オマール・ローム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オマール・ローム Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Oumar Loum
国籍 セネガルの旗 セネガル
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 100m, 200m
生年月日 (1973-12-31) 1973年12月31日(44歳)
身長 184cm
体重 79kg
成績
オリンピック 200m 2次予選4組5着 (2000年)
4x400mR 準決勝2組7着 (2000年)
世界選手権 100m 準決勝2組8着 (1993年)
200m 2次予選1組5着 (2001年, 2003年)
地域大会決勝 アフリカ選手権
200m 優勝 (1996年)
4x100mR 2位 (2002年)
最高世界ランク 200m 20位 20秒21 (2000年)
自己ベスト
100m 10秒17 (2002年) セネガル記録
10秒06w (2000年)
200m 20秒21 (2000年) セネガル記録
20秒19w (2000年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

オマール・ロームOumar Loum1973年12月31日 ‐ )は、セネガルの元陸上競技選手。専門は短距離走100mで10秒17、200mで20秒17の自己ベストを持つ、両種目のセネガル記録保持者。

セネガルを代表するスプリンター。1993年シュトゥットガルト世界選手権男子100mで記録した準決勝2組8着、2000年シドニーオリンピック男子200mで記録した2次予選4組5着という成績は、世界選手権オリンピックの両種目におけるセネガル勢最高成績である。アフリカ選手権男子200mでは1996年大会で金メダルを獲得し、以後2002年大会まで4大会連続でメダルを獲得した。

経歴[編集]

1993年[編集]

若干19歳で8月のシュトゥットガルト世界選手権男子100mに出場すると、1次予選を10秒41(+0.7)の組2着、2次予選は10秒33(-0.1)の組4着で突破し、初の世界選手権で準決勝に進出したが、準決勝は10秒60(+0.9)の組8着に終わった[1]。これは男女通じて、世界選手権100mにおけるセネガル勢最高成績である(2015年北京大会終了時)[注 1]

1996年[編集]

6月のアフリカ選手権男子200mを20秒70で制し、この種目で14年ぶりの金メダルをセネガルにもたらした[注 2]

2000年[編集]

9月にシドニーオリンピックに出場すると、男子200mの1次予選を20秒87(-0.1)の組3着で突破し、2大会連続で2次予選に進出した。2次予選では組4着以内に入れば初の準決勝進出だったが、結果は20秒60(+0.4)の組5着に終わり、組4着とは0秒07差で準決勝進出を逃した[2]。これは男女通じて、オリンピック200mにおけるセネガル勢最高成績である[注 3]

2001年[編集]

3月のリスボン世界室内選手権男子200m予選を21秒22の組2着で突破。個人種目では1993年シュトゥットガルト世界選手権以来となる世界大会の準決勝に進出し、初の決勝進出をかけて準決勝に臨んだが、結果は21秒49の組4着(組最下位)に終わった[3]。これは男女通じて、世界室内選手権200mにおけるセネガル勢最高成績である[注 4]。8月のエドモントン世界選手権では、1993年シュトゥットガルト大会以来の出場となった100mは2次予選で敗退した。200mも2次予選で組5着に終わり敗退したが、2次予選でマークした20秒43(+1.2)は、他の組でなら組4着以内に入れる好タイムだった[4]

2003年[編集]

8月のパリ世界選手権男子200mで前回大会に続いて2次予選に進出したが、2次予選は20秒67(+2.3)の組5着に終わり、組4着とは0秒08差で準決勝進出を逃した[5]

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風、-は向かい風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒17 (-0.4) 2002年3月27日 マリ共和国の旗 バマコ セネガル記録
10秒06w (+4.0) 2000年3月18日 南アフリカ共和国の旗 ポロクワネ 追い風参考記録
200m 20秒21A (+0.6) 2000年7月1日 メキシコの旗 メキシコシティ セネガル記録
高地記録
20秒19w (+2.3) 2000年8月13日 スイスの旗 ラ・ショー=ド=フォン 追い風参考記録
300m 33秒09 2003年9月16日 フランスの旗 ナンシー セネガル記録
室内
200m 20秒90 1995年2月19日
2001年2月18日
フランスの旗 リエヴァン セネガル記録

