オットー1世 (ヴァイマール=オーラミュンデ伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オットー1世
Otto I.
ヴァイマール=オーラミュンデ伯
マイセン辺境伯
テューリンゲン辺境伯
在位 1062年 - 1067年

死去 1067年
配偶者 アデール・ド・ルーヴァン
子女 アーデルハイト
オーダ
クニグンデ
家名 ヴァイマール家
父親 ヴァイマール伯ヴィルヘルム3世
母親 オーダ・フォン・ラウジッツ
テンプレートを表示

オットー1世Otto I., 生年不詳 - 1067年)は、ヴァイマール=オーラミュンデ伯(在位:1062年 - 1067年)、マイセン辺境伯テューリンゲン辺境伯(在位:同)。ヴァイマール伯ヴィルヘルム3世とラウジッツ辺境伯ティートマール2世の娘オーダの息子で、ヴィルヘルム4世の弟。

レニエ家のレニエ・ド・ルーヴァンの娘と推測されるアデール(1083年没)と結婚した。父レニエはルーヴァン伯ランベール1世の息子であり、母親はフランドル伯ボードゥアン4世とおそらくその後妻のエレオノール(ノルマンディー公リシャール2世娘)の娘である。アデールはオットー1世の死後の1070年にヴェッティン家の下ラウジッツ辺境伯デド1世(1075年没、母オーダの再婚相手)と結婚した。

子女[編集]

アデールとの間の子は女子のみであった。

参考文献[編集]

  • Heinrich Theodor Flathe (1887), "Otto, Markgraf von Meißen", Allgemeine Deutsche Biographie (ADB) (in German), 24, Leipzig: Duncker & Humblot, p. 704
先代:
ヴィルヘルム
マイセン辺境伯
1062年 - 1067年
次代:
エクベルト1世