オウム真理教の兵器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オウム真理教の兵器(オウムしんりきょうのへいき)では、オウム真理教が購入・開発した兵器について解説する。

一般兵器[編集]

自動小銃AK-74
ソ連軍が採用した自動小銃AK-74を基に、銃の密造を企てた(詳細は自動小銃密造事件を参照のこと)。AK-74は麻原の命名で「ナーディー[1]」、弾薬は「プラーナ[2]」と呼ばれていた。
目潰し用レーザー兵器
通称「輪宝」。村井秀夫が開発した。実際に公証人役場事務長逮捕監禁致死事件で使用されたが、効果は無かった[3]。麻原の提案で、競走馬に照射して番狂わせを起こし一儲けしようとしたこともあり、平田信が実行したが成功しなかった[4]。また1994年には井上嘉浩や現役自衛官の信者らが広島市三菱重工研究所に侵入し、レーザーに関する軍事技術のデータ書類等を窃盗した[5]
広瀬健一によると、レーザー兵器開発の始まりは麻原がノストラダムスの予言に出てくる「剣」をレーザー兵器、「鮭」を「ICBM」と解釈した為である[6]中川智正によるとレーザー兵器開発の歴史は古く、真理党惨敗前の1989年春から始まっていたという[7]
またトラックに搭載したものもあり、地下鉄サリン事件捜査撹乱のため警視庁の警官の目を狙う話もあったが、車両が事故で警察にバレていたので中止された[8]
改造拳銃
元暴力団員の信者から譲ってもらったが、撃針が歪んでおり暴発の危険があった[9]
特殊潜航艇
1991年12月、「オウム海中都市構想」を企てた麻原が、その手始めとして村井らに命じ建造させた。発端は富田隆が映画『彼女が水着にきがえたら』に潜水艦が出てくることを話していたところ、麻原がオウムでも潜水艦ぐらい作れると言い出したことであるという[10]。教団の雑誌「えんじょい・はぴねす」に掲載される予定だった。
動力源はディーゼル・エレクトリック機関を目指していたが開発が進まず、やむなく試作機の動力源は人力となった。しかし、操縦士役の端本悟曰くその外観は「ドラム缶二本を連結し、側面に穴を空け、その部分にコックピットのような形で透明な洗面器を取り付けたもの」という、潜航艇とは名ばかりの粗末なものであったという。静岡県沼津市沼津港で進水式と試運転を行ったが、ハッチの不具合と水圧により、進水直後にクレーン車ごと沈没、端本が内部に取り残され、教団関係者も立ち去ってしまったため、地元のダイバーに救出された。後に彼は裁判にて「潜水艦が沈み内部に取り残されていたときは、走馬灯のように今までの人生が思い出された。オウムにめぐり合っていなければ…。」と悔恨の供述をしている[11]
爆薬
中川智正土谷正実らにより、黒色火薬RDXPETNTNTHMXニトログリセリンが製造された[12][13]。黒色火薬は島田裕巳宅爆弾事件で、RDXは東京都庁小包爆弾事件で使用された。
火炎瓶
東京総本部火炎瓶事件で使用した。
プラズマ兵器
麻原は第三次世界大戦NBC兵器を凌駕するプラズマ兵器、恒星反射砲が使用されると語っていた[14]。そこでオカムラ鉄工から奪い取ったプラズマ切断機を参考に兵器をつくろうとしていたが失敗した[15]。他にも村井はICBMや衛星攻撃兵器など、オウムの規模では無謀な構想を思いついては部下に作らせようとしたため、広瀬や土谷は対応に苦慮したという[16]

生物化学兵器[編集]

化学兵器[編集]

