オラトリオ (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オラトリオ
Racing silks of Susan Magnier.svg
スーザン・マグナーの勝負服
欧字表記 Oratorio[1]
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2002年4月29日(18歳)
デインヒル
Mahrah
母の父 Vaguely Noble
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 Barronstown Stud & Orpendale[1]
馬主 スーザン・マグナー & マイケル・テイバー[1]
調教師 エイダン・オブライエンアイルランドの旗 アイルランド[1]
競走成績
生涯成績 15戦6勝
獲得賞金 £1,085,278[1]
 
勝ち鞍
GI ジャン・リュック・ラガルデール賞 2004年
GI エクリプスステークス 2005年
GI 愛チャンピオンステークス 2005年
テンプレートを表示

オラトリオOratorio[1])は、アイルランド競走馬種牡馬。主な勝ち鞍は2004年ジャン・リュック・ラガルデール賞(GI)、2005年エクリプスステークス(GI)、愛チャンピオンステークス(GI)。

戦績[編集]

2004年5月にアイルランドカラ競馬場でデビュー。同地で重賞2勝を挙げて挑んだフランスジャン・リュック・ラガルデール賞を制し、G1初勝利。続くデューハーストステークスでは快速馬シャマルダルの2着だった[1]

2005年英2000ギニー4着、愛2000ギニー2着の後、英ダービーに参戦。しかし、モティヴェーターから大きく離れた10着と大敗を喫する。距離を短縮したセントジェームズパレスステークス3着を挟んで出走したエクリプスステークスではモティヴェーターに雪辱を果たす形でG1・2勝目を挙げる。2ヶ月後のアイリッシュチャンピオンステークスで三度モティヴェーターとの対決となり、前走に続いてモティヴェーターに半馬身差をつけて勝利を収めた[2]

その後は英チャンピオンステークス4着を経て、北米ダート最高峰のブリーダーズカップ・クラシックに挑戦したが11着に終わり、同年限りで現役を引退した[1]

競走成績[編集]

以下の内容は、Racing Post[1]の情報に基づく。

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2004.05.23 カラ 未勝利 芝6f 1着 J.スペンサー 2馬身1/2 (Shamoan)
0000.06.15 アスコット コヴェントリーステークス G2 芝6f 7着 J.スペンサー 6馬身 Iceman
0000.07.18 カラ アングルシーステークス G3 6.5f 1着 J.ヘアファーナン 1馬身 (Cougar Cat)
0000.08.08 カラ フェニックスステークス G1 芝6f 2着 J.ヘファーナン 3/4馬身 Damson
0000.08.21 カラ フューチュリティステークス G2 芝7f 1着 J.スペンサー 2馬身 (Democratic Deficit)
0000.10.03 ロンシャン ジャン・リュック・ラガルデール賞 G1 芝7f 1着 J.スペンサー 短首 (Early March)
0000.10.16 ニューマーケット デューハーストステークス G1 芝7f 2着 J.スペンサー 2馬身1/2 Shamardal
2005.04.30 ニューマーケット 英2000ギニー G1 芝8f 4着 J.ムルタ 2馬身1/2 Footstepsinthesand
0000.05.21 カラ 愛2000ギニー G1 芝8f 2着 K.ファロン 2馬身 Dubawi
0000.06.04 エプソム 英ダービー G1 芝12f 10着 M.キネーン 25馬身 Motivator
0000.06.14 ヨーク セントジェームズパレスステークス G1 芝8f 3着 K.ファロン 4馬身3/4 Shamardal
0000.07.02 サンダウン エクリプスステークス G1 芝10f 1着 K.ファロン 1/2馬身 (Motivator)
0000.09.10 レパーズタウン 愛チャンピオンステークス G1 芝10f 1着 K.ファロン 1/2馬身 (Motivator)
0000.10.15 ニューマーケット 英チャンピオンステークス G1 芝10f 4着 K.ファロン 3馬身1/4 David Junior
0000.10.29 ベルモントパーク ブリーダーズカップ・クラシック G1 10f 11着 K.ファロン 12馬身 Saint Liam

種牡馬時代[編集]

2006年からクールモアスタッドで種牡馬入りする。また、シャトル種牡馬としてクールモア・オーストラリアでも供用されていた[2]

初年度産駒は2009年にデビュー。同年のデューハーストステークスでベートーヴェン(Beethoven)とフェンシングマスター(Fencing Master)が1、2着となり、幸先の良いスタートを切った。しかし、その後は欧州で活躍する産駒にはなかなか恵まれず、南半球の生産馬の散発的な活躍が目立つ程度だった[2]

2012年南アフリカ共和国へ輸出され、翌年から現地で種牡馬生活を送っている[2]

主な産駒[編集]

血統表[編集]

オラトリオ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 デインヒル系
[§ 2]

*デインヒル
Danehill
1986 鹿毛
父の父
Danzig
1977 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Pas de Nom Admiral's Voyage
Petitioner
父の母
Razy Ana
1981 鹿毛
His Majesty Ribot
Flower Bowl
Spring Adieu Buckpasser
Natalma

Mahrah
1987 鹿毛
Vaguely Noble
1965 鹿毛
*ヴィエナ Aureole
Turkish Blood
Noble Lassie Nearco
Belle Sauvage
母の母
Montage
1981 鹿毛
Alydar Raise a Native
Sweet Tooth
Katonka Minnesota Mac
Minnetonka
母系(F-No.) 9号族(FN:9-c) [§ 3]
5代内の近親交配 Native Dancer5・5×5=9.38%、Nearco 5×4=9.38%、Natalma4・4(父内)=12.50%、 [§ 4]
出典
  1. ^ 5代血統表 Oratorio(IRE)2019年12月24日閲覧
  2. ^ 5代血統表 Oratorio(IRE)2019年12月24日閲覧
  3. ^ 5代血統表 Oratorio(IRE)2019年12月24日閲覧
  4. ^ 5代血統表 Oratorio(IRE)2019年12月24日閲覧
  • 母Mahrahは現役時代に1勝。その4分の3同血の姉に米国で重賞3勝、G1・2着3回のタラケノ(Talakeno)がいる[3][4]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Oratorio”. Racing post. 2019年12月24日閲覧。
  2. ^ a b c d Coolmore sire Oratorio sold to South Africa”. Racing Post (2012年8月3日). 2019年12月24日閲覧。
  3. ^ Ross Prowd (2009年8月14日). “Oratorio and Dubawi lead Europe's first season sires”. Sportsman. 2019年12月24日閲覧。
  4. ^ Talakeno(USA)”. JBIS-Search. 2019年12月24日閲覧。