オキナワコウバシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オキナワコウバシ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: クスノキ目 Laurales
: クスノキ科 Lauraceae
: クロモジ属 Lindera
: L. communis
変種 : オキナワコウバシ
var. okinawensis
学名
Lindera communis Hemsley var. okinawensis Hatusima
和名
オキナワコウバシ
オキナワヤマコウバシ

オキナワコウバシ(沖縄香ばし、Lindera communis var. okinawensis)とは、クスノキ科クロモジ属の常緑亜高木。別名オキナワヤマコウバシ(沖縄山香ばし)。

目次

概要

日本固有変種で、沖縄島及び石垣島に分布する。主として低地から山地の石灰岩地に生育するが、石垣島では非石灰岩地に生育する。

常緑亜高木。若枝には伏毛があるが、成長すると無毛となる。は互生、倒披針状楕円形で、長さ4~8cm、側脈は4~5対で、裏面は隆起する。葉の裏面は灰白色。傘形花序で、総花梗の長さは2~3cm、小花梗の長さは2mm、色は淡黄緑色。果実は球形で、直径6mm、熟すと深紅色になる。

保護上の位置づけ

絶滅危惧II類(VU)環境省レッドリスト

Status jenv VU.png

生育地である下記の地方公共団体が作成したレッドデータブックに掲載されている。

参考文献

  • 沖縄県文化環境部自然保護課編 『改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(菌類編・植物編)-レッドデータおきなわ-』、2006年。
  • 環境省自然環境局野生生物課編 『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 植物I』 財団法人自然環境研究センター、2000年。
  • 島袋敬一編著 『琉球列島維管束植物集覧』 九州大学出版会、1997年。
  • 初島住彦・天野鉄夫 『増補訂正 琉球植物目録』 沖縄生物学会、1994年。

今日は何の日(11月14日

もっと見る