サリン
池田大作サリン襲撃未遂事件滝本太郎弁護士サリン襲撃事件1993年)、松本サリン事件1994年)や地下鉄サリン事件1995年)で使われた毒ガスで、1993年8月に土谷正実が製造に成功する。サリン70t製造を目指してサリンプラントの建設も試みた。教団内の隠語は魔法使いサリーからとられた「魔法[17]」「魔法使い[18]」「サッチャン[19]」「サリーちゃん[20]」または「妖術[21]」「S[22]」「チャチャ[23]」。麻原は、サリンは原爆と違って建造物が残るため「省エネ原爆」だと説明していた[24]
VX
1994年9月に土谷が製造に成功、主に教団に敵対する人物の殺害に使われた。松本サリン事件でサリンが有名になったことによる代替物としての意味もあった[17]。教団内の隠語は土谷が命名した「神通力[25]」。井上嘉浩によると「ツァンダリー」という隠語もあった[26]。麻原はVXを使用することを「ひっかける」と表現していた[27]
青酸ガス
1994年に土谷が青酸ガスの製造に成功した。後に警察捜査かく乱のために、青酸ガスの原料であるシアン化ナトリウムを使って、新宿駅青酸ガス事件を起こすことになった。
ホスゲン
1990年秋より研究を開始した。ホスゲンプラント計画もあった。しかし同年、国土法事件熊本県警の強制捜査が入るとの情報を得たため、製造装置を解体し中断した。捜査した熊本県警は、まさか毒ガス製造装置があるとは思わず発覚することはなかった[28]。その後1994年新実智光らが坂本弁護士一家殺害事件とオウムを追求していたジャーナリスト江川紹子宅に散布し、江川に全治2週間の傷害を与えた(江川紹子ホスゲン襲撃事件[29]
イペリットガス
1994年頃にイペリットガスの製造に成功した。隠語は「おでん」だったとの説があるが藤永孝三が「おでんはない」と否定している[30]。外部に漏れ出て、信者に火傷を負わせたことから、「スパイの仕業」ということになり、疑われた男性信者が殺害された(オウム真理教男性現役信者リンチ殺人事件[31]
ソマン
1994年3月に土谷がソマンの製造に成功した[12]。サリンのほうがコストが若干安いので量産されなかった[32]

生物兵器[編集]

ボツリヌス菌ボツリヌストキシン
遠藤誠一らが十勝川流域で土を採取、中川智正村井秀夫らと共に分離・培養を試み何度か散布したが効果はなかった[33]。教団内の隠語はボツリヌストキシンからとられた「T[34]」、坊つちやんからとられた「ボッチャン[35]」。
ボツリヌス菌によるテロの着想は、1989年の4月に麻原の4女松本聡香が生まれた際に、出産に立ち会った遠藤誠一が麻原に対し「乳児にはボツリヌス菌が含まれる蜂蜜を与えないように」と進言したことにあった。これによりボツリヌス菌に興味を抱いた麻原はさらに遠藤から「ボツリヌス菌は世界最強の毒で、これを東京で撒けば、中央線の沿線で数十万人が即座に死ぬ」と聞かされ、麻原は遠藤にボツリヌス菌の大量培養を命じた。その後、遠藤は早川紀代秀新実智光らとともに北海道奥尻島石狩川の流域へ行き、ボツリヌス菌が含まれる土を採取した。持ち帰った土のサンプルを取り、各部分を培養してボツリヌス菌を増殖させ、それをマウスの尻尾に静脈注射することで毒性を調べたが、マウスは死ぬことも生存することもあった。ベンチ規模、プラント規模で何度も培養を試みるが、結局生物兵器としてのボツリヌス菌大量培養は失敗に終わった[36]
麻原は、撒いたのは遠藤誠一大腸菌であり危険性はゼロだと主張した[37]
炭疽菌
教団内の隠語は「CCチャン[38]」(「炭(炭素)」の元素記号からとられた)。1992年頃より遠藤誠一によって培養が始められ実際に散布したが効果は無かった。軍事用が入手できず、無害化されたワクチン株を有毒化しようとしたが成功しなかったとされる[39]。入手元は不明だが遠藤の母校帯広畜産大学から入手したという説がある[40]。「スーパーCC」というのもあり麻原らが横浜に撒いたが効果は無かった[41]
赤痢菌
遠藤誠一が冷凍保存していた[42]
エボラウイルス
構想のみ。アフリカ救済ツアーと称して麻原や教団の医師らがザイールまで向かったが、ウイルス株の入手に失敗した[43][44]

散布装置[編集]

