オオカミ少年 (テレビ番組)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
オオカミ少年
Lie or Truth
ジャンル クイズ番組 / バラエティ番組
演出 塩谷泰孝(総合演出)
双津大地郎、久野公嗣
司会者 浜田雅功ダウンタウン
ナレーター 服部伴蔵門
アナウンサー 日比麻音子(TBSアナウンサー)
製作
チーフ・
プロデューサー
坂本義幸
プロデューサー 上田淳也
制作 TBSテレビ
放送
放送国・地域日本の旗 日本
公式サイト
レギュラー第1期(深夜時代)
放送期間2004年10月7日 - 2005年9月29日
放送時間木曜日23:55 - 翌0:25
放送分30分
回数47
特別番組
放送期間2020年3月14日
2020年6月15日(再)
2020年8月14日
放送時間14:00 - 14:54
19:00 - 20:00(再)
19:00 - 20:57
放送枠土曜☆ブレイク(3月14日分)
アイ・アム・冒険少年&オオカミ少年特別編合体3時間SP(6月15日分、再)
放送分54分 → 60分 → 117分
回数3
レギュラー第2期(ゴールデン時代)
出演者ジェシー田中樹SixTONES
放送期間2021年4月16日 -
放送時間金曜日19:00 - 20:00
放送分60分

特記事項:
レギュラー第2期
初回は3時間スペシャル(19:00 - 22:00)。
テンプレートを表示

オオカミ少年 Lie or Truth』(おおかみしょうねん ライ・オア・トゥルース)は、TBS系列で2004年10月7日から断続的に放送されているクイズ番組バラエティ番組2005年9月29日のレギュラー放送(第1期)終了後長らく放送が途絶えていたが、2020年に特別番組が放送され、2021年4月16日より16年ぶりにレギュラー放送(第2期)が再開され、さらに金曜19時台のゴールデンタイムに進出した。[1]。タイトルはイソップ童話嘘をつく子供』の通称「オオカミ少年」が由来。

概要[編集]

深夜時代はあらゆるジャンルの情報がVTRで出題され、それが「ウソ」(放送上の呼称は「オオカミ少年」)か「ホント」かを二者択一で当てるクイズ。

特別番組時代は3つの選択肢の中から1つだけある「オオカミ少年」を当てるクイズ。

ゴールデン時代は深夜時代と特別番組時代の両方のクイズが出題されている。

VTRの内容は、深夜時代では有名人の意外な秘話、驚きの珍商品、深夜放送の為性風俗関連など様々であり、特別番組以降は芸能人のリアクション映像やドッキリを仕掛けた映像で知っててリアクションしているのは誰かを当てる、歌うま外国人が本当に歌っているか[注 1]、できるまで帰れない奇跡映像にチャレンジし本当にできたのかCG合成かを見抜く、映像の中で紛れ込んだ3人の芸能人はどこに隠れているのか早押しで回答、代表者1人が前に立ち動作をするために見ている物が鏡か鏡に見せかけたハリウッドザコシショウ(放送上の呼称は「ザコシ」)か見抜く(鏡ではなく猫が入った箱の場合もある)、回答者4人がターンテーブルの前に座り蓋を開け実際に高級料理を食べてるのか5円の茹でもやしを食べてるのかを残ったメンバーが回答する、ドラマのNGシーンなどからも出題される[2][3]

第1期ではVTRを補足するデータを豊田が提供するがこれを含めてウソの場合もあり、さらに掘り下げた情報を補足する「最終ジャッジVTR」も流れた。

ヒントを聞き出そうとするゲスト解答者と浜田のやり取りで、多くの場合浜田が「そこまでは知らん」と突き放すのが名物[4]

