オディーン・スキーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オディーン・スキーン Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム オディーン・アンソニー・スキーン
ラテン文字 Odean Skeen
国籍 ジャマイカの旗 ジャマイカ
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 100m
所属 アメリカ合衆国の旗 オーバーン大学
大学 アメリカ合衆国の旗 オーバーン大学
生年月日 (1994-08-28) 1994年8月28日(24歳)
出身地 ジャマイカの旗 セント・キャサリン教区
身長 173cm
体重 57kg
自己ベスト
60m 6秒56 (2017年)
100m 9秒98 (2017年)
200m 20秒84 (2010年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

オディーン・アンソニー・スキーンOdean Anthony Skeen[1]1994年8月28日 ‐ )は、ジャマイカセント・キャサリン教区出身の陸上競技選手。専門は短距離走100mで、9秒98の自己ベストを持つ。15歳の時に2010年モンクトン世界ジュニア選手権男子4×100mリレーで銀メダル、2010年シンガポールユースオリンピック男子100mで金メダルを獲得するなど、若い頃には多くの国際大会で活躍した選手である。

経歴[編集]

ユース時代[編集]

2010年3月にチャンプス (en(10-19歳が対象のジャマイカの全国学校対抗陸上競技大会)のクラス2でスプリント2冠(男子100mと200m)を達成すると[2]、4月のカリフタゲームズ (enと7月の中央アメリカ・カリブジュニア選手権 (enではU17でスプリント3冠(男子100mと200と4×100mリレー)を達成した[3][4]

16歳の誕生日を約1か月後に控えた2010年7月下旬にはモンクトン世界ジュニア選手権に出場し、ユース選手ながらカテゴリーが1つ上の大会で世界大会デビューを果たした。出場した男子4×100mリレーではメンバー唯一のユース選手として臨むと、予選と決勝でジャマイカチームの3走を務め、決勝ではアメリカ(38秒93)に次ぐ2位(39秒55)で銀メダル獲得に貢献した[5]

新設された2010年8月のシンガポールユースオリンピックで世界大会個人種目に初出場を果たした。出場選手の中で今季ユース世界ランク2位(10秒46)として男子100mに臨むと、18日の予選は10秒63(-1.5)をマークし、当時ユース世界ランク1位(10秒39[注 1])のデイビット・ボラリンワ英語版がマークした10秒62(-0.2)に次ぐ全体2位で決勝に進出した。16歳の誕生日を1週間後に控えた21日の決勝では10秒42(+0.1)の自己ベスト(当時)をマークし、梨本真輝やデイビット・ボラリンワ(ともに10秒51)らを抑えて初の世界タイトルを獲得した[6][7]。22日の男子メドレーリレーではアメリカ大陸チームの2走を務め、1分51秒38で優勝に貢献した[8]

2011年シーズンはハムストリングスの怪我に苦しみ、7月のリール世界ユース選手権はハムストリングスの怪我を悪化させたため男子100mを直前で欠場すると[9]、男子200mには出場して予選を突破したものの、準決勝でフライングを犯し失格に終わった[10]

ジュニア時代[編集]

2012年6月16日のジャマイカジュニア選手権男子100m決勝で10秒24(+2.2)をマークし、追い風参考記録ながら自己ベストを上回るタイムで優勝を飾った[11]。同月30日の中央アメリカ・ジュニア選手権男子4×100mリレー決勝ではジャマイカチームの1走を務め、大会記録となる39秒39で優勝に貢献した[12]

2012年7月のバルセロナ世界ジュニア選手権には男子100mと男子4×100mリレーに出場した。男子100mは10日の予選を組1着となる10秒50(0.0)で突破するも、翌日の準決勝は10秒43(+1.3)の組3着に終わり、着順での突破はならずタイムで拾われて決勝に進出した。迎えた決勝ではアダム・ジェミリ英語版が10秒05(+0.1)の大会新記録を樹立した中、10秒28の自己ベスト(当時)をマークして銅メダルを獲得した[13]。前回大会に続いて出場した男子4×100mリレーではジャマイカチームの2走を務めると、14日の決勝では優勝したアメリカに0秒30及ばなかったものの、38秒97のジュニアジャマイカ新記録樹立と銀メダル獲得に貢献した[14]

サウス・プレインズ大学時代[編集]

2014年5月の全米短期大学選手権(NJCAA選手権)に出場すると、男子100m決勝で10秒14(+0.9)の自己ベスト(当時)をマークし、アンドレ・ドグラスに0秒01差で競り勝ち優勝した。アンカーを務めた男子4×100mリレーでも39秒55で優勝に貢献し、大会2冠を達成した[15]

2015年3月7日の全米短期大学室内選手権(NJCAA室内選手権)男子60m決勝を6秒56の自己ベストで制した[16]。5月の全米短期大学選手権男子100mは決勝でフライングを犯し2連覇を逃した[17]

オーバーン大学時代[編集]

2017年4月22日にオーバーン大学で行われたウォー・イーグル招待(War Eagle Invitational)男子100m予選において9秒98(+2.0)の自己ベストをマークし、10秒の壁を突破した[18]

2017年6月の全米学生選手権(NCAA選手権)には男子100mと男子4×100mリレーに出場すると、1走を務めた男子4×100mリレーは38秒48の2位に貢献した。男子100mは決勝進出ラインが10秒03というハイレベルなものとなった予選を10秒03(+0.8)で突破したが、100m決勝の前に行われた4×100mリレー決勝で負傷したため、10秒97(-2.1)の8位に終わった[19][20]

