オオシマウツギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
オオシマウツギ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: アジサイ科 Hydrangeaceae
: ウツギ属 Deutzia
: オオシマウツギ
D. naseana
学名
Deutzia naseana Nakai
和名
オオシマウツギ

オオシマウツギ(大島空木、学名Deutzia naseana)とは、アジサイ科ウツギ属落葉低木

概要[編集]

日本固有種奄美大島喜界島及び徳之島に分布する。また変種のオキナワヒメウツギ(var. amanoi)が沖縄島に分布する。日当たりの良い低地から山地の林縁や路傍などに生育する。

落葉低木は対生、楕円形~卵状楕円形で、長さ3-8cm、先端は鋭く尖り、基部は鈍形又は円形、葉縁には細かい鋸歯を持つ。花期は春。花序円錐花序で、茎の頂端につく。は白色で、花弁は長さ6-7mm。

変種[編集]

オオシマウツギには基本変種var. naseanaの他に2変種が確認されている。

オオバナオオシマウツギ(var. macrantha
徳之島のみに分布。オオシマウツギよりも葉は丸く、花弁の長さが8-11mmになる。
オキナワヒメウツギ(var. amanoi
沖縄島のみに分布。日当たりの良い琉球石灰岩の岩場に生育する。葉は小型で長さ2-3cm。花序に付く花の数は少なく3-7個。

保全状態評価[編集]

  • オオシマウツギ
  • オオバナオオシマウツギ
    • 鹿児島県レッドデータブック:情報不足

脚注[編集]

  1. ^ 哺乳類、汽水・淡水魚類、昆虫類、貝類、植物I及び植物IIのレッドリストの見直しについて

参考文献[編集]

  • 大野照好監修・片野田逸郎著 『琉球弧・野山の花 from AMAMI』 株式会社南方新社、1999年。
  • 沖縄県文化環境部自然保護課編 『改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(菌類編・植物編)-レッドデータおきなわ-』、2006年。
  • 鹿児島県環境生活部環境保護課編 『鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物-鹿児島県レッドデータブック植物編-』 財団法人鹿児島県環境技術協会、2003年。
  • 環境省自然環境局野生生物課編 『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 植物I』 財団法人自然環境研究センター、2000年。
  • 島袋敬一編著 『琉球列島維管束植物集覧』 九州大学出版会、1997年。
  • 多和田真淳監修・池原直樹著 『沖縄植物野外活用図鑑 第7巻 シダ植物~まめ科』 新星図書出版、1989年。