オトナカレッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オトナカレッジ
ジャンル 教養・趣味/経済・ビジネス
放送方式 生放送
放送期間 2013年10月1日 - 2016年3月25日
放送時間 火曜 - 金曜 20:00 - 22:00(120分)
放送局 文化放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ 砂山圭大郎
出演 田原総一朗ほか
公式サイト 公式サイト
特記事項:
例年10月 - 3月は上記時間帯で、定時放送。4月 - 9月は『文化放送ライオンズナイター』の中継カードがない日の『ライオンズナイターSET UPスペシャル』として、1 - 2ヶ月に1回程度放送。
テンプレートを表示
朝活版オトナカレッジ
ジャンル 教養・趣味/経済・ビジネス
放送期間 2016年7月3日 - 2017年6月25日
放送時間 日曜 6:05 - 6:20(15分)
放送局 文化放送
パーソナリティ 砂山圭大郎
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

オトナカレッジは、2013年10月1日から2016年3月25日まで、下半期(10月 - 3月)限定で放送されていた、文化放送ラジオ番組である。

本番組の後継として2016年7月3日から2017年6月25日まで放送された「朝活版オトナカレッジ」(あさかつばんオトナカレッジ)についても本稿に記載する。

番組内容[編集]

本番組のコンセプトは「大人が楽しく学べる ラジオ番組」。毎回、リスナーの関心が高い事柄をテーマに取り上げ、それらの専門家を講師に迎え、講義を展開していく。ナイターオフ シーズンのレギュラー放送では、年度ごとに一部のコメンテーターを入れ替えて放送している。

20時台は「趣味・教養・実用」をテーマにスポーツ、教養、トレンド情報、トラベルなどバラエティに富んだ「学科」を設け、身近で楽しい話題を紹介する。

21時台は「経済・ビジネス」をテーマに、経済、ビジネスに関する幅広い話題を気鋭の講師陣が明快に講義する。

また、2013年9月まで放送された田原総一朗の冠番組『田原総一朗 オフレコ!』も、本番組の月1回の特別企画『オトナカレッジ スペシャル 田原総一朗 オフレコ!』として放送する。

ナイターシーズン中は、文化放送のみのローカル放送として埼玉西武ライオンズプロ野球中継が行われない日に、『ライオンズナイターSET UPスペシャル』として不定期で放送されていた(『田原総一朗 オフレコ!』も「オトナカレッジ スペシャル」の冠を外し、同様の形態で放送)。なお、ネット局の放送は、ナイターオフ シーズンのみであった。

2016年10月度から新番組『情報ミックスバラエティ パズル』を18 - 20時台に編成するため、従来のワイド番組としては2016年3月いっぱいで終了となった。同年4月以降のナイターシーズンにおいても『オフレコ!』を除いて『SET UPスペシャル』としての放送は実施されなくなったが、7月より日曜未明4:30 - 5:00に後継番組『朝活版オトナカレッジ』を文化放送ローカルで編成することになった。その後、10月からは放送時間を短縮して日曜早朝6:05 - 6:20に移動。2017年6月18日に6月25日放送分で番組を終了することが発表された。

出演者[編集]

パーソナリティ

2015年度[編集]

20時台 コメンテーター
  • 火曜日「マネー学科[1]」:神門学(ダイヤモンドZAi編集長[2]
  • 水曜日「教養学科」(週替り)
  • 木曜日「健康学科」:水島広子(精神科医、隔週)、笠井奈津子(栄養士・食事カウンセラー、隔週)
  • 金曜日「世界史学科」:茂木誠(駿台予備学校・世界史科講師)
21時台 コメンテーター
  • 火曜日:飯田泰之明治大学政治経済学部准教授 2014年度までは木曜日担当)
  • 水曜日:泉恵理子(日経ビジネスアソシエ編集長。2014年度から出演)
  • 木曜日:特別講師(週替り) - 永井孝尚(マーケティング戦略アドバイザー)や、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの研究員・コンサルタントが出演。
  • 金曜日:牛窪恵(マーケティングライター、月1回程度出演 2014年度は木曜日20時台「トレンド学科」担当)、鳥海高太朗(航空・旅行アナリスト・帝京大学非常勤講師、月2回程度出演 2014年までは金曜日20時台「トラベル学科」担当)[3]
スペシャル版 コメンテーター
オビナビ
  • 小尾渚沙(文化放送アナウンサー) - 内包番組「就職戦士ブンナビ!」のパーソナリティも担当。

オトナカレッジ スペシャル 田原総一朗 オフレコ![編集]