毎回数問のクイズを出題し、正解数が最も多かったゲストにはトップ賞が贈られ、賞品は出題VTRのどれかにちなんだもの等である。

  • 2004年12月30日23:45 - 翌0:55に85分間の拡大版『極太オオカミ少年 浜田ビンビン祭りSP』が放送された[5]
  • 2005年9月30日に第1期が終了し、次回は特別番組を放送すると最終回で予告された。この時、スタジオに吊るされたくす玉割りで紙テープの間から「祝1周年」の赤地の垂れを出したが、めくりの下に「最終回」という文字が隠されていた。
  • 2020年3月14日(土曜日)の14:00 - 14:54(土曜☆ブレイク枠・関東ローカル)に約14年ぶりに特別番組として放送された。この特番以降は通常のクイズ問題の他に、同クールのTBSドラマのNGシーンをクイズとして出題・放送される[6]。TBSドラマ3作品からNGシーンが流れ、その中からウソのNGシーンを当てるとういもの。事実上の『オールスター赤面申告!ハプニング大賞』シリーズの後継番組の役割も担っている。同年6月15日には『アイ・アム・冒険少年&オオカミ少年特別編合体3時間SP』(ゴールデン全国ネット)内19:00 - 20:00に3月14日放送分が再放送された[7]。また、第1期で豊田綾乃が務めていた浜田のアシスタントは、この特別番組から日比麻音子(いずれもTBSのアナウンサー)に交代している。
  • 2020年8月14日の19:00 - 20:57には『オオカミ少年2時間SP』がゴールデン全国ネットで放送された[8]
  • 2021年4月より16年ぶりにレギュラー化(第2期)。レギュラー放送枠が金曜日の19時台に設定された[1]ため、浜田は木曜日の『プレバト!!』(毎日放送の制作で2012年10月から放送中)と合わせて、TBS系列が19時台にレギュラーで放送する全国ネット番組で2夜続けてMCを務めている。また、SixTONESのメンバーから、ジェシー田中樹がレギュラー陣に加入。スタジオでクイズに解答するだけにとどまらず、出題ロケにも随時参加しているため、自身が携わったクイズの出題中には「1回休み」扱いで解答を控えさせる措置を講じている。その一方で、2020年放送の特別番組に続いて、TBSが制作する連続ドラマのPRを兼ねた3時間[9]や2時間のスペシャル版を随時編成。スペシャル版では、ドラマのキャストから一部の人物をチーム単位で解答に参加させているほか、キャストの癖・習慣・リアクションから「オオカミ少年」か「ホント」を見抜かせるクイズもドラマの撮影現場から必ず出題している。このクイズやドラマのNGシーンに関するクイズでは、出題元のドラマチームに対して、「解答を認めない代わりに、出題に対する『協力ポイント』を正解の発表後に与える」という特別ルールを適用している。

出演者[編集]

MC
アシスタント
  • 豊田綾乃(TBSアナウンサー、初代アシスタント) - レギュラー放送第1期を担当。
  • 日比麻音子(TBSアナウンサー、第2代アシスタント) - 2020年の特別番組から担当。レギュラー放送の第2期からは、番組のタイトルにちなんで、オオカミの付け耳を頭に着用しながら進行している[10]
レギュラー
ナレーション

レギュラー放送第1期[編集]

特別番組[編集]

  • 2020年3月14日
    2020年6月15日(再)
解答者 川島明IKKO佐藤栞里ファーストサマーウイカ
第1問 ○○王子
(ホント)うなぎ王子
(ウソ)インプラント王子
(ホント)タピオカ王子
第2問 TBSドラマNGシーン
(ホント)『テセウスの船
(ウソ)『病室で念仏を唱えないでください
(ホント)『恋はつづくよどこまでも
第3問 芸人と○○の再会
(ウソ)ぺこぱ松陰寺太勇と母の再会
(ホント)トム・ブラウン布川ひろきとバイト先の店長の再会
(ホント)ゾフィーサイトウナオキと生き別れた我が子の再会
  • 2020年8月14日
解答者 「今ノリにノっている!芸人チーム」
ミキ霜降り明星粗品
「今ノリにノっている!女性タレントチーム」
山之内すず・ファーストサマーウイカ・池田美優
「今ノリにノっている!オネエチーム」
IKKO・KABA.ちゃんアンミカ
「昔はノリにノっていた!芸能人チーム」
陣内智則ハライチ澤部佑Kis-My-Ft2二階堂高嗣
第1問 芸人のリアクション
(ホント)フワちゃんのカースタント
(ウソ)コロコロチキチキペッパーズナダルのスカイダイビング
(ホント)ティモンディたかぎしのビルぶら下がり
協力・・・コロコロチキチキペッパーズ西野創人、ティモンディ前田裕太
第2問 TBSドラマNGシーン
(ウソ)『私の家政夫ナギサさん
(ホント)『MIU404
(ホント)『半沢直樹
第3問 くら寿司のメニュー
(ホント)地獄のマグマグロ
(ホント)えびチーズキャラメリゼ
(ウソ)しらすニンニクマシマシ軍艦
協力・・・くら寿司、A.B.C-Z河合郁人ドランクドラゴン鈴木拓小沢真珠パンサー尾形貴弘山下真司プラス・マイナス岩橋良昌
第4問 ドッキリ
(ホント)チョコレートプラネットの海外進出&吉本退社ドッキリ(長田→松尾)
(ウソ)ハナコの菊田脱退ドッキリ(秋山・菊田→岡部)
(ホント)純烈の活動休止&紅白断念ドッキリ(小田井→LiLiCo
優勝賞品 ドラマ半沢直樹のNGシーンに出たコペルニクス社の段ボール