風船爆弾
生物兵器を搭載する計画だったが、1990年に国土法違反事件波野村の教団施設に強制捜査が入り、証拠隠滅のため破棄された[45]。開発を担当した上祐史浩によると、どこに飛んで行くかわからないため非効率であり中止されたという[39]
ホスゲン爆弾
ホスゲンを入れた鞄型散布装置。詳細はオウム真理教の国家転覆計画#ホスゲン爆弾計画を参照。
霧どんどん
第1次池田大作サリン襲撃未遂事件で使用した農薬噴霧器[46]
サリン噴霧車(旧型)
村井らが幌付き2トントラックを改造、ガスバーナーと送風機による加熱気化式噴霧器を搭載し、第2次池田大作サリン襲撃未遂事件で使用した。製造を手伝った滝澤和義は「気化中に火事になりますよ」と指摘したが村井は受け付けず、実際に幌に引火して火災が発生し襲撃に失敗したばかりでなく、運転手役の新実智光がサリンに被曝して危うく命を落としかけるなど散々な結果に終わった[40][15]
サリン噴霧車(新型)
村井、渡部和実藤永孝三らが2トントラックを改造、前回の教訓から貨物室はアルミ製の物を使い、ガスバーナーは電気ヒーターに変更した。コンテナ上部のタンク内の液体を、電気ヒーターで加熱した銅容器内に落下させ、これを加熱して気化させ、それを大型送風扇で外部に噴霧する。松本サリン事件で使用した[17]
ボツリヌス菌ボツリヌストキシン)噴霧車
創価学会本部がある信濃町を襲撃しようとした[47]
炭疽菌噴霧車
10tトラックを改造、高速回転する円盤で散布する仕組み[39]杉本繁郎などが運転手を務め、上祐史浩、新実、早川紀代秀ら最高幹部や麻原も搭乗、散布を指揮したことがある[48][49]
ウォーターマッハ
亀戸異臭事件で使用した噴霧器。豊田亨が開発。
六法煙書
村井が東急ハンズで購入したおもちゃの液体噴霧器。名称の由来は六法全書の形をしていたから[50]地下鉄サリン事件直前の霞ヶ関駅細菌テロ未遂でボツリヌストキシン散布用に使用された[51]
クルーザー
マハーヤーナ号とヴァジラヤーナ号の二隻を保有していた。マハーヤーナ号にボツリヌス菌噴霧器を装備する計画があった[52]
ヘリコプターMi-17
ソ連ミル設計局で開発されたヘリコプターであり、ロケット弾対戦車ミサイルなどを装備させて武装ヘリコプターとして運用することも可能。公安調査庁は「軍用」ヘリとし、麻原は「民用」ヘリとしている[53]
早川は1992年からの3年余に21回ロシアを訪れ、人材発掘と武器購入に奔走、1994年6月に購入した。旧タタール自治共和国で製造され、旧アゼルバイジャン共和国で使用された中古機であり、アゼルバイジャンからスロバキア、オーストリアまで陸上輸送された後、オランダロッテルダム港経由で横浜港大黒ふ頭まで海上輸送され、上九一色村の教団施設に運び込んだ[54]航空法に基づく飛行許可は出ておらず、飛行すれば法律違反であった。岐部哲也がヘリコプター免許を取得していたが[55]、敷地内でホバリングをしたのみにとどまり、飛行することはなかった[56]。試運転で壊れたとも伝わる[57]
サリン噴霧に使おうとしたとされる。対して麻原は説法会の為に飛ばしたり、マハーポーシャのパソコン部品を台湾から空輸するのに使うためと弁解している[53]
ヘリの存在は強制捜査以前から地元住民に知られており、不審がられていた[58]。加えて、ヘリを運ぶ貨物船[59]Mi-24(ミル24)攻撃ヘリコプターの入手も企てていたとされる[60]
ラジコンヘリ
サリン噴霧用に1993年11月に宇都宮市で2機購入した。1機170万円、最高速度140km/h、平均速度100kmの農薬噴霧用ラジコンヘリであったが、岐部が実機とレバーが違うのに戸惑い、操縦ミスで1機は木に激突、もう1機は急上昇して操縦不能になり大破し放棄された[61][59]。村井はこれに激怒し岐部は事実上の降格となった[62]

核兵器[編集]

