オアシス (ロバータ・フラックのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
オアシス
ロバータ・フラックスタジオ・アルバム
リリース 1988年
ジャンル R&Bソウルポップス
時間 47分43秒
レーベル アトランティック・レコード
プロデュース ロバータ・フラック(エグゼクティヴ)[1]
クインシー・ジョーンズ(#2/エグゼクティヴ)[1]
マーカス・ミラー(#1, #6, #10) [1]
マイケル・オマーティアン(#2) [1]
ジェリー・ヘイ(#3, #7, #8, #9) [1]
アンディ・ゴールドマーク(#4, #5, #11) [1]
バリー・マイルス(#7, #8, #9) [1]
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 159位(アメリカ[2]
ロバータ・フラック 年表
愛に生きて(with ピーボ・ブライソン
(1983年)
オアシス
(1988年)
ナイト・トゥ・ミュージック
(1991年)
テンプレートを表示

オアシス』(Oasis)は、アメリカ合衆国R&B歌手ロバータ・フラック1988年に発表したスタジオ・アルバム

背景[編集]

ピーボ・ブライソンと連名で発表した『愛に生きて』(1983年)以来5年ぶりのアルバムで、フラック自身は『シカゴ・トリビューン』紙のインタビューにおいて「このプロジェクトでは、今までよりも曲作りに時間がかかったのよ。でも、このアルバムでは私が本当に好きな曲を歌う機会に恵まれたわ」と語っている[3]。ただし、厳密には本アルバムで音楽活動に復帰したわけではなく、1987年の映画『誰かに見られてる』(監督:リドリー・スコット)のサウンドトラックにも「Someone to Watch Over Me」(ジョージ・ガーシュウィンアイラ・ガーシュウィン作のスタンダード・ナンバーのカヴァー)を提供している[4][5]

「ルック・アウト」を提供したアシュフォード&シンプソン英語版は、1998年の映画『Down in the Delta』のサウンドトラック・アルバムにおいて同曲をセルフ・カヴァーしている[6]。「アンド・ソー・イット・ゴーズ」は、フラックの親友でもあった詩人マヤ・アンジェロウがソングライティングに貢献した[7]

反響[編集]

アメリカではBillboard 200で159位、『ビルボード』のR&Bアルバム・チャートで24位を記録[2]

本作からの第1弾シングル「オアシス」は『ビルボード』のR&B/ヒップホップ・シングル・チャートで1位を獲得し、アダルト・コンテンポラリー・チャートでは13位に達した[2]。1989年には「ルック・アウト」がR&B/ヒップホップ・シングル・チャートで37位、ダンス・ミュージック/クラブ・プレイ・シングル・チャートで1位、ダンス・ミュージック/マキシ・シングル・チャートで8位を記録している[2]

収録曲[編集]

  1. オアシス "Oasis" (Marcus Miller, Mark Stephens) – 6:11
  2. オール・コウト・アップ "All Caught Up in Love" (Marvin Hamlisch, Siedah Garrett) – 4:08
  3. ルック・アウト "Uh-Uh Ooh-Ooh Look Out (Here It Comes)" (Nickolas Ashford, Valerie Simpson) – 4:41
  4. ショック・トゥ・マイ・システム "Shock to My System" (Franne Golde, Andy Goldmark, Dennis Lambert) – 4:24
  5. ユー・フー・ブロウト・ミー・ラヴ "You Who Brought Me Love" (A. Goldmark) – 4:01
  6. サムシング・マジック "Something Magic" (M. Miller, M. Stephens) – 4:06
  7. アンド・ソー・イット・ゴーズ "And So It Goes" (Maya Angelou, Roberta Flack, Barry Miles) – 3:34
  8. ユー・ノウ・ホワット・イッツ・ライク "You Know What It's Like" (R. Flack, B. Miles, Brenda Russell) – 4:44
  9. アンド・ソー・イット・ゴーズ(リプリーズ) "And So It Goes (Reprise)" (M. Angelou, R. Flack, B. Miles) – 1:01
  10. マイ・サムワン・トゥ・ラヴ "My Someone to Love" (M. Miller, R. Flack) – 5:53
  11. ブラジル "(His Name) Brazil" (A. Goldmark, Henry Gaffney, R. Flack) – 4:51

参加ミュージシャン[編集]