レギュラー放送第2期[編集]

  • PR【WEB限定】[12]
問題 オオカミ少年レギュラー出演決定ドッキリ
(ウソ)ジェシーがレギュラー出演決定をドッキリで告げられた
(ホント)田中樹がレギュラー出演決定をドッキリで告げられた

ネット局[編集]

金曜ゴールデンタイム時代
『オオカミ少年』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送時間(JST 備考・脚注
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) TBS系列 金曜 19:00 - 20:00 制作局
北海道 北海道放送(HBC)
青森県 青森テレビ(ATV)
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
長野県 信越放送(SBC)
新潟県 新潟放送(BSN)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 CBCテレビ(CBC)
近畿広域圏 毎日放送(MBS)
鳥取県島根県 山陰放送(BSS)
岡山県・香川県 RSK山陽放送(RSK)
広島県 中国放送(RCC)
山口県 テレビ山口(tys)
愛媛県 あいテレビ(ITV)
高知県 テレビ高知(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
長崎県 長崎放送(NBC)
熊本県 熊本放送(RKK)
大分県 大分放送(OBS)
宮崎県 宮崎放送(MRT)
鹿児島県 南日本放送(MBC)
沖縄県 琉球放送(RBC)

スタッフ[編集]

レギュラー放送第1期[編集]

  • 構成:御影屋聖松井洋介/大井洋一松本真一、相澤のぼる、くらなり、柳しゅうへい、武田郁之輔、寺田智和、川上テッペイ、大塚博信
  • TM:中澤健
  • TD:鳥井隆
  • カメラマン:中野真悟
  • VE:江川英男
  • 照明:近藤明人
  • 音声:森和哉
  • ロケ技術:東通
  • 美術プロデューサー:山口智広
  • 美術制作:羽田一成
  • 装置:尻無浜宏人
  • 大道具操作:石塚実
  • 装飾:後藤千鶴
  • 電飾:コバケン
  • メカシステム:庄子泰広
  • 持道具:貞中照美
  • 衣裳:軽石真央
  • ヘアメイク:牧瀬典子(浜田雅功担当)、アートメイク・トキ
  • 編集:梶村昌彦、手塚貴幸
  • MA:岩下順
  • 音効:石川良則
  • CG:笠島久嗣
  • イラスト:渡辺ハルコ
  • TK:伊藤佳加
  • デスク:玉川宏実
  • AP:鈴木愛子、熊坂朋美
  • ディレクター:斉藤崇、高橋智大、伊豆原聡、井上整、酒井甚哉、塩谷泰孝
  • 演出:坂本義幸
  • プロデューサー:櫟本憲勝/森口尚(吉本興業)
  • CP:戸髙正啓
  • スタッフ協力:バックアップメディア極東電視台NAVI(すべて表示無し)
  • 制作協力:吉本興業
  • 制作:TBSテレビ
  • 製作著作:TBS

復活特番以降[編集]

レギュラー第2期以降(レギュラー版から参加→●)

