エースナンバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エースナンバー(ace number)とは、野球サッカーなどのスポーツにおいて、伝統的にチームのエース(野球ならば投手、サッカーならばストライカーもしくはゲームメーカー)がつけるとされている背番号である。チームの顔、柱となる選手に与えられるものであり、これを着けることは精神的に大きな重みを持つ。このため実績のない者に安易に与えられることは少なく、ふさわしい選手が現れるまでは欠番にされるなどの措置が執られることも多い。

野球[編集]

アマチュア野球[編集]

  • 高校野球以前においては投手の守備番号である1番がエースナンバーとされ、10番が二番手投手とされることが多い。
  • 大学野球では1番、11番、18番が中心である。早稲田大学では右腕投手が11番、左腕投手が18番であり、明治大学では11番がエースナンバーとされる。また東都大学野球リーグなどでは1番が主将番号のため、各大学で10番台がエースナンバーとなっている。

プロ野球[編集]

日本では習慣的に主力投手は10番台を着けるケースが多いが、18番は特に有名で、通常「エースナンバー」といった場合18を指すことが多い。その他、球団によって172021などをエースナンバーとしているところもある。また近年では、11が右のエース級の番号、47が左のエース番号として重みを増してきている。

また、阪神広島などのように、エースナンバーがはっきりした系譜として存在しない球団もある。かつては阪急近鉄でも同様な傾向であった。また1960年代までを中心に阪神では、創設時に守備位置とは無関係に名前のいろは順で背番号を割り振り、1950年のリーグ分裂時にポジション別に改めた際に1 - 8が投手、9 - 11が監督、助監督、主将、12 - 14が捕手、15 - 20が内野手、21 - 24が外野手、それ以降をファームの選手としたため、他球団で投手の着用が多い10番台や20番台の番号を野手が、打者の着用が多い1以外の1桁の背番号を投手が着用する[1]例も散見された。

18[編集]

20[編集]

21[編集]

17[編集]

ヤクルトでは宮地惟友佐々木重徳鈴木皖武松岡弘川崎憲次郎川島亮クリス・ラルー成瀬善久清水昇の9名のみが使用している。ただし佐々木は野手である。
DeNAでは秋山登山下律夫斉藤明夫盛田幸妃加藤武治清水直行三嶋一輝が着用する。大洋時代から受け継がれ、現在までに使用した選手も前述の選手を含め9名である。

27[編集]

ヤクルトを筆頭に他球団では捕手の背番号であることが多いが、DeNAでは大洋時代の大エース平松政次の活躍以来「大洋のエースナンバー」として、特に大洋時代のファンから愛されている。
これまでに佐々木吉郎小野正一平松政次竹田光訓田辺学小宮山悟土居龍太郎山北茂利クリス・ブーチェック江尻慎太郎と10名の投手が連続したが、2013年は外野手のナイジャー・モーガンが着用する。野手の27番は1961年のスタンレー橋本以来である。その後は2014年から2017年までは久保康友、2019年からは上茶谷大河と、再び投手が着用している。

11[編集]

  • 別所毅彦荒巻淳村山実佐藤義則ら歴代の名右腕投手が使用してきた。その後も斎藤雅樹野茂英雄川上憲伸ダルビッシュ有大谷翔平らの活躍で重みが増し、エース級の背番号という認識がなされつつある。
  • 近鉄では、吉井理人野茂英雄大塚晶文のメジャーリーガー3人を生んでいる。
  • 現役では岸孝之(楽天)、山口俊(巨人)らが11を着けている。
  • ヤクルトでは準エース格の番号として田所善治郎村田元一西井哲夫神部年男荒木大輔伊藤彰坂元弥太郎に受け継がれた後、2008年、「最高の待遇」の一環として由規にこの番号が与えられた。
    • ただし、荒木以降は「11」を着けた選手が重度の故障に見舞われて長期離脱を余儀なくされるケースが目立っており、荒木は入団6年目に右ヒジ痛を発症したのを皮切りに椎間板ヘルニアにも悩まされ以後4年半一軍登板がなくなり(その後一旦復活するものの1995年オフに戦力外、横浜に移籍)、伊藤は左肩痛が原因で一度も一軍登板機会がないまま現役最終年に背番号を「64」に変更しわずか4年で引退、由規も入団4年目の2012年から右肩痛に苦しみ復活できないまま2016年には一時的に育成選手契約に変わり、暫定的に「121」を着用、同年途中の支配下復帰時に背番号を11番に戻し一軍での復活を果たしたが、2018年に再び右肩を痛め同年限りで戦力外となった。また坂元が着ける以前の2000年オフに五十嵐亮太が背番号「53」からの変更を打診されたが「53」に愛着があることに加えてこの験の悪さを理由に辞退し、MLB・NPBの他球団移籍を経て2019年にヤクルトに復帰した時も「53」を着用している。
  • 打者では、ジョン・シピン(大洋 - 巨人)・大島康徳(日本ハム時代)や投手との二刀流の大谷翔平(日本ハム時代)などの着用例がある。