ウラン原子爆弾
1993年9月、麻原他20名程(出家信者10名近く、村井秀夫ら科学班10名程)の一行はオーストラリアを訪問した。この時、有望なウラン鉱脈がある可能性の高い地域であるバンジャワン(パースから北東へ700kmの内陸部、東京都ほどの広さ)の牧場(牧羊地)を、「人目につかない静かな土地が欲しい」ということで現地で不動産業を営んでいた日本人女性の仲介により約4000万円で購入した。交渉には麻原彰晃野田成人早川紀代秀が関わった。その後、小型飛行機2機をチャーターし、上記女性の案内で同地に向かい、ガイガーカウンターを用い、土地を調査した[63]
麻原一行は掘削機(コベルコのミニユンボ2台)や発電機や実験器具なども持ち込んでいた。しかし、これらはほとんどが現地当局によって没収され、この時は罰金50万円を支払った。掘削機などは現地で約2000万円で調達し直された[63]
核兵器の開発責任者は科学技術省幹部の豊田亨で、「豊田研究所」という研究施設が開設され核兵器の開発(硝酸や大量のバッテリーなどを用いたウラン鉱石の精錬工程の実験と推測される)が行われた。その後教団により研究施設は閉鎖され、撤収の際[64]証拠物件は埋められたり焼却されたりして隠滅された。同地は教団により2400万円で現地のある牧場主に売却された[63]
日本国内では、村井秀夫野田成人らが愛媛県由利島など瀬戸内海を中心に放射線感光フィルムで調査したが成果は出なかった[65]。また、ウラン鉱脈があることで知られる人形峠の調査を行い、中田清秀が、ロータス・ビレッジ建設のためという名目で土地の取得に動いたものの、地元の反対にあって頓挫している。この土地取得の真の狙いはウラン採掘のためだったと考えられている。
なお、ウラン濃縮は濃縮設備そのものの設備投資は安くすむが、大変高度な技術力と大規模な設備とそれを稼動させるために都市一個分にも匹敵する莫大な電力が持続して必要とされる。オウム程度の規模と技術の団体では、たとえウラン鉱石を入手できたとしても、濃縮は不可能である[66]。それ以前にウランを日本輸送する手段すらも無かったと思われる。野田は、絶対実現しないプロジェクトなので気楽だったと語っている[65]
また、1994年6月27日松本サリン事件の9ヶ月前(つまり1993年9~10月頃)に、同地でサリン実験をしたという説がある。「を可動柵で囲って密集させ、地下鉄に見立ててサリンを散布する実験が行われ、羊の大量の白骨死骸や毛の分析からサリンの使用痕跡が検出された[63]」とのことだが、野田は上記の入国検査でもわかるように「現地にサリンそのものやサリンの原材料を持ち込むことも、現地でサリンの原材料を調達することも不可能」としてこれを否定、オーストラリア人向けの陰謀論であるとしている[66]。ちなみにオーストラリア当局から羊を処分せよと命令されたのを麻原が「羊に罪は無い」といって断固拒否した話が残されている[67]。サリンを製造した土谷正実も、「動物実験はしない。動物を殺すと悪業になる。今の人間は動物より悪業を積んでいる。だから、効果は本番で試す」と語っていた[68]

脚注[編集]

