エーヤワディー川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エーヤワディー川
ဧရာဝတီမြစ်
エーヤワディー川
サガインのエーヤワディー川
水系 エーヤワディー川
延長 2,210 [1] km
平均流量 13,000 m³/s
流域面積 404,200 [2] km²
水源 マリ川英語版[3]
水源の標高 147 m
河口・合流先 アンダマン海
流域 ミャンマーの旗 ミャンマー
テンプレートを表示
Irrawaddy watershed.png

エーヤワディー川(エーヤワディーがわ、Ayeyarwady)は、ミャンマー中央を流れる。旧称イラワジ川(Irrawaddy)。

ミャンマーで最も重要な川であり、パテイン他多くの河川港を擁する水運の要である。流域は411,000平方キロメートル(158,700平方マイル)を覆い、全長は2,170km(1,350マイル)である。最大の支流は、エーヤワディーデルタ中央部で合流するチンドウィン川で、ミャンマー北東部のナガ丘陵英語版を水源としている。

ヒマラヤ山脈の南端を源泉として、ミャンマーを北から南に縦断し、9本に分かれて広大なデルタ地帯を形作りマルタバン湾に流れ込む。鉄道道路が整備される前の植民地時代には、「マンダレーへの道」と呼ばれていた。

語源は、サンスクリット語で「象の川」を意味する airavati から来ていると推定されている。1989年に連邦政府は、この河川の英語表記を、古ビルマ語英語版の発音に由来する Irrawaddy から、現代ビルマ語の発音に近い Ayeyarwady に改称した。それに合わせて日本語での表記もイラワジ川からエーヤワディー川に変わりつつあり、または併記されることも多い。

川から名前を取られたイラワジイルカという種がある。

支流[編集]

ダム[編集]

水量が豊かな大河川であるが、水利用を目的とした大規模開発は行われてこなかったが、2006年、中国と共同でカチン州にミッソンダムを建設する計画が明らかになった。ダムは発電を主目的とし、ダム高152m、ダムの水を利用した水力発電所の最大出力は600万キロワットに達する大規模なもので、総事業費36億ドルに達する巨大プロジェクトであったが、環境破壊への危惧や移転を余儀なくされる地域住民の反発に加え、ダム建設に反対するカチン独立軍と国軍が戦闘状態になるなど国内は混乱を極めた。2011年にミャンマー側から中止の決定が下された[4]

主な橋[編集]

出典[編集]

  1. ^ Water Quality Management at River Basin in Myanmar (PDF)” (English). Water Environment Partnership in Asia (WEPA). The Republic of the Union of Myanmar Ministry of Agriculture and Irrigation. p. 1 (2011年9月21日). 2016年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月26日閲覧。 “Ayeyarwady River 2210 Km”
  2. ^ Water Quality Management at River Basin in Myanmar (PDF)” (English). Water Environment Partnership in Asia (WEPA). The Republic of the Union of Myanmar Ministry of Agriculture and Irrigation. p. 2 (2011年9月21日). 2016年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月26日閲覧。 “Catchment Area (000's sq-km) Chindwin River 115.30 Upper Ayeyarwady River 193.30 Lower Ayeyarwady River 95.60”
  3. ^ James R Penn (2001) Rivers of the World Archived 11 January 2016 at the Wayback Machine.. Santa Barbara, Calif. [u.a.] ABC-Clio 1-57607-042-5, 978-1-57607-042-0. Page 115 paragraph 2, retrieved July 16, 2009
  4. ^ “巨大ダムの建設中断表明 ミャンマー大統領”. 日本経済新聞社. (2011年9月30日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM3005I_Q1A930C1FF2000/ 2014年6月19日閲覧。