オイゲン・ランゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カール・オイゲン・ランゲン
Eugen-langen.jpg
生誕 1833年10月9日
ケルン
死没 (1895-10-02) 1895年10月2日(61歳没)
エルスドルフ(ラインラント)ドイツ語版
国籍 ドイツの旗 ドイツ
職業 起業家技術者発明家
著名な実績 ガソリンエンジンヴッパータール・モノレールの開発
1867年のオットー=ランゲン・ガスエンジン。

カール・オイゲン・ランゲン: Carl Eugen Langen1833年1895年)は、ガソリンエンジンおよびヴッパータール・モノレールの開発に関与した、ドイツ起業家技術者および発明家である。

カールスルーエ工科大学にて豊富な技術訓練を受けたのち、1857年より父親のヨハン・ヤーコブ・ランゲンドイツ語版が経営する製糖工場であるJJ・ランゲン&ゾーネ (J. J. Langen & Söhne) で働いていた。

オットーおよびランゲン[編集]

ランゲンは、1864年ニコラウス・アウグスト・オットーと出会うこととなる。 オットーは、ベルギーエティエンヌ・ルノアールによって考案されたガスエンジンの改良に取り組んでいた。 技術訓練されたランゲンは、オットーの開発力の高さを知り、集会の1ヶ月後に世界初のエンジン工場であるNA・オットー&Cie (N. A. Otto & Cie) を設立した。 彼らの改良型エンジンは、1867年に開催されたパリ万国博覧会にてグランプリを受賞した[1]

ドゥーツ[編集]

最初のエンジン工場が倒産したあと、ランゲンはガスエンジン製造のための新会社「ドゥーツ・ガスエンジン工場」 (Gasmotorenfabrik Deutz) を設立しており[2]、後にクレックナー=フンボルト=ドゥーツ (Klöckner-Humboldt-Deutz (KHD)) グループとなった。 これは、今日のドゥーツAGドイツ語版となっている。 ランゲンは、KHD工場において新たな生産方法を考案し、かつ実施した。

鉄道設備[編集]

鉄道輸送設備の分野では、ランゲンはケルンの車両製作所「Waggonfabrik van der Zypen & Charlierドイツ語版」の共同所有者および技術者であった。 ランゲンは、1894年より懸垂鉄道英語版システムであるヴッパータール・モノレールの開発に取り掛かっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.dhub.org/object/207174
  2. ^ Wise, David Burgess. "Daimler: Founder of the Four-Wheeler", in Northey, Tom, ed. World of Automobiles (London: Orbis, 1974), Volume 5, p.483.

参考文献[編集]

  • Wise, David Burgess. "Daimler: Founder of the Four-Wheeler", in Northey, Tom, ed. World of Automobiles Volume 5, pp.481-3. London: Orbis, 1974.
  • [www.britannica.com/EBchecked/topic/.../Eugen-Langen Eugen Langen] at Britannica.com

関連項目[編集]

  • ドイツの発明家と創案者英語版