オットー・コールラウシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オットー・ルードヴィヒ・ベルンハルト・コールラウシュ(Otto Ludwig Bernhard Kohlrausch、1811年3月20日 - 1854年11月14日)はドイツの内科医、外科医。バルメン出身。

ボン大学自然科学を学び、ゲッティンゲン大学で医学を学んだ。コペンハーゲンとロンドンの病院に往診し、1835年にハノーファーで開業した[1]。1841年に政府に代わりバート・レーブルフヘルススパを設立した。

彼は、科学者や学者の著名な家族の1人である。おじは有名な物理学者フリードリッヒ・コールラウシュ(1840年 – 1910年)である。コールラウシュの弁はこの人物の名前にちなんで名づけられた(直腸横ヒダともいわれる)。他にも彼の名前に関連した解剖学的構造にはコールラウシュの筋肉があり、直腸壁の縦走筋を指すのに用いられる[2]

主な著書[編集]

  • Physiologie und Chemie in ihrer gegenseitigen Stellung (Physiology and chemistry in complementary positions); (Göttingen 1844).
  • Zur Anatomie und Physiologie der Beckenorgane (The anatomy and physiology of the pelvic organs); (Leipzig 1854).[3]

脚注[編集]