スペシャル パーソナリティ
  • 田原総一朗(放送開始当初、本番組では「学長」として出演)※不定期出演 - 『田原総一朗 オフレコ!』『田原総一朗 オフレコ! スペシャル』に引き続いての出演。
進行アシスタント

過去の出演者[編集]

20時台 コメンテーター
  • 佐藤友紀(レポーター、2013年度 隔週木曜日[4]担当)
  • 有村昆(映画コメンテーター、2013年、14年度 水曜日20時台・シネマ学科[5]担当)
  • 久我尚子(ニッセイ基礎研究所准主任研究員、2014年度から月1回程度出演 木曜日20時台・トレンド学科担当)
21時台 コメンテーター
  • 夏野剛(慶應義塾大学環境情報学部客員教授、2013年度 水曜日担当)
  • 原英次郎(ダイヤモンド・オンライン編集長。2014年度から月1回出演、金曜日担当)
    • この他、2014年度は企業経営者やビジネス書著者が出演する事もあった。
「オトナカレッジ スペシャル 田原総一朗 オフレコ!」進行アシスタント
  • 吉田涙子(文化放送アナウンサー(当時)、2013年度)

放送時間[編集]

ナイターオフ シーズン[編集]

文化放送ではパ・リーグ クライマックスシリーズ、日本シリーズ期間中、『文化放送スポーツスペシャル』としての野球中継により休止の場合あり。この場合は21時台のみ制作し、野球中継を行わない局向けに裏送りを行う。

また、番組21時台本編と、2013年度の内包番組「どんぐりラジオ」の双方をネットする地方局は存在しなかった。

21:50で飛び降りの放送局の多くは21:50-22:00の時間帯に『スポーツ伝説』(ニッポン放送制作)を放送している。

ナイターシーズン[編集]

2014・2015年度(SET UPスペシャル)
放送対象地域 放送局 放送日時
関東広域圏 文化放送(制作局) 2014年4月29日(火) 20:00 - 21:30 JST
2014年5月16日(金) 19:00 - 21:00 JST
2014年6月5日(木) 20:00 - 21:30 JST
2014年7月4日(金) 20:00 - 21:30 JST
2015年5月7日(木) 20:00 - 21:30 JST
2015年7月23日(木) 20:00 - 21:30 JST
2015年9月23日(水) 20:00 - 21:30 JST
2016・2017年度(朝活版オトナカレッジ)
放送対象地域 放送局 放送期間 放送日時
関東広域圏 文化放送(制作局) 2016年7月3日 - 9月25日 毎週日曜 4:30 - 5:00 JST
2016年10月2日 - 2017年6月25日 毎週日曜 6:05 - 6:20 JST

タイムテーブル[編集]

2015年度のもの。(2016年3月現在)
  • 20:00 オープニング
  • 20:05 趣味 教養の時間、小テスト出題
  • 20:25 FAX・メール紹介、小テスト回答
  • 20:35 曜日別コーナー - 下記コーナーのない曜日ならびに期間は、引き続きFAX・メール紹介、小テスト回答
  • 20:40
    • 水:オビナビ「小尾渚沙の資格・検定ナビ」/「小尾渚沙のPRナビ」(2015年9月30日 - )
  • 20:50 文化放送ニュース
  • 20:54 天気予報
  • 20:55 交通情報
  • 20:57 20時台 エンディング、21時台 予告
  • 21:00 経済 ビジネス学科 オープニング
  • 21:10 今日の講義(前半)
  • 21:25 今日の講義(後半)、小テスト出題
  • 21:45 FAX・メール紹介、小テスト回答
  • 21:48 今日のラストソング
  • 21:52 ニュース[11]
  • 21:54 天気予報
  • 21:56 エンディング[12]

付帯イベント[編集]

イベント版 オトナカレッジ」は、2014年度から開催されている番組付帯イベント。価値を再発見・新たに提案していく学びの場として、文化放送の番組出演者を中心に、講義形式のイベントを開催している。

  • サヘル・ローズのオトナカレッジ(2014年8月18日、文化放送)
  • 森永卓郎のオトナカレッジ(2014年11月17日、文化放送 メディアプラス ホール)
  • 佐藤優のオトナカレッジ(2014年12月22日、文化放送 メディアプラス ホール)
  • 小幡績のオトナカレッジ(2015年1月26日、文化放送)
  • 小谷実可子のオトナカレッジ(2015年2月23日、文化放送)
  • 鳥海高太朗のオトナカレッジ(2015年3月23日、文化放送)
  • フィフィのオトナカレッジ(2015年5月13日、文化放送)
  • 二木啓孝のオトナカレッジ(2015年7月30日、文化放送)
  • 泉恵理子のオトナカレッジ(2015年10月14日、文化放送)
  • 神門学のオトナカレッジ(2015年12月12日、文化放送)

