エールの残照

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

クラシカル・ロマンス[1][2][3]エールの残照』(エールのざんしょう)は宝塚歌劇団ミュージカル作品。宝塚・東京は18場[1][2]

月組公演[1][2][4]。作・演出は谷正純[1][2][3]。新人公演の演出担当は加藤誠[1][2]

併演作品は『TAKARAZUKA・オーレ![1][2][3]』。

概要[編集]

20世紀初頭、独立運動で揺れ動くアイルランドを舞台にアイルランド貴族の青年と独立運動家の女性、その婚約者である独立運動リーダーの三角関係を描く[5]。 宝塚公演では、若央りさ夏河ゆら真琴つばさ、祐輝薫、山吹紗世、風花舞樹里咲穂、星野瞳、瑠菜まり彩輝直、城華阿月、成瀬こうきは休演[1]

公演期間と公演場所[編集]

全国ツアーの日程[編集]

スタッフ(宝塚)[編集]

宝塚・東京公演の特別出演[編集]

主な配役[編集]

宝塚・東京[編集]

本公演[編集]

宝塚公演
東京公演の変更点

新人公演[編集]

  • ウォルター・シャムロック - 汐風幸[1]
  • ロージー - 苑宮令奈[1]
  • ダニエル - 水月静[1]
  • ラッセル准将 - 一紗まひろ[1]
  • シャンカール - 華月あや[1]

全国ツアー[編集]

  • ウォルター・シャムロック伯爵 - 天海祐希[1]
  • ロージー・フィッツジェラルド - 麻乃佳世[1]
  • ダニエル・マクニール - 久世星佳[1]
  • チャールズ・ラッセル准将 - 真琴つばさ[2]
  • シャンカール - 姿月あさと[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 宝塚歌劇80年史だと「伊集院也」となっている。
  2. ^ 宝塚歌劇80年史だと「藤吉正」となっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap 90年史 2004, p. 27.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 90年史 2004, p. 30.
  3. ^ a b c d 90年史 2004, p. 47.
  4. ^ a b c d e f g 90年史 2004, p. 46.
  5. ^ エールの残照/TAKARAZUKA・オーレ!('94年月組・宝塚)”. TAKARAZUKA SKY STAGE. 2020年8月13日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 80年史 1994, p. 367.
  7. ^ 90年史 2004, pp. 46-47.

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5。
  • 國眼隆一『宝塚歌劇90年史―すみれの花歳月を重ねて』森照実・春馬誉貴子・相井美由紀・山本久美子、宝塚歌劇団(発売:阪急コミュニケーションズ)、2004年4月20日。全国書誌番号:20613764ISBN 4-484-04601-6。NCID BA66869802