オリエンタルアート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オリエンタルアート
欧字表記 Oriental Art[1]
品種 サラブレッド
性別 [1]
毛色 栗毛[1]
生誕 1997年5月12日[1]
死没 2015年3月7日(18歳没)[2]
メジロマックイーン[1]
エレクトロアート[1]
母の父 ノーザンテースト[1]
生国 日本の旗 日本北海道白老町[1]
生産 社台コーポレーション白老ファーム[1]
馬主 (有)サンデーレーシング[1]
調教師 田所清広栗東[1]
競走成績
生涯成績 23戦3勝[1]
獲得賞金 3276万6000[1]
テンプレートを表示

オリエンタルアート (: Oriental Art) は日本中央競馬)の競走馬繁殖牝馬。競走馬としては2000年から2002年まで計23戦し3勝を挙げた[1]。その後繁殖牝馬となり、ステイゴールドとの交配によってGI3勝を挙げたドリームジャーニー、2011年の牡馬クラシック三冠馬オルフェーヴル兄弟を産んだ[2]

競走馬時代[編集]

2000年2月、中央競馬の新馬戦4歳)でデビューし3着に敗れるが、2戦目に単勝1番人気に応えて勝ちあがる[3]。2000年12月には条件戦の500万円以下、2001年1月には900万円以下の競走にも優勝した[3]。その後は一度だけ2着になったことがあるが[注 1]、さらなる勝ち星を挙げられないまま、2002年7月のレースを最後に引退した[3]

勝利したレースはすべてダート戦であり、池添謙一が騎乗していた[3]重賞にも3度挑戦したが(すべてのレース)、すべて二桁着順に敗れている[3]。なお、池添は、息子のドリームジャーニー[7]、オルフェーヴル[8]でともにGIを制しており、調教助手はのちにドリームジャーニーも担当した人物である[9]

繁殖馬時代[編集]

競走馬引退後は生まれ故郷の白老ファームで繁殖牝馬となる[10]ステイゴールドとの相性が良く、春秋グランプリなどに勝利したドリームジャーニー、2011年のクラシック三冠馬のオルフェーヴルと2頭のGI馬を輩出しているが、ともにステイゴールド産駒である[2]

中央競馬における産駒のGI勝ち数は9勝であり、スカーレットブーケダイワメジャーダイワスカーレットの母)と並ぶ最多記録である[2][注 2]。2015年3月現在、出産した8頭中7頭の産駒が中央競馬で勝ちあがっている[2](以下の「繁殖成績」も参照)。

2015年3月7日、第11子となる牝駒を出産の3日後、子宮穿孔による腹膜炎のため死亡[2]。なお、最良の配合相手であったステイゴールドも同年2月5日に死亡している[2]

繁殖成績[編集]

  • 現役馬の成績は2017年9月4日現在。
馬名 生年 毛色 厩舎 馬主 戦績 備考 出典
1 ドリームジャーニー 2004 鹿毛 ステイゴールド 栗東池江泰寿 サンデーレーシング 31戦9勝
(G1) 朝日杯FS宝塚記念有馬記念
(G2) 神戸新聞杯大阪杯
(G3) 小倉記念朝日チャレンジC
種牡馬 [7]
2 アルスノヴァ 2005 鹿毛 ダンスインザダーク 社台レースホース 3戦2勝 繁殖牝馬 [14]
3 グッドルッキング 2006 芦毛 クロフネ 栗東・野村彰彦 長谷川光司 29戦3勝 繁殖牝馬 [15]
4 ジャポニズム 2007 鹿毛 ネオユニヴァース 栗東・池江泰寿
美浦・金成貴史[16]
サンデーレーシング 23戦2勝 (引退) [17]
5 オルフェーヴル 2008 栗毛 ステイゴールド 栗東・池江泰寿 21戦12勝
(G1) 皐月賞東京優駿菊花賞
有馬記念2回、宝塚記念
(G2) スプリングS、神戸新聞杯、
フォワ賞(フランス)2回、大阪杯
種牡馬 [8]
6 マトゥラー 2009 鹿毛 ディープインパクト 2戦0勝 繁殖牝馬 [18]
7 リヤンドファミユ 2010 鹿毛 ステイゴールド 19戦4勝 種牡馬 [19]
8 アッシュゴールド 2012 栗毛 社台レースホース 18戦1勝 (現役) [20]
9 エストソルシエール 2013 鹿毛 G1レーシング 未出走[21] 死亡[21] [22]
10 オルファン 2014 鹿毛 サンデーレーシング 2戦0勝 (現役) [23]
11 デルニエオール 2015 栗毛 1戦1勝 (現役) [24]

血統表[編集]

