オトン・フリエス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オトン・フリエス
フリエスの油絵

オトン・フリエス(Achille-Émile Othon Friesz、1879年2月6日 - 1949年1月10日)はフランスの画家である。フォーヴィスムに分類される画家の一人である。

略歴[編集]

ノルマンディー地域圏セーヌ=マリティーム県の港湾の町、ル・アーヴルで生まれた。昔から多くの造船業者や船員を出した家系である。[1]高校時代に生涯を通じて、友人となる画家のラウル・デュフィと知り合った。1895年から翌年まで、ル・アーヴルの美術学校で学んだ後、1897年から、デュフィとパリに出て、フランス国立高等美術学校で学んだ。パリではアンリ・マティスアルベール・マルケらの若い画家たちと知り合い、彼らとともに「アカデミック美術」に叛旗をひるがえし、「フォーヴィスム」の画家となった[2]。1903年にフランス芸術家協会の展覧会に出展し、1904年にサロン・ドートンヌ(従来の保守的な展覧会に対抗して創設された展覧会)に出展し、1906年にアンデパンダン展に出展した[3]

1911年から1912年の間、ポルトガルベルギードイツを旅し、ベルリン分離派の展覧会にも参加した。1913年にはニューヨークアーモリーショー(国際現代美術展)などにも参加した。スウェーデンの有力者の支援を受けたパリの美術学校、Académie Scandinaveや、私立のグランド・ショミエール芸術学校(Académie de la Grande Chaumière)などで教えた[3]。パリで没した。

参考文献[編集]

  1. ^ Gilberte Martin-Méry, Évelyne Baroux, Béatrice Touton, Raoul Dufy 1877-1953 : exposition, Galerie des Beaux-Arts, Bordeaux, 2 mai-1 septembre 1970, Bordeaux, Galerie des Beaux-Arts, 1970, 73 p.
  2. ^ Bruno Gaudichon, Joséphine Matamoros, Annette Haudiquet, Othon Friesz : le fauve baroque, 1879-1949 : exposition présentée du 17 février au 20 mai 2007, à Roubaix, à la Piscine-musée d’art et d’industrie André Diligent, du 23 juin au 30 septembre 2007 ; à Céret, au Musée d’art moderne, du 20 octobre 2007 au 27 janvier 2008 ; au Havre, au Musée Malraux, Paris, Gallimard, 2007, 295 p., p. 24, 9782070118762.
  3. ^ a b Achille-Emile Othon Friesz (1879-1949) - Galerie Delvaille