オマル・エラブデラウィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オマル・エラブデラウィ Football pictogram.svg
Dnepr-Olimpiakos (5).jpg
名前
ラテン文字 Omar Elabdellaoui
基本情報
国籍  ノルウェー
モロッコの旗 モロッコ
生年月日 (1991-12-05) 1991年12月5日(27歳)
出身地 ムーレ・オ・ロムスダール県スーナダル
身長 179cm
選手情報
在籍チーム ギリシャの旗 オリンピアコスFC
ポジション DF
背番号 14
ユース
ノルウェーの旗 スケイド・フォトバル
2008-2011 イングランドの旗 マンチェスター・シティFC
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-2013 イングランドの旗 マンチェスター・シティFC 0 (0)
2011 ノルウェーの旗 ストレームスゴトセトIF (loan) 12 (2)
2012 オランダの旗 フェイエノールト (loan) 5 (0)
2013 ドイツの旗 ブラウンシュヴァイク (loan) 14 (0)
2013-2014 ドイツの旗 ブラウンシュヴァイク 29 (1)
2014- ギリシャの旗 オリンピアコスFC 88 (9)
2017 イングランドの旗 ハル・シティAFC (loan) 8 (0)
代表歴2
2008 ノルウェーの旗 ノルウェー U17 8 (1)
2009-2010 ノルウェーの旗 ノルウェー U19 11 (1)
2010-2013 ノルウェーの旗 ノルウェー U21 13 (1)
2012-2013 ノルウェーの旗 ノルウェー U23 1 (1)
2013- ノルウェーの旗 ノルウェー 34 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年5月21日現在。
2. 2018年11月1日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

オマル・エラブデラウィOmar Elabdellaoui1991年12月5日 - )は、ノルウェームーレ・オ・ロムスダール県スーナダル出身のプロサッカー選手ノルウェー代表オリンピアコスFC所属。ポジションは、ディフェンダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

スケイド・フォトバルでのプレーを経て、16歳でマンチェスター・シティFCのアカデミーに移籍[1]。2010–11シーズンよりトップチームに昇格[2]。しかし出場機会は全くなく、ベンチ入りもUEFAヨーロッパリーグユヴェントスFC戦の1回のみに終わった[3]。その後はレンタル移籍を繰り返し、2013年5月にアイントラハト・ブラウンシュヴァイクに完全移籍で放出された[4]

2014年6月18日、オリンピアコスFCに移籍[5]

代表[編集]

各年代でノルウェー代表に選出されており[6][7]UEFA U-21欧州選手権2013予選等に出場した[8][9]

2013年8月、A代表初招集[6]。スウェーデンとの親善試合でスタメン出場し初キャップ。72分までプレーした[10]

人物[編集]

モロッコにルーツを持つ[11]モハメド・アブデラウエおよびムスタファ・アブデラウエは従兄弟[12]

脚注[編集]

  1. ^ Disse 17 ungguttene lever proffdrømmen” (Norwegian). vg.no. Verdens Gang (2009年1月29日). 2012年6月20日閲覧。
  2. ^ Enda et City-talent til Godset” (Norwegian). dt.no. Drammens Tidende (2011年3月31日). 2012年6月20日閲覧。
  3. ^ Ny norsk unggutt kan debutere for Manchester City” (Norwegian). vg.no. Verdens Gang (2010年12月14日). 2012年6月20日閲覧。
  4. ^ “Eintracht zieht Kaufoption” (German). eintracht.com. (2013年5月10日). オリジナルの2013年6月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130608051510/http://www.eintracht.com/eintracht/aktuelles/news/mannschaft/einzelansicht.html?news=10532&cHash=33333ef65c866938bb62d40be4234a12 2013年5月10日閲覧。 
  5. ^ Elabdellaoui klar for Olympiakos” (Norwegian). Dagbladet (2014年6月18日). 2014年6月18日閲覧。
  6. ^ a b Hoel, Yasmin Sunde (2013年8月12日). “- Johansen var stjernen, Elabdellaoui var best” (Norwegian). NRK. http://www.nrk.no/sport/fotball/folgesvennnene-kan-fa-drillo-debut-1.11178357 2013年9月2日閲覧。 
  7. ^ Omar Elabdellaoui's profile” (Norwegian). fotball.no. Football Association of Norway. 2012年6月18日閲覧。
  8. ^ “Elabdellaoui og Singh om U21-suksessen: – Vi kjenner hverandre ut og inn” (Norwegian). TV2. (2012年9月23日). http://www.tv2.no/sport/fotball/nederland/elabdellaoui-og-singh-om-u21suksessen-vi-kjenner-hverandre-ut-og-inn-3882885.html 2012年10月25日閲覧。 
  9. ^ Christian Wulff (2012年9月14日). “Long-term vision should not be sacrificed by Norway boss Egil Olsen”. stv.tv. 2012年10月25日閲覧。
  10. ^ “Elabdellaoui høstet ros etter debuten” (Norwegian). Norwegian News Agency. ABC Nyheter. (2013年8月14日). http://www.abcnyheter.no/nyheter/sport/2013/08/14/elabdellaoui-hoestet-ros-etter-debuten 2013年9月2日閲覧。 
  11. ^ Disse 17 ungguttene lever proffdrømmen” (Norwegian). vg.no. Verdens Gang (2009年1月29日). 2012年6月20日閲覧。
  12. ^ Hvem klemte fingrene da overgangsvinduet lukket?” (Norwegian). dagbladet.no. Dagbladet (2011年4月1日). 2012年6月18日閲覧。