オブダ国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オブダ国際空港
נְמַל הַתְּעוּפָה עֻבְדָּה
Ovda Terminal.jpg
IATA: VDA - ICAO: LLOV
概要
国・地域 イスラエルの旗 イスラエル
所在地 エイラート市の北約60kmのネゲヴ砂漠
母都市 エイラート
種類 軍民共用空港
運営者 イスラエル空港会社
イスラエル航空宇宙軍
標高 445 m (1492 ft)
座標 北緯29度56分25秒 東経34度56分9秒 / 北緯29.94028度 東経34.93583度 / 29.94028; 34.93583座標: 北緯29度56分25秒 東経34度56分9秒 / 北緯29.94028度 東経34.93583度 / 29.94028; 34.93583
地図
イスラエルにおける空港の位置
イスラエルにおける空港の位置
VDA
イスラエルにおける空港の位置
滑走路
方向 長さ (m) 表面
2R/20L 3,000 アスファルト
2L/20R 2,600 アスファルト
統計 (2011年)
旅客数 136,791人
発着回数 1,200回
出典: 空港公式サイト [1]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

オブダ国際空港ヘブライ語: נְמַל הַתְּעוּפָה עֻבְדָּה‎) は、イスラエル国際空港で、南部地区の最南端、アカバ湾に面するエイラート市の北、約60kmのネゲヴ砂漠内に位置する軍民共用空港である。IATAはVDA、ICAOはLLOVである。なおヘブライ語表記の "נְמַל הַתְּעוּפָה עוֹבְדָה" を和訳すると「オブダ空港」となる。

概要[編集]

オブダ国際空港は、1978年のキャンプ・デービッド合意に基づくイスラエル軍のシナイ半島からの撤退に伴い、イスラエル空軍の新しい航空基地として、1980年に建設された。現在は軍民共用空港として、滑走路が短いエイラート空港に着陸できない大型旅客機・貨物機の発着が行われている。エイラート近郊には、2013年から新空港としてラモン国際空港英語版を建設中であるが、2015年時点ではオブダ国際空港が国外からエイラートへの主要な玄関口となっている。また、2015年時点ではオブダ国際空港は、中央地区ロッドベン・グリオン国際空港に次ぐ、イスラエル第二の国際空港である。

空軍の拠点としては、オブダ空軍基地(Ovda Airbase)と呼ばれており、2015年時点では、アグレッサー部隊第115飛行隊(フライングドラゴン・スコードロン)が所属している。第115飛行隊は外国の空軍とも共同訓練を行っており、2010年から2013年にかけては、3回に渡ってイタリア空軍トーネードIDS攻撃機、ユーロファイター タイフーン戦闘機、AMX爆撃機などの軍用機がオブダ国際空港に飛来し、1回につき約2週間の共同訓練を実施している。尚、オブダ空軍基地の所属部隊は、イスラエル空軍において第10航空団 (10th Wing, Canaf 10) の隷下となっている[1]

就航路線[編集]

航空会社 就航地
アエロフロート 季節運行: シェレメーチエヴォ国際空港モスクワ
アエロフロート
ロシア航空により運行
季節運行: プルコヴォ空港サンクトペテルブルグ
アルキア・イスラエル航空 ハイファ空港, スデ・ドブ空港(イスラエル国内線)
コレンドン・ダッチ航空 季節運行: アムステルダム国際空港アムステルダム
エンターエア 季節運行: ワルシャワ・ショパン空港ワルシャワ
エル・アル航空 ベン・グリオン国際空港(イスラエル国内線)、季節運行: パリ=シャルル・ド・ゴール空港パリ
フィンランド航空 季節運行: ヘルシンキ・ヴァンター国際空港ヘルシンキ
ジャーマニア航空 デュッセルドルフ空港デュッセルドルフ)(2015年11月就航予定)[2][3]
オレンブルク航空 季節運行: ドモジェドヴォ空港モスクワ
プリメーラ・エア 季節運行: コペンハーゲン空港ヘルシンキ・ヴァンター国際空港、クオピオ空港、パフォス国際空港、ポリ空港、セイナヨキ空港[4]
ライアンエアー[5] リスト・フェレンツ国際空港(2015年11月就航予定),[6] カウナス国際空港(2015年11月就航予定),[6] バリツェ空港(2015年11月就航予定)[6]
ウクライナ国際航空 季節運行: ボルィースピリ国際空港


飛行隊[編集]

オブダ空軍基地パッチ


脚注・出典[編集]

関連項目[編集]