オハイオ (1953年の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オハイオ」(Ohio )は、1953年ブロードウェイミュージカルワンダフル・タウン』で使われた曲のひとつで[1]、主役の男女が、オハイオ州を離れてニューヨークへ向かうわが身を嘆いて歌う。

この曲は、レナード・バーンスタインベティ・コムデンアドルフ・グリーンの共作である[2]

オリジナルの1953年のブロードウェイ・プロダクションでは、この歌をロザリンド・ラッセルが歌った[3]。特筆すべき録音としては、1960年のアルバム『Show Time』や、後に2011年の『My Heart』にこの曲を収録したドリス・デイによるものがある。このほかにも、この曲の特筆すべきリリースとして、2010年のテレビ番組『glee/グリー』におけるキャロル・バーネットジェーン・リンチによる歌唱がある[4][5]

脚注[編集]

  1. ^ Wonderful Town”. Broadway Musical Home. 2015年5月17日閲覧。
  2. ^ Wonderful Town on the Internet Broadway Database
  3. ^ Wonderful Town 1953 production on Internet Broadway Database
  4. ^ Hunter, Scott (2010年11月8日). “Jane Lynch: Sue Sylvester's Getting Married”. Time Inc.. 2015年5月17日閲覧。
  5. ^ Suke, Heidi (2010年11月24日). “[http://www.wetpaint.com/glee/articles/carol-burnett-talks-doris-sues-nazi-hunting-passive-aggressive-mother Glee Carol Burnett Talks Doris: Sue’s Nazi-Hunting, Passive-Aggressive Mother]”. Wetpaint. 2015年5月17日閲覧。

関連項目[編集]