  • 構成:中野俊成堀江利幸、寺田智和、大井洋一矢野了平、今井健太・高須光聖(中野→特番第2回、堀江・矢野・高須→●)
  • TM:森和哉(第2回)
  • TD:中野真悟(特番第1・2回はカメラ)
  • VE:愛川颯丈、平子勝隆【週替り】
  • カメラ:坂口良(●)
  • 音声:宇野仁美(●)
  • 照明:渋谷康治、荻原桃子(荻原→●)【週替り】
  • 美術P:山口智広
  • 美術デザイン:鈴木泰斗
  • 美術制作:高岸夕葵(●)
  • 装置:武井恵美(●)
  • 操作:伊佐早涼太(●)
  • メカシステム:庄子泰広
  • 電飾:阿部達矢(特番第2回~)
  • アクリル装飾:青木剛
  • 装飾:青柳涼花(特番第2回~)
  • 特殊装置:朝熊智浩(●)
  • 生花装飾:猿山利昭(●)
  • 衣装:坂口みのり(●)
  • メイク:OfficeMAKISE(第2回)、田中智子
  • スタイリスト:利光英治郎(●)
  • 編集:川口善史【毎週】、林仁美、坪田伊津子【週替り】(全員→●)
  • MA:飯田太志(●)
  • イラスト:中村サトル(●)
  • 音効:中村鉄太郎(●)
  • 音楽:Stoned Soul Picnic(●)
  • 宣伝:小谷有美、落合真美(共に●)
  • デジタル宣伝:山岡将成(●)
  • 技術協力:スウィッシュ・ジャパンイングス戯音工房、東京オフラインセンター【毎週】、ジーアングル、グレートインターナショナル【週替り】(イングス・戯音→第2回、ジー・グレート→●)
  • デスク:松崎由美
  • TK:伊藤佳加
  • リサーチ:ライターズ・オフィス
  • 編成:高市廉(●)
  • AD:薬師賢次郎【毎週】、牧麦、田村美咲、出野義樹、中込里穂、四柳翔太、坂井美友、渡辺萌香、大平朋佳、清水藍己、吉兼郁弥、木島興貴、諸伏将大、三原千京、田上雄基、手塚貴志【週替り】(渡辺・木島→特番第2回~、牧~坂井・大平~吉兼・諸伏~手塚→●)
  • AP:木村文香、竹原由利子、佐々木華愛(オラフズ)、三谷萌乃【週替り】、常深志乃、武藤佑樹(吉本興業)【毎週】(三谷→第2回、それ以外→●)
  • キャスティングP:菊池絢子(特番はAP)
  • FD:今村光宏(シオプロ、●)【不定期】
  • 制作進行:大谷真弓(●)
  • ディレクター:田島優、佐々木卓也、甲斐絢子、降川浩史、及能貴之、津宏典、柳瀬寿明、新井孝輔(PLATFORM)、武藤勇次(シオプロ)、野上貢、石丸達也(LOGIC)、瀬津巧、久保田奈津子、早田翔【週替り】(武藤→特番第1回と●、それ以外→●)
  • 演出:双津大地郎(シオプロ)、久野公嗣、青木章浩、中西正太、斉藤崇(シオプロ)、中山健志(officeDA-NA)(双津・斉藤→特番はディレクター、それ以外→●)【週替り】
  • 担当プロデューサー:伊藤隆大、小室良太(シオプロ)、鈴木一慶(吉本興業、特番第2回~)【毎週】、好田康智、林貴恵、西原信行、市川舞子、相馬令子(クリエイターズボックス)、名田雅哉(officeDA-NA)、原田里美【週替り】(小室・鈴木→特番第2回は協力P、市川→特番はAP、それ以外→●)
  • 総合演出:塩谷泰孝(シオプロ、特番は演出)
  • プロデューサー:上田淳也(特番は編成)
  • チーフプロデューサー:坂本義幸(特番はプロデューサー)
  • 制作協力:シオプロ、Kimika、UNITED PRODUCTIONS、officeDA-NA、吉本興業(Kimika~office→●)
  • 制作:TBSテレビ制作局制作1部
  • 製作著作:TBS

