オマー・ブラッドレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オマール・ブラッドレー
Omar Nelson Bradley
1893年2月12日 - 1981年4月8日

生誕地 ミズーリ州、クラーク
死没地 テキサス州、フォートブリス
所属組織 アメリカ合衆国陸軍
軍歴 1915 - 1953
最終階級 元帥
指揮 第82歩兵師団
第2軍団
第1軍
統合参謀本部議長
北大西洋条約機構委員会議長
戦闘 メキシコ国境戦役
第一次世界大戦
第二次世界大戦
朝鮮戦争
賞罰 名誉勲章(陸軍・海軍)
シルバースター勲章
メリット勲章
大英帝国勲章(KBE)
アーリントン国立墓地

オマール・ネルソン・ブラッドレーOmar Nelson Bradley, 1893年2月12日 - 1981年4月8日)は、アメリカ合衆国の軍人。第二次世界大戦中に北アフリカおよびヨーロッパアメリカ合衆国陸軍を率いた有名な野戦司令官の一人。

ブラッドレーはミズーリ州クラークで貧しい学校教師の息子として生まれた。彼は地元の学校で教育を受けミズーリ大学に入るつもりだったが、ウェストポイントへの入学を助言された。彼は地区試験で首席となり1911年陸軍士官学校に入学した。1915年にウェストポイントを卒業したが、そのクラスは将来の多くの将軍を含み後の歴史家達から「星が降りかかったクラス」と呼ばれた。

ブラッドレーは第14歩兵連隊に加わったが多くの同級生と異なりヨーロッパでの戦闘は経験しなかった。しかしながらアメリカ本土で様々な任務を得た。彼は1915年にメキシコ国境戦役に従軍した。第一次世界大戦へのアメリカの参戦と同時に大尉に昇進し、モンタナ州に配属された。1918年8月にはヨーロッパに送られる予定の第19歩兵師団に配属されたが、インフルエンザの大流行と休戦は彼をアメリカ本土に留めることとなった。

戦間期にブラッドレーは教官として教え、また自らも学んだ。1920年から1924年まで彼はウェストポイントで数学を教えた。1924年に少佐に昇進、ジョージア州フォートベニングで上級歩兵コースを学ぶ。ハワイでの短期の任務後に1928年から1929年までフォートレヴェンワースの参謀学校で学んだ。1929年から再びウェストポイントで教官となり、1934年に再び陸軍大学で学ぶために休暇を取った。1936年には中佐に昇進、1938年から陸軍省で勤務する。1941年2月に准将に昇進しフォートベニングに着任する。1942年2月に第82空挺師団に改編される前の第82歩兵師団を指揮した。

1943年には、北アフリカに上陸していた第2軍団の指揮官に任命され、チュニジア、シシリー島の戦いに従事する。1944年ノルマンディ上陸作戦では、第1軍の司令官として作戦を陣頭指揮。その後上陸した第3軍とともに組織された第12軍集団の司令官に昇格。ノルマンディ橋頭堡からの突破、フランス中部地方の解放、バルジの戦い、ドイツ国内への進撃と一貫して、その指揮を執った。

なお、ドイツ軍のグライフ作戦武装SSの部隊がアメリカ軍の軍服を着て後方撹乱する)に対抗し、「アメリカ人なら誰でも答えられる質問」を全ての将兵に訊くという方策が採られたとき、彼は「イリノイ州州都は?」と訊かれ、正しくスプリングフィールドと答えたにもかかわらず、質問した兵士が正解をシカゴだと思い込んでいたために、一時拘留・軟禁されたという話が伝わっているが、これは事実である。

一説には、彼は「ミッキーマウスのガールフレンドは?」あるいは「今年のワールド・シリーズの勝者は?」に答えられなかったとも言われるが、これらに関してはそれを証明する史料は存在しない。

ブラッドレーは戦後二年間復員軍人局を率いた。彼は1948年に陸軍参謀本部に勤務し1949年には統合参謀本部の初代公式議長に就任した。1950年9月22日に彼は陸軍元帥に昇進した。彼は五番目の陸軍元帥で、そして最後の元帥であった。1950年に彼は北大西洋条約機構の委員会の初代議長に就任した。彼は1953年8月まで議長職を務め、その間に様々な役職に就任した。

彼は回想録『一兵士の物語』を1951年に公表し、モントゴメリーの1945年のバルジの戦いに関するクレームへの反論を行った。また、1970年制作の映画『パットン大戦車軍団』では顧問として参加した。彼は晩年をテキサス州フォートブリスのウィリアム・ボーモント軍隊医療センターの敷地内の特別邸宅で過ごし、死後はアーリントン国立墓地に埋葬された。

なお、ブラッドリーの発音表記は正しいが、現在にいたるまで、ブラッドレーの名前の方が定着しており(ノート参照)、ブラッドレーと表記した方が百科事典として適切と思われる。

関連項目

オマー・ブラッドレー

ウィキメディア・コモンズ


先代:
ドワイト・D・アイゼンハワー
アメリカ陸軍参謀総長
1948 - 1949
次代:
J・ロートン・コリンズ
先代:
ウィリアム・D・リーヒー
アメリカ統合参謀本部議長
1949 - 1953
次代:
アーサー・W・ラドフォード

過去1時間の間にもっとも読まれた記事
水原希子 RIP SLYME 坂下麻衣 マイコ (女優) 前澤友作 大塚愛 早見沙織 小西真奈美 眞子内親王 ドナルド・トランプ 岩本勉 徳山秀典 井原慶子 筒井真理子 江夏詩織 カルロス・ゴーン こぐれ修 三田友梨佳 SU (RIP SLYME) 桜田ひより
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について