オットー・フロイツハイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オットー・フロイツハイム
Otto Froitzheim
Tennis pictogram.svg
Otto Froitzheim 1913.jpg
オットー・フロイツハイム
基本情報
フルネーム Otto Froitzheim
国籍 ドイツの旗 ドイツ帝国
出身地 シュトラースブルク
生年月日 (1884-04-24) 1884年4月24日
没年月日 (1962-10-27) 1962年10月27日(78歳没)
利き手
4大大会最高成績・シングルス
全仏 ベスト8(1927)
全英 準優勝(1914)
4大大会最高成績・ダブルス
全仏 3回戦(1930)
全英 2回戦(1912)
獲得メダル
男子 テニス
オリンピック
1908 ロンドン シングルス
テンプレート  プロジェクト テニス

オットー・フロイツハイムOtto Froitzheim, 1884年4月24日 - 1962年10月27日)は、ドイツの男子テニス選手。1908年ロンドンオリンピック男子シングルスで銀メダルを獲得している。

来歴[編集]

1908 ロンドン五輪に24歳で出場した。シングルスの決勝でイギリスのジョシア・リッチーに 5-7, 3-6, 4-6 で敗れ銀メダルを獲得した。

ウィンブルドンでは1914年ウィンブルドン選手権で男子シングルスの準優勝がある。

1962年10月27日、78歳で亡くなった。

出典[編集]