オットー・シュトルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オットー・シュトルツ
Otto Stolz.jpeg
生誕 (1842-05-03) 1842年5月3日
 オーストリア ハル・イン・チロル (en)
死没 1905年10月25日(1905-10-25)(63歳)
 オーストリア インスブルック
居住  オーストリアドイツの旗 ドイツ
国籍  オーストリア
研究分野 数学
解析学代数幾何学
出身校 インスブルック大学
ウィーン大学
主な業績 シュトルツ=チェザロの定理
アルキメデスの公理の衆知
プロジェクト:人物伝

オットー・シュトルツOtto Stolz1842年5月3日1905年10月25日)はオーストリア数学者である。日本語ではしばしばオットー・ストルツの表記もみられる。

シュトルツは幼少-少年期をハル・イン・チロルインスブルックで過ごした。1860年よりインスブルック大学 (en) で科学を学び、当初より数学に興味を示した。1863年からはウィーン大学の大学院に進み1864年に博士学位を授与される。1869年、ベルリン大学カール・ワイエルシュトラスエルンスト・クンマーレオポルト・クロネッカーに学んだ。1872年よりインスブルック大学の教授[1]

アルキメデスの公理はシュトルツによって広く世に知らしめられた。 シュトルツは解析学、特に無限大の概念に関する業績がある。シュトルツ=チェザロの定理の名称はオットー・シュトルツに因むものである。

参考文献[編集]

  1. ^ http://www.gap-system.org/~history/Biographies/Stolz.html