オオセッカ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
オオセッカ科
オニセッカ
オニセッカ Megalurus palustris
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Passeri
小目 : スズメ小目 Passerida
上科 : ウグイス上科 Sylvioidea
: オオセッカ科 Megaluridae
学名
Megalurida Blyth1875
シノニム
Locustellidae Bonaparte1854
英名
Grassbirds
Megalurid Warblers

オオセッカ科(オオセッカか、Megaluridae)は、鳥類スズメ目の科である。センニュウ科 Locustellidae とも。

和名に「センニュウ(仙入)」「オオギセッカ(扇雪加)」「オオセッカ(大雪加)」「ツグミモドキ(鶫擬)」を含む種などが属する。なお、セッカ同上科別科のセッカ科である。

目次

特徴

アジアアフリカオーストララシアの、主に灌木林、一部は沼地や、森林限界以上の高山に生息する[1]

多くの種の羽色はカウンターシェードしており、体の上部は褐色で、下部は白っぽい。オニセッカ属 Megalurus とセンニュウ属 Locustella の一部は上部に縞があり、オウギセッカ属 Bradypterus の一部は下部にも縞がある。ヒバリモドキ Megalurus cruralis の雄は例外的に、下部もすすけた褐色である[1]

多くの種は小型で、全長13–16cm。ただし一部は例外的に大きく、オニセッカ Megalurus palustris は22–28cmである[1]

さえずりは単純だが、近縁な種でも異なる[1]

系統と分類

科間の系統関係は Johansson et al. (2008)[2]より。clade H は彼らによる仮の系統名である。オオセッカ科の内部系統は Alström et al. (2011)[1]より。ただし、カレドニアオナガセッカ属 Megalurulus といくつかの単型属は記されていない。

clade H

ヨシキリ科 Acrocephalidae



オオセッカ科

センニュウ属 Locustella





オウギセッカ属 Bradypterus



フトオセッカ属 Schoenicola




オニセッカ属 Megalurus





ミズベマネシツグミ科 Donacobiidae



テトラカヒヨドリ科 Bernieridae




オオセッカ科はミズベマネシツグミ科・テトラカヒヨドリ科と共に単系統を作る。その3科間の系統関係はおそらく、(オオセッカ科 + (ミズベマネシツグミ科 + テトラカヒヨドリ科)) である[2]

分類史

オオセッカ科は伝統的には、ウグイス科 Sylviidae拡大したヒタキ科を採用するならヒタキ科ウグイス亜科)に分類されていた。

Sibley & Ahlquist (1985; 1990) は、現在のオオセッカ科の一部、つまり現在の分類で

ウグイス科オオセッカ亜科 Megalurinae とした。ただし、現在のオオセッカ科のいくつかの属、つまり現在の分類で

は含まれず、これらはウグイス科ヨシキリ亜科 Acrocephalinaeムシクイ類)に含まれた。

Alström et al. (2006)[3]は、センニュウ属、オウギセッカ属、オニセッカ属をオオセッカ科 Megaluridae とし、コシアカセッカを除外された。これらは、彼らが扱った属に限れば、現在の分類に一致する。また彼らは、(当時の定義での)センニュウ属とオオギセッカ属が単系統でないことも示した。

Sangster et al. (2009)[4]は、科名をセンニュウ科 Locustellidae とした。

Alström et al. (2011) などの分子系統により、いくつかの属分類が修正を受けた(あるいは修正が再確認された)[1][5]

  • オウギセッカ属 Bradypterus のうち種の約半数と、オニセッカ属 Megalurus(伝統的にはオオセッカを含むためオオセッカ属と訳されてきた)のオオセッカが、センニュウ属 Locustella に移された。
  • 単型のチャイロエミューセッカ属 Dromaeocercus(古くはハイイロエミューセッカ Amphilais を含みエミューセッカ属と訳された)は、オウギセッカ属 Bradypterus に統合された。
  • ヒバリモドキ属 Cincloramphus と単型のマルオセッカ属 Eremiornis は、オニセッカ属 Megalurus に統合された。

属と種

国際鳥類学会議 (IOC)[5]より。和名は厚生労働省[6]などより。9属57種。

出典

  1. ^ a b c d e f Alström, Per; Fregin, Silke; Norman, Janette A.; Ericson, Per G.P.; Christidis, Les; Olsson, Urban (2011), “Multilocus analysis of a taxonomically densely sampled dataset reveal extensive non-monophyly in the avian family Locustellidae”, Mol. Phylogenet. Evol. 58: 513–526, http://www.nrm.se/download/18.42129f1312d951207af800049217/Alstr%C3%B6m+et+al+Locustellidae+MPEV+2011.pdf 
  2. ^ a b Johansson, U.S.; Fjeldså, J.; Bowie, Rauri C.K. (2008), “Phylogenetic relationships within Passerida (Aves: Passeriformes): A review and a new molecular phylogeny based on three nuclear intron markers”, Mol. Phylogenet. Evol. 48: 858–876, http://www.nrm.se/download/18.7d9d550411abf68c801800015111/Johansson+et+al+Passerida+2008.pdf 
  3. ^ Alström, Per; Ericson, Per G.P.; Olsson, Urban; Sundberg, Per (2006), “Phylogeny and classiWcation of the avian superfamily Sylvioidea”, Mol. Phylogenet. Evol. 38: 381–397, http://www.nrm.se/download/18.4e1d3ca810c24ddc70380001143/Alstr%C3%B6m%2Bet%2Bal%2BSylvioidea%2BMPEV%2B2006.pdf 
  4. ^ Sangster, George; Collinson, J. Martin; Knox, Alan G.; Parkin, David T.; Svensson, Lars (2009), “Taxonomic recommendations for British birds: Sixth report”, Ibis 152: 180-186, doi:10.1111/j.1474-919x.2009.00983.x, http://www.nrm.se/download/18.494d73201246d535da780006824/Sangster+et+al+2010ip+TSC+6th+report+IBIS.pdf 
  5. ^ a b Gill, F.; Donsker, D., eds. (2012), “Old World Warblers & babblers”, IOC World Bird Names, version 3.1, http://www.worldbirdnames.org/n-warblers.html 
  6. ^ 厚生労働省, “届出対象動物の種類名リスト”, 動物の輸入届出制度, http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou12/index.html 

今日は何の日(8月24日

もっと見る