オオカミ少年 (テレビ番組)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
オオカミ少年
Lie or Truth
ジャンル クイズ番組 / バラエティ番組
演出 坂本義幸
出演者 浜田雅功ダウンタウン)ほか
ナレーター 永井一郎
山本圭子
製作
プロデューサー 櫟本憲勝、森口尚
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2004年10月7日 - 2005年9月29日
放送時間 木曜日 23:55 - 0:25
放送分 20分
回数 47
土曜☆ブレイク『オオカミ少年』
放送期間 2020年3月14日
放送時間 土曜日 14:00 - 14:54
放送分 54分
回数 1
テンプレートを表示

オオカミ少年 Lie or Truth(おおかみしょうねん ライ・オア・トゥルース)は、TBS系列で2004年10月7日から2005年9月29日まで放送されていたクイズ番組バラエティ番組。タイトルはイソップ童話嘘をつく子供』の通称「オオカミ少年」が由来。

概要[編集]

  • あらゆるジャンルの情報がVTRで出題され、それが「ウソ」か「ホント」かを二者択一で当てるクイズである。
  • VTRの内容は、有名人の意外な秘話、驚きの珍商品、性風俗関連など様々。
  • VTRを補足するデータを豊田が提供するが、これを含めてウソの場合もある。さらに掘り下げた情報を補足する「最終ジャッジVTR」も流れる。
  • ヒントを聞き出そうとするゲスト解答者と浜田のやり取りが名物。多くの場合、浜田は「そこまでは知らん」と突き放す。
  • 毎週2~3問のVTRを出題し、正解数が最も多かったゲストにはトップ賞が送られた。ただし賞品はロケに使われた小道具などで、もらっても困るものばかりだった。
  • 2004年12月までは、番組の直前に5分間の予告ミニ番組『もうすぐオオカミ少年』が放送されていた(一部地域のみ)。
  • 2004年12月30日に85分間の特番『極太オオカミ少年 浜田ビンビン祭りSP』が放送された。
  • 2005年1月からは冒頭に「オオカミ体操」というコーナーが新設された。有名人に関する多数のクイズを短時間で出題し、本編の前に頭の体操をする。
  • 2005年9月30日(早朝)に放映を終了した。次回は特別番組を放送すると最終回で予告された。この時、スタジオに吊るされたくす玉割りで紙テープの間から「祝1周年」の赤地の垂れを出したが、めくりの下に「最終回」という文字が隠されていた。
  • これ以降特別番組を含めこの番組は放送されていなかったが、2020年3月14日(土曜日)の14:00 - 14:54(土曜☆ブレイク枠)に約14年ぶりに特別番組として放送された[1]
  • 2020年6月15日には、アイ・アム・冒険少年と合体スペシャルが放送される。3月14日に放送されたものを再放送となる。3月14日の放送はローカル放送のためレギュラー放送が打ち切られてからは、全国ゴールデン放送初となる。


出演者[編集]

MC
アシスタント
  • 豊田綾乃(TBSアナウンサー、アシスタント)2004年-2005年のレギュラー放送を担当。
  • 日比麻音子(TBSアナウンサー、アシスタント) - 2020年の復活特番を担当。
ナレーション

設問内容・出演者[編集]

スタッフ[編集]

レギュラー放送時代[編集]

  • 構成 : 御影屋聖松井洋介 / 大井洋一松本真一、相澤のぼる、くらなり、柳しゅうへい、武田郁之輔、寺田智和、川上テッペイ、大塚博信
  • TM (テクニカルマネージャー) : 中澤健
  • TD (テクニカルディレクター) : 鳥井隆
  • カメラマン : 中野真悟
  • VE (ビデオエンジニア) : 江川英男
  • 照明 : 近藤明人
  • 音声 : 森和哉
  • ロケ技術 : 東通
  • 美術プロデューサー : 山口智広
  • 美術制作 : 羽田一成
  • 装置 : 尻無浜宏人
  • 大道具操作 : 石塚実
  • 装飾 : 後藤千鶴
  • 電飾 : コバケン
  • メカシステム : 庄子泰広
  • 持道具 : 貞中照美
  • 衣裳 : 軽石真央
  • ヘアメイク : 牧瀬典子(浜田雅功担当)、アートメイク・トキ
  • 編集 : 梶村昌彦、手塚貴幸
  • MA : 岩下順
  • 音効 : 石川良則
  • CG : 笠島久嗣
  • イラスト : 渡辺ハルコ
  • TK (タイムキーパー) : 伊藤佳加
  • デスク : 玉川宏実
  • AP (アシスタントプロデューサー) : 鈴木愛子、熊坂朋美
  • ディレクター : 斉藤崇、高橋智大、伊豆原聡、井上整、酒井甚哉、塩谷泰孝
  • 演出 : 坂本義幸
  • プロデューサー : 櫟本憲勝 / 森口尚(吉本興業)
  • CP (チーフプロデューサー) : 戸髙正啓
  • スタッフ協力 : バックアップメディア極東電視台NAVI(すべて表示無し)
  • 制作協力 : 吉本興業
  • 制作 : TBSテレビ
  • 製作著作 : TBS

2020年復活特番[編集]

  • 構成:寺田智和、大井洋一、今井健太
  • TM:荒木健一
  • TD:荒井隆之
  • VE:愛川颯太
  • カメラ:中野真悟
  • 音声:吉田洸
  • 照明:渋谷康治
  • 美術P:山口智広
  • 美術デザイン:鈴木泰斗
  • 美術制作:羽田一成、浅野美幸
  • 装置:佐藤恵美
  • 操作:津久井佑太
  • メカシステム:庄子泰広
  • 電飾:住義仁
  • アクリル装飾:青木剛
  • 装飾:中島蒼
  • メイク:田中智子
  • 音効:村松聡
  • 編集・MA:早川徹哉、三木多聞
  • 編成:上田淳也
  • 宣伝:眞鍋武、松村紗仁子
  • デスク:松崎由美
  • TK:伊藤佳加
  • リサーチ:ライターズ・オフィス
  • 技術協力:スウィッシュ・ジャパン、東京オフラインセンター
  • AD(アシスタントディレクター):一瀬航哉、清藤舞、薬師賢次郎、山崎遥加、大城未希
  • ディレクター:双津大地郎、斉藤崇、野村和矢、村居大輔、武藤勇次
  • MP(マネージメントプロデューサー):渡辺英樹
  • AP(アシスタントプロデューサー):市川舞子、菊池絢子
  • 協力P:長江康裕(吉本興業)、小室良太
  • 演出:塩谷泰孝
  • プロデューサー:坂本義幸
  • 制作協力:吉本興業シオプロ
  • 制作:TBSテレビ制作局制作1部
  • 製作著作:TBS

書籍[編集]

  • 『ウソつきバラエティー オオカミ少年 Lie or Truth』(2005年、宝島社、ISBN 978-4796647243)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
TBS 金曜0時台前半(木曜深夜)
前番組 番組名 次番組
オオカミ少年
(2004.10 - 2005.09)
Goro's Bar
(30分繰り上げ)