2017年6月23日のジャマイカ選手権男子100m準決勝を全体3位の10秒07(+0.5)で突破したが、決勝は負傷し途中棄権に終わった[21][22]

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風、-は向かい風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 9秒98 (+2.0) 2017年4月22日 アメリカ合衆国の旗 オーバーン
200m 20秒84 (+1.2) 2010年4月5日 ケイマン諸島の旗 ジョージタウン
室内
55m 6秒19 2015年1月30日 アメリカ合衆国の旗 ラボック
60m 6秒56 2015年3月7日 アメリカ合衆国の旗 アルバカーキ

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2009 カリフタゲームズ (en (U17) セントルシアの旗 ビュー・フォール 4x100mR 優勝 40秒76 (2走) 大会記録
2010 カリフタゲームズ (en (U17) ケイマン諸島の旗 ジョージタウン 100m 優勝 10秒53 (+0.6)
200m 優勝 20秒84 (+1.2) 大会記録
4x100mR 優勝 41秒62 (2走)
中央アメリカ・カリブ
ジュニア選手権 (en (U17)
ドミニカ共和国の旗 サントドミンゴ 100m 優勝 10秒84 (-2.3)
200m 優勝 21秒64 (-2.1)
4x100mR 優勝 40秒88 (2走)
世界ジュニア選手権 カナダの旗 モンクトン 4x100mR 2位 39秒55 (3走)
ユースオリンピック (en シンガポールの旗 シンガポール 100m 優勝 10秒42 (+0.1) 自己ベスト
メドレーR 優勝 1分51秒38 (2走) アメリカ大陸代表
2011 世界ユース選手権 (en フランスの旗 リール 200m 準決勝失格 DQ 予選21秒75 (-0.9)
2012 中央アメリカ・カリブ
ジュニア選手権 (en
エルサルバドルの旗 サンサルバドル 4x100mR 優勝 39秒39 (1走) 大会記録
世界ジュニア選手権 スペインの旗 バルセロナ 100m 3位 10秒28 (+0.1) 自己ベスト
4x100mR 2位 38秒97 (2走) ジュニアジャマイカ記録

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 出場していない選手を含めると世界ランク1位タイ

出典[編集]

  1. ^ Watch Wolmer's”. Jamaica Observer. 2010年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月26日閲覧。
  2. ^ Despite injury, Skeen keen to play 'a role' for Wolmer's Boys”. Jamaica Gleaner (2011年3月22日). 2017年4月26日閲覧。
  3. ^ Gordon and James steal the show at CARIFTA Games”. 国際陸上競技連盟 (2010年4月7日). 2017年4月26日閲覧。
  4. ^ Juniors ready for Moncton as Jamaica dominates CAC Junior Champs”. 国際陸上競技連盟 (2010年7月6日). 2017年4月26日閲覧。
  5. ^ 第13回世界ジュニア選手権男子4×100mリレー決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2010年7月24日). 2017年4月26日閲覧。
  6. ^ 第1回ユースオリンピック男子100m決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2010年8月21日). 2017年4月26日閲覧。
  7. ^ Skeen and Bengtsson deliver on Singapore expectations – Youth Olympic Games, Day 4”. 国際陸上競技連盟 (2010年8月21日). 2017年4月26日閲覧。
  8. ^ 第1回ユースオリンピック男子メドレーリレー決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2010年8月23日). 2017年4月26日閲覧。
  9. ^ Skeen out of 100m at World Youth Championship”. RJR News (2011年7月6日). 2017年4月26日閲覧。
  10. ^ Todd seeks second gold medal”. Jamaica Observer (2011年7月10日). 2017年4月26日閲覧。
  11. ^ Skeen, Spencer cop 100s at Trials”. Jamaica Observer (2012年6月17日). 2017年4月26日閲覧。
  12. ^ JA on top with 30 medals at CAC Juniors”. Jamaica Observer (2012年7月2日). 2017年4月26日閲覧。
  13. ^ 第14回世界ジュニア選手権男子100m決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2012年7月11日). 2017年4月26日閲覧。
  14. ^ 第14回世界ジュニア選手権男子4×100mリレー決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2012年7月14日). 2017年4月26日閲覧。
  15. ^ South Plains sweeps Men's and Women's Outdoor Track & Field Championships for fifth time in six years”. 全米短期大学体育協会 (2014年5月18日). 2017年4月26日閲覧。
  16. ^ Jamaica Athletics: Skeen, Gordon win at NJCAA Indoor Championships”. Digicel SportsMax (2015年3月9日). 2017年4月26日閲覧。
  17. ^ 2015年全米短期大学選手権男子フルリザルト”. TFRRS (2015年5月). 2017年4月26日閲覧。
  18. ^ Odean Skeen becomes 15th Jamaican man to go under 10:00 secs in 100m”. Jamaica Observer (2017年4月22日). 2017年4月26日閲覧。
  19. ^ Auburn men finish fifth at NCAA Outdoor Championship”. オーバーン大学 (2017年6月10日). 2017年6月26日閲覧。
  20. ^ 2017年全米学生選手権リザルト”. 全米大学体育協会 (2017年6月26日). 2017年6月26日閲覧。
  21. ^ JAAA National Senior Champs: Thompson, Blake win 100m”. Jamaica Gleaner (2017年6月23日). 2017年6月26日閲覧。
  22. ^ 2017年ジャマイカ選手権リザルト”. ジャマイカ陸上競技連盟 (2017年6月26日). 2017年6月26日閲覧。