オクトネホシクサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

?科名
クロンキスト体系
保全状態評価
情報不足(DD)環境省レッドリスト
Image:Status jenv DD.png
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
亜綱 : ツユクサ亜綱 Commelinidae
: ホシクサ目 Eriocaulales
: ホシクサ科 Eriocaulaceae
: オクトネホシクサ属(パエパランツス属)
Paepalanthus
: オクトネホシクサ P. kanaii
学名
Paepalanthus kanaii
Y.Satake
和名
オクトネホシクサ(奥利根星草)

オクトネホシクサ (Paepalanthus kanaii Y.Satake) は単子葉植物綱イネ目ホシクサ科オクトネホシクサ属に記載された植物である。

群馬県での自生が報告されていたが、奥利根のダム湖建造により自生地は消失した可能性が高い。 現在、環境省レッドデータブックでは情報不足 (DD) となっており、絶滅扱いにはなっていない。

分類上の謎

オクトネホシクサの属するオクトネホシクサ属(パエパランツス属 Paepalanthus)は国内での記載がオクトネホシクサ一種のみとなっている。

パエパランツス属は全世界で約400種にものぼりホシクサ科の中核をなしているが、その記載地のほぼ全てが中南米からアフリカ及びマダガスカル島にかけての地域で報告されており、地理的に分布域の繋がりがない日本に一種だけ記載されていることが不可解な事実となっている。

今日は何の日(10月22日

もっと見る