オオタチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
オオタチ
全国
オタチ - オオタチ(#162) - ホーホー
ジョウト
オタチ - オオタチ(#020) - ピチュー
基礎データ
英語名 Furret
進化体系 1進化ポケモン
進化前 オタチ
進化後 なし
世代 第2世代
ポケモン学
分類 どうながポケモン
タイプ ノーマル
高さ 1.8m
重さ 32.5kg
特性 するどいめ / にげあし
かくれ特性 おみとおし
テンプレートを表示

オオタチは、ポケットモンスターシリーズに登場する655種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

特徴[編集]

オタチの進化形。フェレットプレーリードッグに似た細長い胴を持つ。尾の先までくびれがなく、胴と尾の境目がはっきりしない。手足は短いが動作は俊敏で、愛らしい見た目とは対照的に、コラッタを襲い捕食する肉食性を持つ。巣穴はその体型に合わせた細長いものとなっており、外敵の侵入を防いでいる。奥に進めば進むほど複雑になっていく。背中側と尻尾は茶色ベージュ色の縞模様で、腹側はベージュ色。顔はベージュ色で、耳と後頭部は茶色である。

ゲームでのオオタチ[編集]

金・銀』から登場。オタチがレベル15で進化する。「すばやさ」、次いで「HP」がやや高く、「とくこう」は低い傾向にある。ダイヤモンド・パールより、相手の技を威力強で先に出す「さきどり」や、相手の攻撃を読んで放つ「ふいうち」を自力で覚えるようになり、先制攻撃を生かした戦い方を得意とするようになった。他にもトリッキーな技をいろいろ覚えるのが特徴。

また、ひでんマシンの使用により、「いあいぎり」「なみのり」「かいりき」といった、ゲームの進行に必要な「ひでんわざ」の多くを習得できる。

外伝作品でのオオタチ[編集]

ポケモンスタジアム金銀』では、ミニゲーム「オオタチのピョンピョンボール」が登場する。オオタチを操作し、次々に落ちてくるボールを跳ね飛ばして自身のゴールに導く。64GBパックを使用していて、かつプレイヤーの手持ちポケモンにオオタチがいる場合、ミニゲームに出場させることが可能である。

ポケモンコロシアム』ではダークポケモンとして登場する。パイラタウンのゴロツキ、マサが使用する。

アニメでのオオタチ[編集]

ポケモンリーグシロガネ大会の選考会でサブロウの手持ちポケモンとして登場し、サトシピカチュウと対戦する。

アドバンスジェネレーション』ではヨーコの手持ちとして登場。ドンメルの牧場で牧羊犬的役割を担っている。

映画でのオオタチ[編集]

セレビィ 時を超えた遭遇』では、傷ついたセレビィを助けたサトシ達を湖まで案内した。

ピチューとピカチュウ』では秘密基地で遊ぶポケモンの一匹だった。声優柚木涼香

七夜の願い星 ジラーチ』では、遊園地のジェットコースターになっていた。

ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ』では、幼少の頃に雪山で遭難したジャッキーが洞穴に入り、そこで寒さをしのぐポケモンに囲まれて助かった。その中にはオオタチを始め、チルットチルタリスもいた。

ギラティナと氷空の花束 シェイミ』では、冷凍ビームで氷河の崩懐を食い止めようとする野生ポケモンのうちの一種として登場した。

ポケモンカードでのオオタチ[編集]

オタチから進化する無色タイプの1進化ポケモン。初登場はポケモンカードneo第1弾、「金、銀 新世界へ...」。ポケモンカード★VSではアカネのポケモンとして登場しており、こちらはたねポケモンとなっている。

関連項目[編集]