22[編集]

  • もともと田淵幸一の影響で捕手のイメージが強い番号だったが、近年佐々木主浩高津臣吾らの活躍で特にリリーフ投手が使用することが多くなった。
  • 星野仙一は中日に入団した当初の2年間この番号を付けた。当初は憧れの存在だった村山実とおなじ11番を希望していたが空いていなかったため(サンケイから移籍した徳武定之が着用したため)、倍にしてこの番号を着けたという。
  • 2013年よりメジャーリーグでプレーしている藤川球児も阪神時代の2005年から2012年にかけてこの番号を付けた。また、日本球界復帰2年目の2017年に再びこの番号を着けることとなった。
  • 現役では大野雄大(中日)が22番を着用しているが、大野は専ら先発として起用される。

一般にエースナンバーと呼ばれることは少ないが、283447は実力派左投手に多く用いられている。

28[編集]

阪神時代の江夏豊が用いたことから左腕のイメージが定着した。歴代では星野伸之新浦寿夫岡島秀樹、現役では松永昂大(ロッテ)、田口麗斗(巨人)など。

34[編集]

金田正一の活躍によって特に左腕の大投手のイメージが付与された。三振の語呂合わせから速球投手の番号ともされる。歴代では川口和久小松辰雄山本昌、現役では平田真吾(DeNA)らが34を付けている。

47[編集]

かつて小山正明が背負ったが、工藤公康(西武→ダイエー→巨人→横浜)の影響で主力左腕投手が使用することが多くなっている。現役では藤岡貴裕(巨人)、海田智行(オリックス)、砂田毅樹(DeNA)、笠原祥太郎(中日)らが47を背負う。

その他[編集]

1は守備番号で投手ということもあり、特別な意味合いを持って投手が背負うこともある。過去には鈴木啓示(近鉄)、野田浩司(阪神)、大嶺祐太(ロッテ)が付け、特に鈴木の「1」は球団消滅の2004年まで近鉄の永久欠番とされた。なお、野田と大嶺の両名は早い時期に背番号を変更している。現役では松井裕樹(楽天)が2014年から着用している他、斎藤佑樹は入団より6年間上記18番を着けてきたが、2016年、成績不振を理由に自ら返上を申し入れ、2017年シーズンから球団より提示された1を着けている。また王貞治(巨人)や愛甲猛(ロッテ)のように、もともと投手として入団した選手が野手に転向した後も引き続き使用し大活躍したケースもある。なお、東京ヤクルトスワローズでの1若松勉以降「ミスタースワローズ」として、ヤクルト生え抜きで実績を残した選手(2016年の山田哲人まで全員が野手)が背負う番号となっている[6]

19もエース格の投手が着用することが多く、尾崎行雄小林繁川尻哲郎上原浩治石川雅規金子千尋吉見一起野村祐輔菅野智之増井浩俊藤浪晋太郎などの例がある。また赤堀元之山崎康晃のようにリリーフエースが着用する場合もある。一方、打者での着用では野村克也(捕手)の実績が突出している。

41も1980~1990年代の西武黄金時代にエースとして活躍した渡辺久信がいたり、前述の斎藤雅樹が11番に変更する前に41番を着けて1989年に「11連続完投勝利(日本記録)をマーク」「20勝を挙げて最多勝」「チームの日本一に貢献」と大活躍したことでエースナンバーのイメージを持たれるようになった。現在では若干イメージが薄まったものの、次代のエースを期待して獲得した新人投手などに贈られるケースがある。