オリエンタルアート血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 パーソロン系
[§ 2]

メジロマックイーン
1987 芦毛
父の父
メジロティターン
1978 芦毛
メジロアサマ *パーソロン
*スヰート
*シェリル
Cheryl
*スノッブ
Chanel
父の母
メジロオーロラ
1978 栗毛
*リマンド
Remand
Alcide
Admonish
メジロアイリス *ヒンドスタン
アサマユリ

エレクトロアート
1986 栗毛
*ノーザンテースト
Northern Taste
1971 栗毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Lady Victoria Victoria Park
Lady Angela
母の母
*グランマスティーヴンス
Grandma Stevens
1977 栗毛
Lt. Stevens Nantallah
Rough Shod
Dhow Bronze Babu
Coastal Trade
母系(F-No.) (FN:8-c) [§ 3]
5代内の近親交配 Lady Angel 5×4=9.38%(母内) [§ 4]
出典
  1. ^ [25]
  2. ^ [25]
  3. ^ [25]
  4. ^ [25]


脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この競走(2001年タイランドカップ)では、のちに重賞を勝つマルカキャンディ[4]やミツワトップレディ[5]に先着している[6]
  2. ^ 地方競馬も含めると、マダムチェロキー(ホッコータルマエの母)の10勝が最多[11]。9勝にはスカーレットレディヴァーミリアンの母)[12]とエミネントシチー(エスポワールシチーの母)[13]が並ぶ(ヴァーミリアン[12]、エスポワールシチー[13]の勝ち鞍には、日本国内の格付けであったJpnIも含まれている)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n オリエンタルアート 基本情報”. JBIS Search. 2016年4月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g オリエンタルアートの訃報に池江師「この馬のおかげでウチの厩舎が…」” (日本語). netkeiba.com(提供:デイリースポーツ) (2015年3月9日). 2016年4月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e オリエンタルアートの競走成績”. netkeiba.com. 2016年4月4日閲覧。
  4. ^ マルカキャンディ”. netkeiba.com. 2016年4月4日閲覧。
  5. ^ ミツワトップレディ”. netkeiba.com. 2016年4月4日閲覧。
  6. ^ タイランドカップ”. netkeiba.com. 2016年4月4日閲覧。
  7. ^ a b ドリームジャーニー”. netkeiba.com. 2016年4月4日閲覧。
  8. ^ a b オルフェーヴル”. netkeiba.com. 2016年4月4日閲覧。
  9. ^ ジャーニー山下助手が涙の戴冠/宝塚記念” (日本語). 日刊スポーツ (2009年6月29日). 2011年10月30日閲覧。
  10. ^ 2006年12月10日 朝日杯フューチュリティS G1” (日本語). 重賞ウイナーレポート. 競走馬のふるさと案内所 (2006年12月). 2011年10月30日閲覧。
  11. ^ ホッコータルマエが3連覇&史上初のGI・10勝達成!/川崎記念・川崎”. netkeiba.com (2016年1月27日). 2016年4月4日閲覧。
  12. ^ a b GI・9勝ヴァーミリアンが引退、種牡馬に”. netkeiba.com (2010年12月8日). 2016年4月4日閲覧。
  13. ^ a b エスポワールシチー引退、種牡馬に”. ラジオNIKKEI (2013年12月4日). 2016年4月4日閲覧。
  14. ^ アルスノヴァ”. netkeiba.com. 2016年4月4日閲覧。
  15. ^ グッドルッキング”. netkeiba.com. 2016年4月4日閲覧。
  16. ^ 【東京障害未勝利】オルフェ半兄 ジャポニズムが“雪辱V””. スポーツニッポン (2012年10月9日). 2016年4月4日閲覧。
  17. ^ ジャポニズム”. netkeiba.com. 2016年4月4日閲覧。
  18. ^ マトゥラー”. netkeiba.com. 2016年4月4日閲覧。
  19. ^ リヤンドファミユ”. netkeiba.com. 2016年4月4日閲覧。
  20. ^ アッシュゴールド”. netkeiba.com. 2017年9月4日閲覧。
  21. ^ a b “オルフェーヴル全妹が安楽死、蹄葉炎で”. (2015年9月20日). http://www.daily.co.jp/newsflash/horse/2015/09/20/0008413892.shtml 2015年9月20日閲覧。 
  22. ^ エストソルシエール”. netkeiba.com. 2016年4月4日閲覧。
  23. ^ オルファン”. netkeiba.com. 2017年9月4日閲覧。
  24. ^ デルニエオール”. netkeiba.com. 2017年9月4日閲覧。
  25. ^ a b c d オリエンタルアートの血統詳細”. netkeiba.com. 2015年9月19日閲覧。