  1. ^ 「サリン生産プラント事件 不満と疑念募らせた信者」読売新聞 1996年3月31日
  2. ^ 東京キララ社編集部『オウム真理教大辞典』 p.116
  3. ^ 『オウム真理教大辞典』 p.138
  4. ^ “オウム裁判で分かったこと、残る謎”. Yahoo!ニュース. (2015年4月30日). http://bylines.news.yahoo.co.jp/egawashoko/20150430-00045208/ 
  5. ^ 『オウム真理教大辞典』 p.128
  6. ^ 広瀬健一オウム真理教元信徒 広瀬健一の手記」 第二章 浄土真宗円光寺
  7. ^ NHKスペシャル取材班「未解決事件 オウム真理教秘録」 p.294
  8. ^ 門田隆将『オウム死刑囚 魂の遍歴』p.328
  9. ^ 江川紹子『「オウム真理教」裁判傍聴記〈2〉 』 p.190
  10. ^ 江川紹子『「オウム真理教」裁判傍聴記〈2〉 』 p.273
  11. ^ 青沼陽一郎『オウム裁判傍笑記』 p.216
  12. ^ a b 破防法弁明●証拠の要旨の告知(2) オウム真理教公式サイト(Internet Archive)
  13. ^ 江川紹子『「オウム真理教」裁判傍聴記1』 p.311
  14. ^ 宗教情報リサーチセンター『<オウム真理教>を検証する』 p.49
  15. ^ a b 平成7合(わ)141 殺人等 平成16年2月27日 東京地方裁判所
  16. ^ 毎日新聞社会部『オウム「教祖」法廷全記録6』 p.154, 『オウム「教祖」法廷全記録8』 p.65-66
  17. ^ a b c 松本智津夫被告 法廷詳報告 林郁夫被告公判カナリヤの会公式サイト
  18. ^ 降幡賢一『オウム法廷 グルのしもべたち上』 p.113
  19. ^ 『オウム真理教大辞典』 p.58
  20. ^ オウム裁判対策協議会/サリン事件の詳細な実態、および事件の謎/サリン事件にまつわる各種資料/1996年2月7日 冒頭陳述(土谷正美)
  21. ^ 『オウム「教祖」法廷全記録7』 p.14
  22. ^ 『オウム「教祖」法廷全記録1』 p.237
  23. ^ 『オウム真理教大辞典』 p.135
  24. ^ 毎日新聞社会部『冥い祈り―麻原彰晃と使徒たち』 p.63
  25. ^ 『オウム「教祖」法廷全記録7』 p.14
  26. ^ 『オウム「教祖」法廷全記録5』 p.242
  27. ^ 2015年1月21日高橋克也裁判(東京地裁)での井上嘉浩死刑囚の証言より~傍聴ライターが見た「最後のオウム裁判」ーー猛毒「VX」の隠語は「神通力」だった(弁護士ドットコム)
  28. ^ 上祐史浩『オウム事件 17年目の告白』 p.94
  29. ^ 『オウム真理教大辞典』 p.120
  30. ^ 毎日新聞社会部『オウム「教祖」法廷全記録』133
  31. ^ 『オウム真理教大辞典』 p.17
  32. ^ 降幡賢一『オウム法廷13』 p.96, 115
  33. ^ 佐木隆三『「オウム法廷」連続傍聴記2 麻原出廷』1996年 p.200
  34. ^ 『オウム「教祖」法廷全記録6』 p.249
  35. ^ 早川紀代秀川村邦光『私にとってオウムとは何だったのか』2005年 p.128
  36. ^ アンソニー・トゥー『サリン事件死刑囚中川智正との対話』p.59-79
  37. ^ 降幡賢一『オウム法廷10』 p.126
  38. ^ 『オウム真理教大辞典』 p.64
  39. ^ a b c 上祐総括:オウム入信から現在まで ひかりの輪公式サイト
  40. ^ a b Richard Danzig・Zachary M. Hosfordほか(2012)「オウム真理教:洞察-テロリスト達はいかにして生物・化学兵器を開発したか(日本語版)」新アメリカ安全保障センター
  41. ^ 降幡賢一『オウム法廷9』 p.76
  42. ^ 林郁夫『オウムと私』1998年 p.235
  43. ^ 黒井文太郎、村上和巳『生物兵器テロ』 宝島社新書 2002年
  44. ^ Olson, Kyle B. "Aum Shinrikyo: once and future threat?." Emerging Infectious Diseases 5.4 (1999): 513.
  45. ^ 甦る時代の記憶 未解決事件 file.02 「オウム真理教」
  46. ^ オウム裁判対策協議会/サリン事件の詳細な実態、および事件の謎/サリン事件にまつわる各種資料/麻原彰晃(松本智津夫)第一審公判弁論要旨(弁護側の主張)
  47. ^ 早川紀代秀『私にとってオウムとは何だったのか』p.195
  48. ^ 東京新聞 1995年10月23日付 朝刊23面
  49. ^ 青沼陽一郎『オウム裁判傍笑記』 p.233
  50. ^ 門田隆将『オウム死刑囚 魂の遍歴』 p.300
  51. ^ 降幡賢一『オウム法廷2(下)』 p.255
  52. ^ 『オウム「教祖」法廷全記録7』 p.172
  53. ^ a b 降幡賢一『オウム法廷2上』 p.192
  54. ^ 一橋文哉「オウム真理教事件とは何だったのか」p.172 PHP新書 2018年
  55. ^ 『オウム真理教大辞典』 p.43
  56. ^ 『オウム「教祖」法廷全記録7』 p.162
  57. ^ アンソニー・トゥー『サリン事件死刑囚中川智正との対話』 p.187
  58. ^ 朝日新聞 1995年2月9日付
  59. ^ a b 「模型ヘリ、訓練中大破」 毎日新聞 1995年5月30日付 夕刊11面
  60. ^ 前編後編 岩上安身のウェブサイト(Internet Archive版)
  61. ^ 渡邉学『南山宗教文化研究所所蔵オウム真理教関係未公開資料の意義について』 2009年 南山宗教文化研究所
  62. ^ 「『サリン散布』 狙った模型ヘリ 残骸を教団施設に保管」 毎日新聞 1995年6月2日夕刊
  63. ^ a b c d テレビ朝日『オウム20年目の真実 暴走の原点と幻の核武装計画』2015年放送
  64. ^ 1995年3月20日地下鉄サリン事件直後に撮影された、もぬけの殻の研究施設の映像が残されているので、撤収はそれ以前
  65. ^ a b 野田成人チキンラーメンとウラン
  66. ^ a b 野田成人核兵器2
  67. ^ 早川紀代秀、川村邦光『私にとってオウムとは何だったのか』 p.180
  68. ^ 降幡賢一『オウム法廷13』 p.545

関連項目[編集]