エールフランス‐KLM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Air France-KLM S.A.
エールフランス - KLM
企業形態 株式会社
取引所 EuronextAF
CAC Mid 60
業種 航空
設立 2004年
本社 トランブレ=アン=フランス
主要人物 ベンジャミン・スミス英語版
ピーター・ハートマン英語版
製品
売上高 増加 €26.515 billion (2018)[1]
営業利益 減少 €1.332 billion (2018)[1]
増加 €411 million (2018)[1]
資産総額 減少 €29.057 billion (2018)[1]
所有者 フランス政府およびオランダ政府
従業員数 84,714 (2018)[1]
テンプレートを表示

エールフランス‐KLM(Air France-KLM、EuronextAF )は、フランスエールフランスと、オランダKLMオランダ航空持株会社である。2社の3部門(旅客輸送、貨物輸送、整備事業)から成り立っているヨーロッパ最大の航空会社グループである。

概要[編集]

2004年5月5日に両会社間で特殊会社の方式で経営統合がおこなわれ、共同経営を開始した。代表執行役 (DG) は、エールフランスの代表執行役 (DG) でもあるピエール・アンリ・グルジョン (Pierre-Henri Gourgeon) が務めている。 共同経営することによって、会社間で協力し合え売り上げも伸びることから、共同経営を開始し、現在は総営業収益でヨーロッパにおいて首位となっている。(営業収益:世界第1位、マーケットシェア:ヨーロッパ第1位)[2]

スカイチームに加盟し、シャルル・ド・ゴール空港フランスパリ)と、アムステルダム・スキポール空港オランダアムステルダム)をハブ空港とする。

1つのグループとしてネットワークを活かしながらそれぞれ独自のサービスを展開している。このグループの年間輸送旅客の合計は約7,350万人、スタッフは10万人以上、そして合計560機以上の航空機を保有し、1日約2,500フライト、世界240都市以上へ運航している。

傘下の航空会社[編集]

Flying Blue/フライング・ブルー[編集]

エールフランスKLMオランダ航空共通のマイレージプログラムである。2005年6月6日よりサービスが開始された。両者ともにスカイチームメンバーであるため、エリート資格のサービスやマイルの利用・獲得はスカイチーム加盟各社で利用できる。

エールフランスKLMオランダ航空をはじめ、スカイチーム便、提携航空会社やホテル、レンタカー、クレジットカードなどの提携130社以上でマイルの獲得や特典を利用できる。さらに同社便・提携会社便の利用回数・距離に応じてアイボリー、シルバー、ゴールド、プラチナの4つのエリート会員となる制度を持つ。

提携航空会社[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Air France–KLM, Consolidated Financial Statements January 1, 2018 – December 31, 2018, retrieved 14 March 2019
  2. ^ [1] - AF-KLM One