オドモTV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オドモTV
ジャンル バラエティ番組[1]
出演者 森山未來
岩井秀人
前野健太
ELEVENPLAY
高瀬耕造(NHKアナウンサー)
佐藤オオキ
真鍋大度
ほか、子供の皆さん[2]
オープニング RADWIMPS[3]
エンディング RADWIMPS[3]
時代設定 放送年度と同じ
製作
製作総指揮 (総合指導)MIKIKO川村元気[2]
制作 NHK Eテレ
放送
音声形式 ステレオ
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2018年4月7日[1]-
放送時間 土曜日19:45-19:55、土曜日6:35-6:45(再放送)[1]
放送分 10分
公式サイト
パイロット版
出演者 森山未來
岩井秀人
前野健太
ELEVENPLAY
真鍋大度
有働由美子(出演当時NHKアナウンサー)
放送期間 2017年9月16日
2017年9月23日
2017年9月30日
放送時間 土曜日19:45-19:55
放送分 10分
回数 3
RADWIMPS、9/16より放送Eテレ『オドモTV』の音楽を担当
オドモTV30分拡大スペシャル
放送期間 2018年3月18日
放送時間 16:30-17:00
放送分 30分
RADWIMPS音楽担当のEテレ「オドモTV」レギュラー化、ELEVENPLAYや前野健太ら出演

オドモTV』は、NHK Eテレで2018年4月7日より放送されているミニ番組[1][2]

概要[編集]

コドモ×オトナ=オドモTV 子供の独創性発想に大人が挑戦するバラエティ番組[4]

出演者[編集]

コーナー[編集]

  • オドモのがたり
    • 子供が自由なテーマで書いた投稿作文を子供が朗読し、前野のギター伴奏で、その作文の内容を岩井や森山が演じる[2]
  • オドモおどり
    • 少年または少女が音楽に合わせて踊ったフリーダンスを、MIKIKO振付監修でELEVENPLAYが完璧に再現。
  • オドモテック
    • 番組冒頭にも出演するれんとくんやなぎちゃんの動きをコンピュータ分析し、その動きをダイトくんがNHK放送センター内の通路で再現する。
  • オドモニュース
    • 番組宛に送られた子供に起こった出来事をニュース番組風に紹介。
  • オドモノ
    • 子供が描いたイラストを基にした物を、佐藤が作る。30分拡大スペシャルで開始。

放送日時[編集]

※放送日時はいずれも日本標準時(JST)

  • 2017年9月16日、23日、30日、2018年4月7日-
    • 土曜日19:45-19:55
    • 土曜日6:35-6:45(再放送)
  • オドモTV30分拡大スペシャル
    • 2018年3月18日16:30-17:00(再放送:2018年3月26日23:00-23:30)

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 平成30年度 NHK 総合テレビジョン 放送番組時刻表 (PDF)
  2. ^ a b c d e f g h ザテレビジョン編集部 (2017年9月17日). “トップクリエーターが集結!「オドモTV」で見せるEテレの本気”. ニュースウォーカー. KADOKAWA. 2018年4月7日閲覧。
  3. ^ a b c RADWIMPS音楽担当のEテレ「オドモTV」レギュラー化、ELEVENPLAYや前野健太ら出演”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2018年3月16日). 2018年4月7日閲覧。 / rockin’on編集部 (2017年9月5日). “RADWIMPS、9/16より放送Eテレ『オドモTV』の音楽を担当”. ロッキング・オン. 2018年4月7日閲覧。
  4. ^ オドモTVとは”. オドモTV 番組公式サイト. NHK. 2018年4月8日閲覧。

関連番組[編集]

オドモTV - NHKによる番組公式サイト