オックスフォーディアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
地質時代 - 顕生代[* 1][* 2]
累代 基底年代
Mya[* 3]
顕生代 新生代 第四紀 2.58
新第三紀 23.03
古第三紀 66
中生代 白亜紀 145
ジュラ紀 201.3
三畳紀 251.902

古生代 ペルム紀 298.9
石炭紀 358.9
デボン紀 419.2
シルル紀 443.8
オルドビス紀 485.4
カンブリア紀 541
原生代 2500
太古代(始生代) 4000
冥王代 4600
  1. ^ 基底年代の数値では、この表と本文中の記述では、異なる出典によるため違う場合もある。
  2. ^ 基底年代の更新履歴
  3. ^ 百万年前

オックスフォーディアン: Oxfordian)は、国際層序委員会英語版によって定められた地質学用語である、地質時代名の一つ。1億6350万年前(誤差100万年)から1億5730万年前(誤差100万年)にあたる、後期ジュラ紀の最初の期である。前の期は中期ジュラ紀最後の期カロビアン、続く期は後期ジュラ紀2番目の期キンメリッジアン[1]

なお、「オックスフォード」「オックスフォーディアン」という名称があるが、これらは時代を示すものではない。「階」は地層に対して当てられる単位(層序名)であり、層序名「オックスフォード、オックスフォーディアン」と時代名「オックスフォード、オックスフォーディアン」は対を成す関係である。

層序学的定義[編集]

周期的に変わるオックスフォーディアンの石灰岩(明色でよりコンピーテント)と泥灰土/粘土層。スイスジュラ山脈タヴァネス英語版Péry-Reuchenette にて。

オックスフォーディアン階は1815年ごろにウィリアム・スミスにより「固い粘土と頁岩」("Clunch Clay and Shale") 、1818年にW・ブックランドにより「森あるいは沼地の粘土」("Oxford, Forest or Fen Clay") と表現された。1844年にはアルシド・ドルビニが論文中でオックスフォーディアンという用語を正式に導入した。オックスフォーディアンという名称はイングランドの都市オックスフォードから派生したもので、オックスフォードでは単層が良く卓越している。ただし、オックスフォーディアン階はオックスフォードに留まらずドーセットからヨークシャーの海岸までほぼ連続して露出し、一般に低く広い谷を形成している。特にウェイマス、オックスフォード、ベッドフォードピーターバラスカーブラ露頭が顕著である。オックスフォーディアン期の岩石はイギリスの Uig やスカイ島でも産出する[2]

日本において[編集]

富山県有峰地域に分布する手取層群有峰層がオックスフォーディアン階に相当し、アンモナイトベレムナイトが産出する[3][4][5]。また、手取層群の山原坂層(福井県)もオックスフォーディアン階に相当する。バトニアンからオックスフォーディアンにかけては海進が起きており、福井県九頭竜地域の貝皿層(バトニアン - カロビアン)と山原坂層、富山県の有峰層はその海進期にあたる。山原坂層は貝皿層や御手洗層(チトニアン)で見られない三角貝が産出する[4]

福井県大野市に所在する和泉郷土資料館では、2018年7月20日から11月4日にかけて同館が所蔵する後期ジュラ紀の化石の企画展が開催され、オックスフォーディアン期のアンモナイト化石が初公開された[6]

出典[編集]

  1. ^ INTERNATIONAL CHRONOSTRATIGRAPHIC CHART(国際年代層序表)”. 日本地質学会. 2020年3月5日閲覧。
  2. ^  この記述にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Howe, John Allen (1911). "Oxfordian". In Chisholm, Hugh (ed.). Encyclopædia Britannica (英語). 20 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 415.
  3. ^ 佐藤正; 山田敏弘; 蜂矢喜一郎. “富山県富山市有峰の手取層群有峰層からの後期ジュラ紀オックスフォーディアン期のアンモナイト群集(2)”. 化石の友 (東海化石研究会) 62: p15-27. ISSN 03893847. 
  4. ^ a b 佐野晋一、伊庭靖弘、伊佐治鎭司、浅井秀彦、シューバ・オクサナ・S「日本における白亜紀最初期のベレムナイトとその古生物地理学的意義」『地質学雑誌』第121巻第2号、日本地質学会、2015年、 71-79頁、 doi:10.5575/geosoc.2014.0006閲覧は自由
  5. ^ 後藤道治, 藤田将人, 平澤聡, 佐藤正「富山県有峰地域の有峰層から産出した後期ジュラ紀アンモノイド」『富山市科学博物館研究報告』第42号、富山市科学博物館、2018年、 1-13頁、 ISSN 1882-384XNAID 120006631864
  6. ^ 和泉郷土資料館企画展 ジュラシック・アンモナイト -オックスフォーディアンの海-”. 大野市. 2020年3月5日閲覧。