オスプレイ級機雷掃討艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オスプレイ級機雷掃討艇
USS Raven MHC 61 Persian Gulf.jpg
基本情報
艦種 機雷掃討艇 (MHC)
前級 ハークネス
ブルーバード級 (MSC)
要目
軽荷排水量 803トン
満載排水量 918トン
全長 57.25m
最大幅 10.95m
吃水 2.9m
機関方式 CODOE方式
主機 ・ID36 SS8V-AMディーゼルエンジン×2基
・補助電動機×2基
推進器 シュナイダープロペラ×2軸
出力 1,600馬力
速力 12 ノット (22 km/h)
航続距離 2,500海里 (12ノット巡航時)
乗員 士官2名+曹士32名+予備人員21名
兵装 ブローニングM2重機関銃×2挺
C4ISTAR AN/SYQ-13 掃海艇情報処理装置
レーダー AN/SPS-64(V)9 対水上捜索用
ソナー AN/SQQ-32 可変深度式
特殊装備 AN/SLQ-48 機雷処分具
テンプレートを表示

オスプレイ級沿岸機雷掃討艇(オスプレイきゅうえんがんきらいそうとうてい、英語: Osprey-class coastal minehunter)は、アメリカ海軍が運用していた機雷掃討艇。同型艇は12隻。

設計[編集]

当初ノルウェー海軍アルタ級掃海艇で実現したのと同様の表面効果翼船(SES)カーディナル級機雷掃討艇を計画していたが、機雷爆発により発生する衝撃に対する不安等からキャンセルされ、代わりにイタリアレリチ級機雷掃討艇英語版をベースにした本級が整備されることになった[1]。レリチ級を拡大したような外観であり、船型は長船首楼型、船体構造も同様にガラス繊維強化プラスチック(GFRP)によるモノコック構造となっている[2]

主機関としてはイソッタ・フラスキーニ社製ID36 SS8V-AM V型8気筒ディーゼルエンジンが搭載される。水中放射雑音低減のため、主機関は架台上に設置されている。また低速時には180馬力の補助電動機2基による電気推進を使用するほか、定点保持のためバウ・スラスターも備えている[2][3]

装備[編集]

装備面では、先行するアヴェンジャー級掃海艦と同様、AN/SQQ-32可変深度ソナーとAN/SLQ-48自走式機雷処分具を搭載する。ただしレリチ級やアヴェンジャー級と異なり、係維掃海具や感応掃海具は搭載せず、機雷掃討に特化している[2]

AN/SQQ-32はアメリカレイセオン社とフランスのトムソン・シントラ社により開発された機雷探知機で、機雷探知機能はレイセオン社の技術に基づいて35キロヘルツの周波数を使用しており、5本の垂直ビームによって全周にわたって海面から海底までを捜索できる。一方、機雷類別機能はトムソン・シントラ社の技術に基づいて445-650キロヘルツの周波数を使用しており、0.13度の分解能を誇っている[4]

AN/SLQ-48機雷処分具(mine neutralization system, MNS)はハネウェル社によって開発されたもので、深々度機雷に対処する必要から、海上自衛隊のS-7などと同様の母艇給電方式を採用している。運用深度は推定500メートル、速力6ノットで、機雷類別用の高解像度ソナーとビデオカメラを備えている[5]

配備[編集]

全艦2006年から2007年にかけてアメリカ海軍より退役した後、各国に引き渡されている。ギリシャ海軍エジプト海軍は各2隻を受領した。2008年4月29日トルコへ1隻引き渡すことが議会により承認された。その後、トルコに対する2隻目と台湾に対する2隻の販売が認可された。2010年9月28日、台湾に対する3隻目の輸出について米上下両院での承認が得られた。2010年9月29日に米国上院がインド海軍に対する2隻の販売を承認したとインドのメディアで報じられた。[6] [7] 2012年8月10日、台湾の左営港においてオスプレイ級2隻の台湾到着を記念する式典が挙行されたが、正式な再就役は同年10月を予定している。

同型艇一覧
 アメリカ海軍 退役後
# 艦名 造船所 就役 退役 再就役先 # 艦名
MHC-51 オスプレイ
USS Osprey
インターマリン 1993年 2006年
MHC-52 ハーロン
USS Heron
1994年 2007年  ギリシャ海軍 M64 Calypso
MHC-53 ペリカン
USS Pelican
エイボンデール 1995年 2007年 M61 Euniki
MHC-54 ロビン
USS Robin
1996年 2006年
MHC-55 オリオール
USS Oriole
インターマリン 1995年 2006年  中華民国海軍 MHC-
1310
永靖
ROCS Yung Jin
MHC-56 キングフィッシャー
USS Kingfisher
エイボンデール 1996年 2007年  インド海軍 売却承認済
MHC-57 コルモラン
USS Cormorant
1997年 2007年
MHC-58 ブラックホ-ク
USS Black Hawk
インターマリン 1996年 2007年
MHC-59 ファルコン
USS Falcon
1997年 2006年  中華民国海軍 MHC-
1311
永安
ROCS Yung An
MHC-60 カーディナル
USS Cardinal
1997年 2007年  エジプト海軍 Shareen
MHC-61 レイヴン
USS Raven
1998年 2007年 al Faruq
MHC-62 シュライク
USS Shrike
1999年 2007年

出典[編集]

  1. ^ GlobalSecurity.org MSH-1 CARDINAL Minesweeper Hunter
  2. ^ a b c 「世界の代表的対機雷戦艦艇 (特集 新しい対機雷戦)」、『世界の艦船』第631号、海人社、2004年9月、 74-81頁、 NAID 40006349315
  3. ^ Norman Polmar (2005). The Naval Institute guide to the ships and aircraft of the U.S. fleet. Naval Institute Press. ISBN 9781591146858. http://books.google.co.jp/books?id=8MwyTX-iA2wC. 
  4. ^ 黒川武彦「センサー (現代の掃海艦艇を解剖する)」、『世界の艦船』第427号、海人社、1990年10月、 88-91頁。
  5. ^ 大平忠「機雷処分具 (現代の掃海艦艇を解剖する)」、『世界の艦船』第427号、海人社、1990年10月、 96-99頁。
  6. ^ US Senate OKs transfer of two minehunters to India
  7. ^ US senate approves sale of 2 Osprey-class minehunters to India