オラフ・カルトハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オラフ・カルトハウス(Olaf Karthaus、1963年 - )はドイツコブレンツ出身の公立千歳科学技術大学光科学部物質光科学科教授。

小樽温泉訴訟原告の一人である。[1]

有道出人とともに行っている人権活動で有名。

活動履歴[編集]

注釈[編集]