オニビシ (植物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オニビシ
Illustration Trapa natans1.jpg
Trapa natans
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フトモモ目 Myrtales
: ヒシ科 Trapaceae
: ヒシ属 Trapa
: オニビシ(広義) T. natans
変種 : オニビシ(狭義) var. japonica
学名
Trapa natans L.
var. japonica Nakai.
和名
オニビシ

オニビシ(鬼菱 Trapa natans var. japonica[1])は、ヒシ科水草

分布[編集]

日本などの東アジアに広く生育している[2]

形態、生態[編集]

オニビシの果実

一年草の浮葉植物[2]菱形で、長さ3-6cm、幅4-9cm[2]。茎の先端から葉を放射状に叢生して、水面を覆う。

果実は石果で、長さ45-70mmと大型になる[2]。果実には4本のとげをもち、胚乳にでんぷんを貯蔵している。

染色体数は2n=48[3]

近縁種[編集]

近縁種としてヒシヒメビシなどがある。ヒシやオニビシの葉の大きさは変異が大きく、確実に同定するためには果実を見る必要がある[2]。ヒシの果実にあるとげは2本である一方で、ヒメビシとオニビシの果実には4本のとげがあることで区別できる。またヒメビシに比べ、オニビシの方が大型になる。

利用[編集]

先述の通り、果実中にある胚乳にはでんぷんが貯蔵されており、食用になる。

脚注[編集]

  1. ^ 学名は角野 (1994)に準じた。
  2. ^ a b c d e 角野 (1994) pp.128-129
  3. ^ 荻沼一男、高野温子、角野康郎(1996)「日本産ヒシ科数種の核形態」植物分類・地理 47(1) pp.47-52

参考文献[編集]

関連項目[編集]