TAP (芸能プロダクション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
株式会社TAP
TAP INC.
種類 株式会社
略称 TAP
本社所在地 日本の旗 日本
107-0052
東京都港区赤坂五丁目5番9号
赤坂スバルビル702
北緯35度40分 東経139度44分 / 北緯35.667度 東経139.733度 / 35.667; 139.733座標: 北緯35度40分 東経139度44分 / 北緯35.667度 東経139.733度 / 35.667; 139.733
設立 1988年2月10日
(株式会社オフィス北野)
業種 サービス業
法人番号 2010401006188 ウィキデータを編集
事業内容 タレント俳優の養成・マネージメント、映画テレビ番組の企画・制作
代表者 青木隆彦代表取締役社長
資本金 1,000万円
従業員数 33人
関係する人物 ビートたけし
たけし軍団
外部リンク https://tap-1.jp/
テンプレートを表示

株式会社TAP(タップ、TAP INC.)は、東京都港区赤坂五丁目に本社がある芸能プロダクション

前名は「株式会社オフィス北野(オフィスきたの、OFFICE KITANO INC.)」で、映画会社としても事業を展開する。

概要[編集]

「オフィス北野」時代

1986年太田プロダクションを退社したビートたけしが、1988年にたけしとたけし軍団寺島進らの俳優のマネジメントを目的に設立。

お笑いライブ「オフィス北野ライブ」を定期的に開催し、ビートたけしやツービートがサプライズで出演することもあった。2014年にはビートきよしが所属タレントとなり、ツービートの2人が29年ぶりに同じ事務所に所属するようになった。

1991年の北野武(ビートたけし)監督作品『あの夏、いちばん静かな海。』で映画製作を開始し、1996年の『キッズ・リターン』からは映画配給にも乗り出した。

2015年、第68回ロカルノ国際映画祭で「ライモンド・レッツォニコ賞」(ベスト・インディペンデント・プロデューサー賞)を受賞[1]。同賞は「リスクを負って映画作家をサポートしてきた勇気を讃えることを目的とする」インディペンデントな活動を称える賞である。

2018年3月、ビートたけしが自分の事務所T.Nゴンを別に立ち上げて退社[2]

同年5月18日、つまみ枝豆(青木隆彦)とダンカン(飯塚実)が取締役に就任、但し、退任した森前社長や、たけしは取締役として名前を残している[3]。同年11月、枝豆が新社長に、ダンカンが専務取締役に就任した[4]

「TAP」への商号変更後

2020年1月1日、創業33年目を迎えるのを機に、たけしの特技のタップダンスが由来[5][注 1]株式会社TAP(タップ)に商号変更した[6][7]。同年7月、新人養成スクールとしてTAPセカンドを設立[8]。枝豆が理事長となる[8]。プロデューサーとして神品信市が担当となる。

所属タレント[編集]

芸人[編集]

タレント[編集]

俳優・女優[編集]

仮所属[編集]

芸人[編集]

  • モッキンバード(武田優作、佐藤洋平)
  • ライフサイズ(杉山利輝、内垣勇志、植木隼達)
  • 大判小判(序二段、流木)
  • 華笑(HIRO、ムサシ)

タレント[編集]

  • 名嶋真
  • 小池惟紀

過去の所属タレント[編集]

その他のタレントはたけし軍団を参照。

2018年以降に事務所を離れたタレント[編集]

製作映画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ たけし軍団の英称を冠した「Takeshi Army Production」の略から取ったと一部報道もあったが、女性自身のインタビューで枝豆が否定している。また、新商号の案はたけし軍団のメンバーがボケに終始したことから枝豆が独断で決める破目になったという。

出典[編集]

関連項目[編集]