ryan Project, starring Chris Pine, filming on Wall Street this weekend”. On Location Vacations (2012年8月30日). 2013年9月2日閲覧。
  27. ^ Fitzmaurice, Sarah (2012年9月18日). “Nobody kidnaps Keira! Chris Pine rescues damsel in distress Miss Knightley in dramatic scene from new Jack Ryan film”. Daily Mail. 2013年9月2日閲覧。
  28. ^ Chris Pine Films ‘Jack Ryan’ Reshoots in New York City”. World News Views (2013年8月16日). 2013年9月2日閲覧。
  29. ^ Patrick Doyle to Score ‘Jack Ryan’”. Film Music Reporter (2013年2月5日). 2013年9月2日閲覧。
  30. ^ TOAZ: Interview mit Patrick Doyle”. 2014年1月17日閲覧。
  31. ^ New Jack Ryan Film Likely Titled ‘Jack Ryan: Shadow One’” (2013年8月26日). 2013年8月26日閲覧。
  32. ^ McClintock, Pamela (2012年8月27日). “Kenneth Branagh's 'Jack Ryan' to Hit Theaters Christmas Day 2013”. The Hollywood Reporter. 2013年9月2日閲覧。
  33. ^ 'Jack Ryan: Shadow Recruit' pushed to January”. Entertainment Weekly (2013年10月24日). 2013年10月25日閲覧。
  34. ^ Chitwood, Adam (2013年10月2日). “Chris Pine Takes a Knee in First Poster for JACK RYAN: SHADOW RECRUIT”. Collider.com. 2013年10月2日閲覧。
  35. ^ http://movies.yahoo.com/video/jack-ryan-shadow-recruit-trailer-210023496.html
  36. ^ Jack Ryan: Shadow Recruit (2013)”. 2014年1月15日閲覧。
  37. ^ 'Jack Ryan: Shadow Recruit' review: A clever mix of the classic international-espionage film ingredients”. 2014年1月15日閲覧。
  38. ^ Jack Ryan: Shadow Recruit”. 2014年1月15日閲覧。

関連項目[編集]