エース・アトキンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
エース・アトキンス
Ace Atkins
AceAtkins-3.jpg
ミシシッピ州テイラーにて(2012年秋)
誕生 1970年6月28日(45歳)
職業 作家
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 オーバーン大学
活動期間 1998年 -
ジャンル ミステリ
代表作 ニック・トラバース シリーズ
デビュー作 『クロスロード・ブルース』
親族 ビル・アトキンス(父)
公式サイト Ace Atkins.com
テンプレートを表示

エース・アトキンスAce Atkins1970年6月28日[1] - )は、アメリカ合衆国ジャーナリスト作家1998年に処女作『クロスロード・ブルース』(原題:Crossroad Blues )を上梓するまで、フロリダ州タンパの新聞『タンパ・トリビューン』でリポーターとして働いていた。30歳を機に専業作家になった。

父は、サンフランシスコ・フォーティナイナーズバッファロー・ビルズニューヨーク・ジェッツなどで活躍したアメリカン・フットボール選手のビル・アトキンスで、エース自身もオーバーン大学で選手として活躍した。

経歴[編集]

『タンパ・トリビューン』紙在籍時には、1950年代に起こった殺人事件を独自に調査し、ピューリッツァー賞にノミネートされた[2]。その調査は『ホワイト・シャドウ』(原題:White Shadow )のメインストーリーとして使われ、著名な作家や批評家にも好意的に評価された。次作"Wicked City" 及び"Devil's Garden" でも、デニス・ルヘインジョージ・ペレケーノスと比されるスタイルを踏襲した[2]

『ホワイト・シャドウ』、"Wicked City""Devil's Garden" の3作は、自身の生まれ故郷であり大学も通ったアラバマ州、子供のころに住んでいたサンフランシスコ、作家としてのキャリアをスタートさせたタンパと、自身にゆかりのある場所を舞台としている。どの作品にも自身や友人、同僚、尊敬する人々、家族、個人的にヒーロー視する人物をモデルとしたキャラクターを登場させており、例えば"Devil's Garden" ではハードボイルドのスタイルを確立した作家ダシール・ハメットピンカートン探偵社の探偵として、ハリウッド・スターであったロスコー・アーバックルが起こし、20世紀で最もセンセーショナルな裁判となったレイプ事件と過失致傷事件を調査する様子を描いた[2]2010年に上梓した"Infamous" では、1933年にギャングスターとして名を馳せていたマシンガン・ケリーとその妻キャサリンが起こしたチャールズ・F・アーシェル誘拐事件とその後に起こった不運を描いている。

2011年ロバート・B・パーカーのスペンサー・シリーズを書き継ぐ書き手に選ばれた[3]

1994年オーバーン大学を卒業、1992年1993年には同大学のアメリカン・フットボールチーム「タイガース」の一員としてシーズン全勝を経験し[4]、『スポーツ・イラストレイテッド』の表紙で特集が組まれ、アトキンスがタイガースの99番の背番号を付け、後にハイズマン賞を受賞するフロリダ大学フロリダ・ゲイターズ」のダニー・ウェーフェル選手にタックルし祝福する写真が掲載された。現在は、ミシシッピ州オックスフォードに家族と住んでいる。

文学賞ノミネート[編集]

  • 2003年 - 『ディープサウス・ブルース』でガムシュー賞 最優秀ミステリ賞ノミネート
  • 2007年 - 『ホワイト・シャドウ』でバリー賞 長編賞ノミネート[5]、ガムシュー賞 最優秀ミステリ賞ノミネート
  • 2010年 - "Last Fair Deal Gone Down"マカヴィティ賞短編賞ノミネート[6]
  • 2012年 - 『帰郷』でエドガー賞 長編賞ノミネート
  • 2013年 - "The Lost Ones" でエドガー賞 長編賞ノミネート
  • 2013年 - "Robert B. Parker's Lullaby"シェイマス賞長編賞ノミネート[7]

作品リスト[編集]

ニック・トラバース シリーズ[編集]

  • クロスロード・ブルース Crossroad Bluesアメリカ合衆国の旗 1998年 / 日本の旗 2000年 角川文庫 峯村利哉訳)
  • Leavin' Trunk Blues (2000)
  • ディープサウス・ブルース Dark End of the Streetアメリカ合衆国の旗 2002年 / 日本の旗 2004年3月 小学館文庫 小林宏明訳)
  • Dirty South (2004)

クイン・コルソン シリーズ[編集]

  • 帰郷 The Rangerアメリカ合衆国の旗 2011年 / 日本の旗 2013年8月 ハヤカワ文庫 小林宏明訳)
  • The Lost Ones (2012)
  • Broken Places (2013)
  • The Forsaken (2014)

ロバート・B・パーカー:スペンサー シリーズ[編集]

  • Robert B. Parker's Lullaby (2012)
  • Robert B. Parker's Wonderland (2013)
  • Robert B. Parker's Cheap Shot (2014)
  • Robert B. Parker's Kickback (2015)
  • Robert B. Parker's Slow Burn (2016)

シリーズ外作品[編集]

  • ホワイト・シャドウ White Shadowアメリカ合衆国の旗 2006年 / 日本の旗 2008年8月 武田ランダムハウスジャパン 熊谷千寿訳)
  • Wicked City (2008)
  • Devil's Garden (2009)
  • Infamous (2010)

出典[編集]

  1. ^ About Ace: Quick Facts”. Official Site of American Writer Ace Atkins. 2012年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月17日閲覧。
  2. ^ a b c ブルース・ダシルヴァ (2009年4月20日). “'Devil's Garden' is a remarkable book”. AP通信. 2013年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月8日閲覧。
  3. ^ "Parker's series live on" by Mark Shanahan & Meredith Goldstein”. ボストン・グローブ (2011年4月28日). 2011年4月28日閲覧。
  4. ^ Barnes, Brad (2008年4月14日). “A Q and A with author Ace Atkins”. Columbus Ledger-Enquirer. 2013年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月26日閲覧。
  5. ^ THE 2007 BARRY AWARD WINNERS”. Deadly Pleasures Mystery Magazine - Barry Awards. 2014年5月16日閲覧。
  6. ^ Mystery Readers International's Macavity Awards”. 2014年5月16日閲覧。
  7. ^ 2013 SHAMUS AWARDS”. The Private Eye Writers of America and The Shamus Awards. 2014年5月16日閲覧。