エードゥアルト・フィッシャー (菌類学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Eduard Fischer

エードゥアルト・フィッシャー(Eduard Ludwig Fischer、1861年6月16日 - 1939年11月18日)は、スイスの特に菌類学の分野で重要な植物学者である。

略歴[編集]

ベルンで、ベルン大学の植物学教授、ルーヴィッヒ・フィッシャーの息子に生まれた.[1]。ベルン大学で学び、1883年に博士号を得た。菌類学者、アントン・ド・バリーベルリン大学で学んだ後、ベルン大学の講師となり、1893年に准教授、1897年から1933年まで植物学教授、植物園の園長を務めた。植物園長の時代の1906年にオレンジ園、ヤシ栽培場などの充実を図った。1910年から1911年にはベルン大学の学長を務めた。

中部ヨーロッパの子嚢菌担子菌に関する多くのモノグラフを執筆した[2]。Arthur Jaczewskiなどの菌学者に影響を与えた。ベルン大学でフィッシャーの指導した学生にはリディア・ラビノヴィッチ(Lydia Rabinowitsch)、Ernst Albert Gäumannらがいる。[3][1][4]。1932年にロンドン・リンネ協会の会員に選ばれた[5]

息子のクルト・フォン・フィッシャー(Kurt von Fischer、1913-2003)はピアニストになった。

アミガサタケ科の属名、Fischerula献名されている。

E.Fisch.は、植物の学名命名者を示す場合にエードゥアルト・フィッシャー (菌類学者)を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著作[編集]

  • Berlese, A.N.; De-Toni, J.B.; Fischer, E. (1888). Sylloge Fungorum 7 (1): 1–498.
  • Berlese, A.N.; De-Toni, J.B.; Fischer, E. (1888). Sylloge Fungorum 7 (2): 499.
  • Fischer, E. (1886). "Zur Entwickelungsgeschichte der Fruchtkörper einiger Phalloideen. Annales du Jardin Botanique de Buitenzorg 6: 1–51.
  • Fischer, E. (1888). "Zur Kenntniss der Pilzgattung Cyttaria". Botanische Zeitung 46: 813–831.
  • Fischer, E. (1888). "Zur Kenntniss der Pilzgattung Cyttaria". Botanische Zeitung 48: 842–846.
  • Fischer, E. (1897). "Beiträge zur Kenntnis der Schweizerischen Rostpilze". Bulletin de l’Herbier Boissier 5: 393–394.
  • Fischer, E. (1909). "Studien zur Biologie von Gymnosporangium juniperinum". Zeitschrift für Botanik 1: 683–714.
  • Fischer, E. (1920, publ. 1921). "Zur Kenntnis von Graphiola und Farysia". Annales Mycologici 18: 188–197.
  • Eduard Fischer (1922) "Weitere Beiträge zur Kenntnis der Gattung Graphiola" (More contributions towards understanding of the genus Graphiola) in Annales Mycologici (Annals of Mycology) 20:3 pp. 228 – 237
  • Fischer, E.; Albert Gäumann E.A. (1929) Biologie der pflanzenbewohnenden Pilze (Biology of the plant-inhabiting fungi)
  • Fischer, E. (1933) Die natürlichen Pflanzenfamilien: Unterklasse Eubasidii. Reihe Gastromyceteae (ed. by Engler and Prantl)

References[編集]

  1. ^ a b Creese MRS, Creese TM. (2004). Ladies in the Laboratory 2. Scarecrow Press. p. 130. ISBN 978-0-8108-4979-2. http://books.google.com/books?id=RhNl22fb5xIC&pg=PA130. 
  2. ^ Kirk PM, Cannon PF, Minter DW, Stalpers JA. (2008). Dictionary of the Fungi (10th ed.). Wallingford, UK: CABI. p. 257. ISBN 978-0-85199-826-8. 
  3. ^ Ainsworth GC. (1981). Introduction to the History of Plant Pathology. Cambridge, UK: Cambridge University Press. p. 293. ISBN 978-0-521-23032-2. http://books.google.com/books?id=j-s8AAAAIAAJ&pg=PA203. 
  4. ^ Gardner MW, Kern H. (1965). Ernst Albert Gäumann, 1893–1963. 57. JSTOR 3756705. 
  5. ^ “New Foreign Members of the Linnean Society”. Nature 129 (3264): 753. (21 May 1932). doi:10.1038/129753a0.