42MLBで黒人初のメジャーリーガーであるジャッキー・ロビンソンロサンゼルス・ドジャース)が着けていた背番号で、MLBでは現在全球団共通の永久欠番となっているため、近年では投手・野手を問わず、外国人選手が着用することが極めて多い。

日本国外[編集]

  • アメリカでは特定の番号がエースナンバーとされるといった概念は薄く、せいぜいノーラン・ライアン34を希望する投手が多いという程度である。アメリカでは移籍が多く特定の選手の番号という意識が残りにくい、また永久欠番が多く、特定の番号が継承されにくいことが要因と考えられる。ただし、49は変則スタイルのピッチャー(ナックル・ボーラー、または横手及び下手投げピッチャー)に与えることはよくある。
  • アメリカ、台湾などでは10番台は野手の番号と見なされ、投手がつけることはそれほど多くない。
    ただし近年松坂大輔桑田真澄黒田博樹前田健太らがメジャー進出を果たした際に18番を着けており、日本での風習が尊重された形となった。また、野茂英雄(1611など)、石井一久(17)、田中将大(19)、大谷翔平(17)など、他の投手も10番台の背番号をつける例が多い。しかし、依然として他の国の出身選手の中で10番台の背番号をつけるピッチャーは珍しい。日本人でない投手の中では、サンフランシスコ・ジャイアンツの投手マット・ケインが18番をつけている事が挙げられる。
  • 韓国では90年代までは、日本と同じくピッチャーが1の入る背番号(10番台および1で終わる数字)を選択することが多かったが、最近は野手が10番台の背番号を選ぶこともよく見られる。また、韓国最初のメジャーリーガーである朴賛浩の影響で、本来2軍の若手が背負うとされた61番が投手の間で人気のある背番号になった。

サッカー[編集]

サッカーでは試合毎に選手に背番号を与え背番号が選手固有のものではない期間が長く続き、背番号は選手ではなくポジションの象徴であった。基本的に先発選手に対して1番から順番に自軍のゴールに近いポジションから割り振られた。このため一般的には1~11番が権威ある番号とされ、中でも9~11は攻撃的なポジションの番号であるためエースナンバーととられることが多い。 中でも10番は攻撃にアクセントをつける選手のポジションとされ、特別の意味をもつ背番号であると考えられている。海外の代表チームにおいてもペレジーコマラドーナロベルト・バッジョなど攻撃的で創造的な名手が背負った。9番は相手ゴールに一番近いポジションとされゴールゲッターの番号とされてきた。また番は通常ゴールキーパーに与えられる。

一方でジョージ・ベストカントナベッカムクリスティアーノ・ロナウドマイケル・オーウェンなどが付けたマンチェスター・ユナイテッドにおける7番のように各チームで固有のエースナンバーも存在する。他には、オランダ国内においてヨハン・クライフが背負っていた14番、ドイツ国内における、戦時中に戦闘機パイロットの編隊長が自ら不吉な13番を付け空に向かうことから由来した[要出典]ゲルト・ミュラーミヒャエル・バラックなどの13番が固有のものである。日本ではセレッソ大阪8番やヴィッセル神戸13番が固有のエースナンバーとなっている。

バスケットボール[編集]

日本では3秒ルールのために4番が一番若い番号であるのでエースナンバーである。アメリカでは歴代1位の通算得点38,387のカリーム・アブドゥル=ジャバー33だったのでバスケットをする子供はみんな33番をつけたがったが先輩などが既につけているために近い番号の32・34も人気があったほど。マイケル・ジョーダンの番号である23レブロン・ジェームスはジョーダンに憧れ23をつける)、マジック・ジョンソンの番号である32ラリー・バードの番号である33、などがエースナンバーといわれる。34アキーム・オラジュワンチャールズ・バークレーなどが有名。

バレーボール[編集]

かつては「4番」をエースが付けることが多かった。これは試合前に決めるローテーションオーダー(サーブ順)で、4番に位置する選手は前衛レフト位置からスタートし、最も前衛でプレイする回数が多い選手となるため、4番という番号(位置)が=「エース」というイメージとなった。