関係項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2013年度は「スポーツ学科」として、週代わりのコメンテーターが出演していた。
  2. ^ 2013年度も金曜21時台の週代わりコメンテーターとして出演経験あり
  3. ^ 牛窪も鳥海も出演しない週は、ゲスト コメンテーターが出演する。
  4. ^ 牛窪と隔週交代で出演
  5. ^ 2013年度は「文化教養学科」として放送。映画以外を題材とする場合は、ゲスト コメンテーターが出演していた。
  6. ^ カーボンオフセット普及・促進「どんぐりポイント」のラジオ番組放送開始!『久保純子のどんぐりラジオ』 - 文化放送公式サイト 2013年12月10日閲覧。
  7. ^ 文化放送より、約1時間先行して放送
  8. ^ 文化放送より、2日遅れで放送
  9. ^ 文化放送より、4日先行して放送。
  10. ^ 新ラジオ番組「わかさ生活プレゼンツ 角谷建耀知の出来ることから始めよう!」放映開始 - PR TIMES、2015年9月28日(2016年2月28日閲覧)
  11. ^ 20時台に同じく、実質的に「文化放送ニュース」であるが、全国ネットの時間帯ということもあり、「文化放送ニュース」のタイトルは使用していない
  12. ^ エンディングの使用BGMはT-SQUAREの「A-DISTANCIA」(KBS京都制作『KEIBAワンダーランド』のパドックでも使用していた時期があった)である。
文化放送 ナイターオフ 火曜日-金曜日20:00 - 21:00
前番組 番組名 次番組
オトナカレッジ
文化放送 ナイターオフ 火曜日21:00 - 21:30
原幹恵 ゆる☆ふわ
(金曜日深夜26:30 - 27:00へ移動)
オトナカレッジ
文化放送 ナイターオフ 水曜日21:00 - 22:00
オトナカレッジ
文化放送 ウェンズデープレミアム
(19時台から再移動)
文化放送 ナイターオフ 木曜日21:00 - 21:30
オトナカレッジ
文化放送 ナイターオフ 金曜日21:00 - 21:30
就職戦士ブンナビ!
(木曜に移動後、本番組へ内包)
オトナカレッジ
古川雄輝 unknown radio
(水曜21:30枠から移動)
文化放送 火曜日21:30 - 22:00
2013年度 - 2015年度
近藤真彦 くるくるマッチ箱[1]
火曜日19:30 - 20:00へ移動
オトナカレッジ
2014年度 - 2016年度
近藤真彦 くるくるマッチ箱
(従前の時間帯に復帰)
文化放送 水曜日21:30 - 22:00
2013年度 小野恵令奈 ふぉん・で・りんく
(ナイターオフ 水曜日19:30 - 20:00へ移動)
2014年度 我が家とチキパのガヤガヤパレード
2015年度 MAU LISTEN TO THE EARTH
(ナイターオフ 木曜日19:00 - 19:30へ移動)
オトナカレッジ
2014年度 我が家とチキパのガヤガヤパレード
(ナイターオフ 水曜日19:00 - 19:30から移動)
2015年度 MAU LISTEN TO THE EARTH
(『楽器楽園〜ガキパラ〜』内包番組から独立)
2016年度 古川雄輝 unknown radio
文化放送 木曜日21:30 - 22:00
2013 - 2015年度
稲垣吾郎STOP THE SMAP[2]
木曜日19:30 - 20:00へ移動
オトナカレッジ
2014年度 - 2016年度
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP
(従前の時間帯に復帰)
文化放送 金曜日21:30 - 22:00
オトナカレッジ
2014年度 辻美優、花房里枝、高橋美衣の
美声女学園♪ 放課後ラジオ部
2015・2016年度 私立恵比寿中学 放送部
文化放送 日曜早朝4:30 - 5:00
前番組 番組名 次番組
島田陽子ワクワクモーニング
朝活版オトナカレッジ
鈴木純子の遊々ミュージック
文化放送 日曜早朝6:05 - 6:20
朝活版オトナカレッジ
チャールズ・スタンレー博士「インタッチ」
NRN ナイターオフ 火曜日-金曜日21:00 - 22:00
前番組 番組名 次番組
オトナカレッジ
ラジオアミューズメントパーク
  1. ^ ナイターシーズンは、この時間帯での放送を継続
  2. ^ ナイターシーズンは、この時間帯での放送を継続