オランダの庭園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ケンジントン・パレスダッチガーデンズ

オランダの庭園(おらんだのていえん、The Dutch garden)は、その緻密な雰囲気とスペースの効率的な利用によって際立っている。 国際的なレベルでは、 チューリップのある庭園もオランダ庭園であると単純に分類できる。

イングランドでは、オランダの庭とはより広い庭や公園の一部であっても、多くの場合、生垣や壁に囲まれた特定のタイプの長方形の庭空間に与えられるというものであった。空間は色とりどりの花を咲かせて植え付け、箱や他の密で刈り取られた低木、または低い壁(時には幾何学模様)で縁取りされて高度に栽培され、幾何学的にしばしば対称的に作られ、そうして配置された人工の水域、噴水と水面が設けられる。花壇や水域は幾何学的な経路パターンで交差しているため、その機能を損なうことなく庭を歩き回ることができる。一例には、オレンジの南にあるケンジントン宮殿に隣接している。野心的ではないがもう1つの例はサリーのクラウドン園(Clandon Park)がある。オランダの庭はその幾何学型が堅苦しく感じられもし、ゆえにコテージ・ガーデンが草花により特徴付けられていて、 曲がりくねっている非対称なパス(もしあれば)や低木で花壇の境界を育てることにより生じる花と草の間のラインのぼやかしが特徴などと対照的である。

他方、オランダ国内にあるオランダの一般的な家庭庭園で低木の配置は、空間と光を効率的に利用しながらも、非線形で非整形のものであるかもしれないが、オランダは最も人口密度の高い国の1つであるため、住宅庭園は一般的に狭く、家も隣同士につめて配置されているため、利用できる光はそれほど多くなく、こうした制限のために、オランダに関連した庭園デザインに独特のスタイルが現れている。

[編集]

オランダ庭園の一般的な花は次のとおり。

注目すべき庭園[編集]

アーセン城と庭園のバラパビリオンの1つ

注目に値する公共のオランダ庭園は次のとおり。

  • キューケンホフ公園
  • アーセン城の庭園(Gardens of Arcen Castle)
  • アウトヴァルケンブルグ城の庭園(Gardens of Oud Valkenburg Castle)
  • ウェストベリーコートガーデン(Westbury Court Garden英語版