ただし近年は位置と背番号は一致させたりリンクさせるイメージが無くなったため、大学、社会人、Vリーグなどの有名選手が様々な番号をつけることが増えた。よって他のスポーツに比べると「○番=エース」というイメージは無くなっていると推測される。

現在では中・高学生でエース選手が「4」を付けているチームは多く、小学生(ジュニア)世代のチームでもは、「1」あるいは「4」をエース選手が付けているケースが多い。

モータースポーツ[編集]

F1[編集]

F1においては、前年度のチャンピオンドライバーがカーナンバー1を付けることができる。

1974年からチームごとにカーナンバーが固定され、前年度のチャンピオンドライバーがカーナンバー1を付けることを規定した。


1996年から前年度のコンストラクターズランキング順に変更されたが、前年度のチャンピオンドライバーが所属するチームには12が与えられた。一般的に、チーム内ではエース格のドライバーが若い番号を付ける場合が多かった。

2014年からドライバーごとの固定ナンバー制となり、前年度のチャンピオンドライバーが1を付ける義務はなくなった。カーナンバー44を使用するルイス・ハミルトンは2014-2015年にチャンピオンとなったが、1を選択せず44のまま翌年のシーズンに参戦した。

その他のモータースポーツ[編集]

ル・マンSUPER GTなどの希望車番の申請制度を取っているレースでは、チームに縁のある番号を取得し、複数台エントリーする場合はその番号がエースとなる。例えば、ル・マンにおいてベントレーは、2003年に8番を取得、2004年には7番と8番を取得して8番に全員イギリス人ドライバーを据えた。(ベントレーにおいて8は特別な数字であり、スピード8という車の名前でもある。)同様に、アストンマーティンDBR9より9番とその周辺を取得したり、アウディも1番を取得する前はR8から8番を中心に取得していたりした。SUPER GTでは日産のエースナンバーとして23番(ニッサン → 23)などがある。トヨタ勢(レクサス勢)は30番台につける習慣がある(現役車両では5台出走しており、その中で35号車(クラフト、過去にはトムスが着用)、36号車(トムス)、38号車(セルモ)、39号車(サード)の4台あり、過去では32号車(かつてセルモ2号車が着用で現在はホンダの中嶋レーシングが着用)、33号車(セルモ2号車)、34号車(クラフト)、37号車(トムス2号車)があった)。なお、SUPER GTでは1番がGT500クラス・0番がGT300クラスのチャンピオンナンバーとなっており、各クラスの前年度のチャンピオンチームのみが選択希望できる。希望しなかった場合は欠番となり、他チームは選択できない規則になっている。

サイクルロードレース[編集]

サイクルロードレースにおいてチーム単位、なおかつ各チーム同じ人数でのエントリーが行われる場合、チーム別に(百と)十の位が同じゼッケンが割り当てられる。その際、それぞれのチームでエースに指名された選手に基本的に一の位が「1」のゼッケンが与えられる。それ以外の選手にはチームによって準エース格の選手に若い番号を与える所もあるが、機械的に名前(ファミリーネーム)のアルファベット順(日本では五十音順の場合もある)に「2」から後の番号を割り振るチームも多い。

脚注[編集]

  1. ^ 捕手や内野手の着用が多い2を1950年から1963年にかけて投手が4人(藤村隆男宮崎逸人→柴山宗守→中島広喜)着用している他、梶岡忠義上田卓三(登録上は江川卓も)が3を、ジーン・バッキーマット・キーオ藪恵壹4を、真田重蔵5を、真田、小山正明6を、鈴木皖武7を着用している。
  2. ^ 日本ハム岡が背番号18 斎藤佑に代わりエース狙う
  3. ^ 一時期故障により野手に転向していたが、20番を継続着用した。
  4. ^ 20番では一軍出場を果たせず、星野仙一の22番と交換後の1971年に一軍登板を果たす。
  5. ^ 中日では稲葉光雄鹿島忠など先発・中継ぎを問わない投手の番号となっている。また、落合が主張して以降も実際は必ずしもエース格の投手の着用ではなく、着用者の他の背番号への変更が連続した。
  6. ^ 「あのときから片りんあった」――新ミスター・スワローズ誕生! 青木から山田に直接継承された背番号1【新・燕軍戦記#19】 ベースボールチャンネル、2015年12月9日(2016年6月2日閲覧)。

関連項目[編集]