エーレンフリート・ベーゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
エーレンフリート・オスカル・ベーゲ
Ehrenfried Oskar Boege
Ehrenfried Boege.jpg
生誕 1889年11月11日
オストロヴォ
死没 (1965-12-31) 1965年12月31日(満76歳没)
ヒルデスハイム
所属組織 War Ensign of Germany (1903-1918).svg ドイツ帝国陸軍(プロイセン陸軍)
War Ensign of Germany (1921-1933).svg ヴァイマル共和国陸軍
Balkenkreuz.svg ドイツ国防軍陸軍
軍歴 1913年 - 1919年(帝国軍)
1921年 - 1935年(共和国軍)
1935年 - 1945年(国防軍)
最終階級 大将
テンプレートを表示

エーレンフリート・オスカル・ベーゲ(Ehrenfried Oskar Boege, 1889年11月11日 - 1965年12月31日)は、ドイツ軍人。最終階級は歩兵大将 (General der Infanterie)。第二次世界大戦中第18軍司令官などを歴任した。

経歴[編集]

第一次世界大戦[編集]

プロイセン王国のポーゼン州オストロヴォ(現ポーランド領オストルフ・ヴィエルコポルスキ)に生まれ、1903年3月にポーゼンのマリエン・ギムナジウムにてアビトゥーア試験に合格した後、ミュンヘン大学及びグライフスヴァルト大学にて法学 (Rechtswissenschaft) 及び財務経理 (Kameralistik) を学んだ。グライフスヴァルト大学時代は学生結社「グライフスヴァルダー・ブルシェンシャフト・ルギア」(Greifswalder Burschenschaft Rugia) のメンバーだった。1911年夏からはケーニヒスベルク大学に移ったが、1912年末までに軍人になる決意を固めた。

1913年9月12日、コーセルにて第3上シレジア第62歩兵連隊 (3. Oberschlesisches Infanterie-Regiment Nr. 62) に入隊した。1914年5月、エンゲルス/ラインラントの軍事学校に入学。第一次世界大戦が勃発すると中尉に昇進し、同連隊において小隊長 (Zugführer) に任命された。1916年1月25日、第132機関銃突撃隊 (MG-Sturmtrupps 132) の指揮官に任命された。その後、第38予備歩兵旅団 (38. Reserve-Infanterie-Brigade) の副官 (Adjutant) として終戦を迎えた。

ヴァイマル共和国[編集]

1919年から1920年にかけては上シレジア国境警備隊 (Oberschlesischen Grenzschutz) に所属し、オーベルグローガウ及びブリークにて勤務した。1921年1月1日、ヴァイマル共和国軍に復帰。当初メルンの第6歩兵連隊に送られ、まもなく指揮官補研修 (Führergehilfenausbildung) を受けた後、第2師団付参謀に任命された。1922年10月1日、シュフィドニツの第7(プロイセン)歩兵連隊 (7. (Preußisches) Infanterie-Regiment) 第3中隊長に、1929年3月12日には同連隊の第12中隊長となった。1932年10月1日からはドレスデン歩兵学校 (Infanterieschule Dresden) の教官を務め、1936年10月6日にはグリヴィツェの第84歩兵連隊第3大隊長に任命された。1938年11月3日、ポツダム軍事大学 (Kriegsschule Potsdam) にてA教導隊 (Lehrgruppe A) の指揮官となった。

ナチス・ドイツと戦後[編集]

1938年8月26日、アドルフ・ヒトラーの軍事参謀に任命され、第二次世界大戦の勃発後も総統大本営副司令官としてヒトラーの近くに残された。ポーランド戦役後の1939年12月1日、ノイハマーに駐屯していた第161歩兵連隊の指揮を引き継ぎ、シレジアのゴルトベルクやオイペン、サン・クエンチンやブールジュなどを転戦した。

1940年7月13日に第7歩兵連隊長となり、1941年6月には東部戦線メーメル川付近で発生したスモレンスク包囲戦に参加。その後もヴャジマ及びブリャンスクの戦い、モスクワの戦いなどの激戦に参加した。1941年12月1日から1942年2月10日にかけて、第252歩兵師団長や第197歩兵師団長などを歴任。1943年11月5日、待命指揮官 (Führerreserve) に編入され、デーベリッツにて指揮将官研修 (Lehrgang für Kommandierende Generale) を受けた。

1944年2月1日、第41装甲軍団の軍団長に任命され、1944年3月25日からナルヴァ、エルゲリ、ドヴィンスクを転戦した。1944年9月5日、第18軍司令官に任命され、その後はクールラントにおける5つの戦いに参加した。1945年5月5日、ソ連赤軍の捕虜となり、強制労働25年間の判決を受けた。ヴォイコヴォ、ヴォログダヴォルクタアスベスト市などの収容所に収監された。

1955年10月の特赦によって帰国を果たし、その後はボンフュッセンヒルデスハイムに暮らした。ヒルデスハイムにて没した。

家族[編集]

1921年9月20日にルート=ドロレス・プルドロと結婚しており、1人の娘と3人の息子がいた。息子の1人は後に連邦陸軍の准将となり、第18装甲旅団長などを歴任した。

階級[編集]

  • 1913年9月13日、候補生 (Fahnenjunker)
  • 1914年3月7日、候補生たる軍曹 (Fahnenjunker-Unteroffizier)
  • 1914年5月20日、士官候補生 (Fähnrich)
  • 1914年8月6日、少尉 (Leutnant)
  • 1918年4月18日、中尉 (Oberleutnant)
  • 1926年10月1日、大尉 (Hauptmann)
  • 1934年8月1日、少佐 (Major)
  • 1937年3月28日、中佐 (Oberstleutnant)
  • 1940年2月1日、大佐 (Oberst)
  • 1942年4月1日、少将 (Generalmajor)
  • 1943年1月21日、中将 (Generalleutnant)
  • 1944年3月25日、歩兵大将 (General der Infanterie)

受章[編集]

参考文献[編集]

  • Dermot Bradley, Karl-Friedrich Hildebrand, Markus Rövekamp: Die Generale des Heeres 1921-1945, Band 2 v. Blanckensee-v. Czettritz und Neuhauß; Biblio Verlag, Osnabrück 1993, ISBN 3-7648-2424-7

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Veit Scherzer: Die Ritterkreuzträger 1939-1945, Scherzers Militaer-Verlag, Ranis/Jena 2007, ISBN 978-3-938845-17-2, S.229