過去のスタッフ

  • TM:荒木健一(特番第1回)
  • TD:荒井隆之
  • 音声:吉田洸(特番第1回)、朝日拓郎(特番第2回)
  • 美術制作:浅野美幸、羽田一成
  • 装置:佐藤恵美
  • 操作:津久井佑太、小林健(小林→●)
  • 電飾:住義仁
  • 装飾:中島蒼(特番第1回)、田村健治(特番第2回)
  • 音効:村松聡
  • 編集・MA:三木多聞、早川徹哉、西島弘晃(三木→第1回、西島→第2回)
  • 宣伝:眞鍋武、松村紗仁子
  • MP:渡辺英樹
  • 技術協力:DEEP、だだだ、TPブレーンティ・エル・シー(全社→第2回)
  • AD:一瀬航哉、清藤舞、山崎遥加、須賀大輝、可知未央、薄衣世理奈、能元春香、古谷夢芽、大城未希(一瀬~山崎・大城以外→第2回)
  • AP:林真凛(吉本興業)(共に第2回)
  • ディレクター:中村優一郎、野村和矢、村居大輔(中村→第2回)
  • 協力P:長江康裕(吉本興業)

書籍[編集]

  • 『ウソつきバラエティー オオカミ少年 Lie or Truth』(2005年、宝島社、ISBN 978-4796647243)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「オオカミ少年」は大御所歌手による口パク歌唱。

出典[編集]

  1. ^ a b "浜田雅功MC「オオカミ少年」4月にゴールデン進出". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 11 February 2021. 2021年2月11日閲覧
  2. ^ 佐藤健&竹内涼真のNGは本物or演技!?『恋つづ』『テセウスの船』『念唱』初出しNGシーン大放出! テレビドガッチ、2020年3月13日。
  3. ^ 半沢直樹:きょう放送の「オオカミ少年」で“NGシーン”初公開! 「MIU404」「わたナギ」も MANTANWEB(まんたんウェブ)、2020年8月4日。
  4. ^ TBSクイズ番組「オオカミ少年」予告通り特番で15年ぶり復活!浜田雅功MC続投「VTRの質が…」 スポニチアネックス、2020年3月13日。
  5. ^ 浜田雅功出演情報 ORICON NEWS
  6. ^ 3月14日(土)午後2時から放送土曜☆ブレイク『オオカミ少年』MC・浜田雅功の『オオカミ少年』が15年ぶりに復活!『テセウスの船』『恋つづ』『念唱』が全面協力!秘蔵NGシーンは本物か?演技か?見破れるか!”. www.tbs.co.jp. 2020年3月14日閲覧。
  7. ^ アイアム冒険少年&オオカミ少年特別編合体3時間SP”. www.tbs.co.jp. 2020年8月16日閲覧。
  8. ^ オオカミ少年2時間スペシャル☆半沢直樹NGシーン世界初出し!MIU&ナギサさんも参戦”. www.tbs.co.jp. 2020年8月16日閲覧。
  9. ^ @ookami_tbs 2021年3月22日
  10. ^ 浜田雅功 日比麻音子アナのあざとい付け耳暴露「浜田さん、失礼します」”. デイリースポーツ (2021年4月16日). 2021年7月10日閲覧。
  11. ^ a b SixTONESジェシー&田中樹、『オオカミ少年』レギュラー出演決定 MC・浜田雅功が期待「たくさん身体張ってもらいましょ」”. ORICON NEWS (2021年2月17日). 2021年2月17日閲覧。
  12. ^ ジェシー&田中樹がTBS「オオカミ少年」でレギュラー、出演をドッキリで告げられる 音楽ナタリー、2021年2月17日。
  13. ^ 編集部 (2021年4月9日). “SixTONES・ジェシー&田中樹の“NGなし”ロケを浜田雅功が絶賛!「ふたりとも体張って頑張ってえらい!」”. M-ON! MUSIC. 株式会社エムオン・エンタテインメント. 2021年4月16日閲覧。

関連項目[編集]

TBSのNGバラエティ番組
TBS 金曜0時台前半(木曜深夜)
前番組 番組名 次番組
オオカミ少年
(2004.10 - 2005.9)
Goro's Bar
(30分繰り上げ)
TBS系列 NGバラエティ番組
オオカミ少年
-
TBS系列 金曜19:00 - 20:00
オオカミ少年
(2021.4 - )
-