オラ・トイヴォネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オラ・トイヴォネン Football pictogram.svg
SWE-SWI (17).jpg
スウェーデン代表でのトイヴォネン(2018年)
名前
本名 ニルス・オラ・トイヴォネン
Nils Ola Toivonen
ラテン文字 Ola TOIVONEN
基本情報
国籍  スウェーデン
生年月日 (1986-07-03) 1986年7月3日(32歳)
出身地 デーゲルフォシュ
身長 192cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム オーストラリアの旗 メルボルン・ビクトリーFC
ポジション MF / FW
背番号 11
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2006 スウェーデンの旗 デーゲルフォシュIF 27 (5)
2006-2007 スウェーデンの旗 エルグリーテIS 25 (6)
2007-2009 スウェーデンの旗 マルメFF 51 (17)
2009-2014 オランダの旗 PSV 138 (61)
2014-2016 フランスの旗 スタッド・レンヌ 46 (14)
2015-2016 イングランドの旗 サンダーランドAFC (loan) 12 (0)
2016-2018 フランスの旗 トゥールーズFC 58 (7)
2018- オーストラリアの旗 メルボルン・ビクトリーFC
代表歴2
2006-2008 スウェーデンの旗 スウェーデン U-21 28 (13)
2007-2018 スウェーデンの旗 スウェーデン 64 (14)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年5月29日現在。
2. 2018年7月7日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ニルス・オラ・トイヴォネン(Nils Ola Toivonen, 1986年7月3日 - )は、スウェーデン・デーゲルフォシュ出身のサッカー選手。元スウェーデン代表。「トイボネン」とも表記される。メルボルン・ビクトリーFC所属。ポジションはフォワード及びミッドフィールダー

経歴[編集]

2005年にデーゲルフォシュIFでプロキャリアをスタートさせた。2006年エルグリーテISに移籍し、2007年にスウェーデンのマルメFFに加入。2008年には、アルスヴェンスカンで14得点を記録し、ヘンリク・ラーションと並んでリーグの得点ランキング4位に入った。

2009年1月15日に移籍金450万ユーロの3年契約でオランダPSVアイントホーフェンに移籍した。11月8日ADOデン・ハーグ戦でハットトリックを記録した。2009-10シーズンは33試合に出場して13得点を記録した。2012-13シーズンの途中、代表での練習中にハムストリングを断裂し、長期の戦線離脱を余儀なくされた[1]

2014年1月20日、フランスのスタッド・レンヌに移籍した[2]

代表歴[編集]

スウェーデン代表としてUEFA EURO 2012でプレーするトイヴォネン (2012)

2007年スウェーデン代表に招集されている。1月14日ベネズエラ戦でA代表初出場した。2009年に地元スウェーデンで開催されたUEFA U-21欧州選手権では大会得点王のマルクス・ベリの理想的な引き立て役となった。自身は2位のロベルト・アクアフレスカイタリア)に並ぶ2得点を挙げた。2010年5月29日ボスニア・ヘルツェゴビナとの親善試合でA代表初ゴールを記録。

2018 FIFAワールドカップのグループリーグ第2戦のドイツ戦でW杯初ゴールを決めた。2018年8月28日、代表引退を表明した。

評価[編集]

PSVでの5年間主力として活躍した一方で「エルボー魔」としても知られ、ダーティなファールが多いことやピッチ内外の振る舞いのためにオランダで最も嫌われた選手だった。2012年にフェイエノールトロナルド・クーマン監督は「苛つかせる選手」、2013年にPSVの元スウェーデン人ストライカー、ラルフ・エドストレームは「何の理由も無く肘打ちする選手に共感はできない」とコメントし、移籍が決まった2014年1月にはPSVのイコンであるレネ・ファン・デ・ケルクホフは「彼はチーム内の腐ったリンゴ。いなくなるのをクラブ内の全員が喜んでいるだろう」と語った[3]

個人成績[編集]

代表[編集]


スウェーデン代表国際Aマッチ
出場得点
2007 2 0
2008 0 0
2009 2 0
2010 8 2
2011 8 2
2012 9 2
2013 6 0
2014 5 2
2015 5 1
2016 3 1
2017 7 2
2018 9 2
通算 64 14

代表での得点[編集]


タイトル[編集]

クラブ
PSVアイントホーフェン

脚注[編集]