主要大会成績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
1992 世界ジュニア選手権 大韓民国の旗 ソウル 100m 4位 10秒51 (0.0)
1993 世界選手権 ドイツの旗 シュトゥットガルト 100m 準決勝 10秒60 (+0.9) 男女通じてセネガル最高成績
200m 1次予選 21秒12 (+0.1)
1994 フランス語圏競技大会 (en フランスの旗 パリ 100m 3位 10秒35
1996 アフリカ選手権 (en カメルーンの旗 ヤウンデ 200m 優勝 20秒70
オリンピック アメリカ合衆国の旗 アトランタ 200m 2次予選 21秒31 (-0.7)
1997 世界選手権 ギリシャの旗 アテネ 200m 1次予選 20秒95 (+0.6)
1998 アフリカ選手権 (en セネガルの旗 ダカール 200m 3位 20秒59 (-0.9)
2000 アフリカ選手権 (en アルジェリアの旗 アルジェ 200m 3位 20秒76 (+0.2)
オリンピック オーストラリアの旗 シドニー 200m 2次予選 20秒60 (+0.4) 男女通じてセネガル最高成績
4x400mR 準決勝 3分02秒94
2001 世界室内選手権 ポルトガルの旗 リスボン 200m 準決勝 21秒49 セネガル最高成績
フランス語圏競技大会 (en カナダの旗 オタワ 200m 2位 20秒59 (+0.5)
世界選手権 カナダの旗 エドモントン 100m 2次予選 10秒42
200m 2次予選 20秒43 (+1.2)
2002 アフリカ選手権 (en チュニジアの旗 ラデス 200m 3位 20秒37 (+2.4)
4x100mR 2位 40秒08
2003 世界室内選手権 イギリスの旗 バーミンガム 200m 予選 21秒62
世界選手権 フランスの旗 パリ 200m 2次予選 20秒67 (+2.3)
アフリカ競技大会 (en ナイジェリアの旗 アブジャ 200m 4位 20秒86 (-0.9)
4x100mR 3位 39秒79
アフロアジア競技大会 (en インドの旗 ハイデラバード 100m 決勝 DNS
200m 3位 20秒99 (+0.8)
2004 アフリカ選手権 (en コンゴ共和国の旗 ブラザヴィル 200m 7位 21秒43 (0.0)
4x100mR 4位 39秒96
4x400mR 7位 3分10秒61
オリンピック ギリシャの旗 アテネ 200m 1次予選 20秒97 (+1.8)
2005 イスラム諸国連帯
競技大会 (en
サウジアラビアの旗 メッカ 100m 5位 10秒52 (+0.8)
200m 3位 21秒10 (0.0)
世界選手権 フィンランドの旗 ヘルシンキ 200m 1次予選 21秒37 (-0.4)
フランス語圏競技大会 (en ニジェールの旗 ニアメ 200m 3位 21秒12 (+1.0)
4x100mR 4位 40秒36
2006 アフリカ選手権 (en モーリシャスの旗 バンブース 200m 決勝 DNS
4x100mR 4位 40秒54
2007 アフリカ競技大会 (en アルジェリアの旗 アルジェ 200m 8位 21秒77 (-0.7)
2009 フランス語圏競技大会 (en レバノンの旗 ベイルート 200m 予選 24秒59 (-1.9)
4x100mR 3位 39秒87

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 女子の最高成績は1993年シュトゥットガルト大会でNdéye Binta Diaが記録した2次予選1組7着。
  2. ^ 1982年大会のBoubacar Diallo以来。
  3. ^ 女子の最高成績は1980年モスクワ大会でFrancoise Damadoが記録した2次予選1組8着。
  4. ^ 女子は出場なし。

出典[編集]