  • ロバータ・フラック - ボーカルピアノ
  • マーカス・ミラー - ベースキーボード、バックグラウンド・ボーカル(#1, #6, #10)
  • ジェイソン・マイルス - キーボード(#4)、シンセサイザー・プログラミング(#1, #4, #5, #6, #8, #10)
  • マイケル・オマーティアン - キーボード、ドラムス(#2)
  • ランディ・カーバー - キーボード(#3)、シンセサイザー(#7, #8)
  • マイケル・ボディカー - シンセサイザー(#3)
  • アンディ・ゴールドマーク - キーボード、シンセサイザー・プログラミング、ドラム・プログラミング(#4, #5, #11)
  • ジョン・バーンズ - キーボード、シンセサイザー・プログラミング(#4)
  • グレッグ・フィリンゲインズ - キーボード、シンセサイザー・プログラミング(#4, #5, #11)
  • ピート・ロビンソン - キーボード、シンセサイザー・プログラミング(#4, #5, #11)
  • ラリー・ウィリアムズ - サックス・ソロ(#2)、シンセサイザー・プログラミング(#5)、シンセサイザー(#7, #8)
  • ジェフ・ボヴァ - シンセサイザー・プログラミング(#6)
  • バリー・マイルス - シンセサイザー(#7)、ドラム・プログラミング(#8)、シンセサイザー・プログラミング(#8)、エレクトリックピアノ(#10)
  • ジェフ・ローバー - キーボード、シンセサイザー・プログラミング(#11)
  • ダン・ハフ - ギター(#2)
  • マイケル・ランドウ - ギター(#3, #7)
  • ポール・ジャクソン・ジュニア - ギター(#4, #11)
  • アール・クルー - ギター・ソロ(#7)
  • チエリ・ミヌッチ - ギター(#11)
  • ニール・スチューベンハウス - ベース(#3, #7)
  • ネイザン・イースト - ベース(#11)
  • バディ・ウィリアムズ - ドラムス(#1, #8)
  • ハーヴィー・メイソン - ドラムス(#3)
  • スティーヴ・フェローン - ドラムス(#4)
  • ジミー・ブラロウワー - ドラムス(#4)
  • ジョン・ロビンソン - ドラムス(#7, #8)
  • スティーヴ・ガッド - ドラムス(#10)
  • スティーヴ・ソーントン - パーカッション(#1, #6)
  • パウリーニョ・ダ・コスタ - パーカッション(#3, #5, #11)
  • マイケル・フィッシャー - パーカッション(#7, #8)
  • ドン・アライアス - パーカッション(#10)
  • デイヴィッド・サンボーン - サックス・ソロ(#1)
  • ダン・ヒギンズ - サックス(#3, #8)
  • ロジャー・バイアム - サックス・ソロ(#9)
  • ジェリー・ヘイ - トランペット(#3, #8)
  • サイモン・クライミー - ボーカル(#4)
  • ラニ・グローヴス - バックグラウンド・ボーカル(#1)
  • Chude Mondlane - バックグラウンド・ボーカル(#1)
  • ブレンダ・ホワイト=キング - バックグラウンド・ボーカル(#1)
  • デニス・コリンズ - バックグラウンド・ボーカル(#1)
  • マーク・スティーヴンス - バックグラウンド・ボーカル(#1, #6)
  • フィル・ペリー - バックグラウンド・ボーカル(#3, #7, #8)
  • Tawatha Agee - バックグラウンド・ボーカル(#6)
  • イヴォンヌ・ルイス - バックグラウンド・ボーカル(#6)
  • Lori-Ann Velez - バックグラウンド・ボーカル(#6)
  • ガブリエーレ・グッドマン - バックグラウンド・ボーカル(#7, #8, #11)
  • ジョージ・デューク - バックグラウンド・ボーカル(#11)
  • ボブ・ヘンリー - バックグラウンド・ボーカル(#11)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g Roberta Flack - Oasis (CD, Album) at Discogs
  2. ^ a b c d Roberta Flack | Awards | AllMusic
  3. ^ Silverman, David (1988年10月23日). “Flack's Back”. Chicago Tribune. 2015年8月9日閲覧。
  4. ^ Someone to Watch Over Me (1987) - Soundtracks - IMDb
  5. ^ 日本盤CD (AMCY-3075)ライナーノーツ(五十嵐正、1988年10月11日)
  6. ^ Down in the Delta - Original Soundtrack | AllMusic
  7. ^ Feeney, Nolan (2014年5月28日). “Roberta Flack Remembers Maya Angelou: 'We All Have Been Inspired'”. TIME. 2015年8月9日閲覧。