オマー・ヤギー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
عمر مونّس ياغي
Omar Mwannes Yaghi
オマー・ヤギー
Yaghi3.jpg
生誕 (1965-02-09) 1965年2月9日(55歳)
ヨルダンの旗 ヨルダン アンマン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 カリフォルニア大学バークレー校
出身校 ニューヨーク州立大学オールバニ校
イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校
ハーバード大学
博士課程
指導教員
Prof. Walter G. Klemperer
主な業績 金属有機構造体
共有結合性有機構造体
主な受賞歴 ウルフ賞化学部門(2018) 
公式サイト
yaghi.berkeley.edu
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

オマー・ヤギー(Omar Mwannes Yaghi、1965年2月9日 - )はヨルダン出身のアメリカ合衆国の化学者。カリフォルニア大学バークレー校教授。金属有機構造体(MOF)の合成法を開発した。アンマン生まれ。

1984年ニューヨーク州立大学オールバニ校卒業。1990年イリノイ大学から博士号取得。

受賞歴[編集]

主要論文[編集]

  • O. M. Yaghi, G. M. Li, H. L. Li: Selective binding and removal of guests in a microporous metal-organic framework. In: Nature. Band 378, Nr. 6558, 1995, S. 703–706.
  • O. M. Yaghi, H. L. Li: T-shaped molecular building units in the porous structure of Ag(4,4’-bpy) center dot NO3. In: Journal of the American Chemical Society. Band 118, Nr. 1, 1996, S. 295–296.
  • O. M. Yaghi et al.: Synthetic strategies, structure patterns, and emerging properties in the chemistry of modular porous solids. In: Accounts of Chemical Research. Band 31, Nr. 8, 1998, S. 474–484.
  • H. Li et al.: Design and synthesis of an exceptionally stable and highly porous metal-organic framework. In: Nature. Band 402, Nr. 6759, 1999, S. 276–279.
  • M. Eddaoudi et al.: Modular chemistry: Secondary building units as a basis for the design of highly porous and robust metal-organic carboxylate frameworks. In: Accounts of Chemical Research. Band 34, Nr. 4, 2001, S. 319–330.
  • E. Spencer, J. A. K. Howard, G. McIntyre, J. Rowsell, O. M. Yaghi: Determination of the hydrogen absorption sites in Zn4O(1,4-benzenedicarboxylate) by single crystal neutron diffraction. In: Chem. Comm. 2006 (3), S. 278–280.
  • O. M. Yaghi: A Tale of Two Entanglements. In: Nature Mat. 2007, 6, 92.
  • B. L. Huang, Z. Ni, A. Millward, A. J. H. McGaughey, C. Usher, M. Kaviany, O. M. Yaghi: Thermal conductivity of a metal-organic framework (MOF-5): Part II. Measurement. In: Int. J. Heat and Mass Trans. 2007, 50, S. 405–411.