オリエンタル・マグネチック・イエロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オリエンタル・マグネチック・イエロー(Oriental Magnetic Yellow / OMY)は、ゲーム音楽作曲者たちで結成された、テクノと呼ばれる音楽を演奏する日本の音楽グループである。

概要[編集]

メンバーは当時ナムコに勤務していた、細野江晴臣(細江慎治)、佐野本龍一(佐野信義)、相原隆幸宏(相原隆行)、佐々武秀樹(佐々木宏人)の4人。彼らの音楽はしばしば「YMOパロディオマージュ」と呼ばれることもある。

1994年トルバドールレコードより発売された1stアルバム(メジャーリリース時は2ndアルバム)『SONIC SKATE SURVEYOR』は、YMOをモチーフにしたオリジナル楽曲を収録していたが、2ndアルバム(メジャーリリース時は1stアルバム)『ORIENTAL MAGNETIC YELLOW』からは、YMOのオリジナル楽曲のメロディやアレンジをパロディにした楽曲を収録している。

演奏面では本家ではシーケンサータンスを使用していたが、OMYではタンスと箪笥をかけて「noog」と書かれた箪笥が置かれている。その代わりに音はノートパソコンで演奏されている。ボーカルは本家のようなドラムと兼任して歌うのではなく、キーボードの佐野本が歌う形になっている。

1996年ポニー・キャニオンサイトロン・レーベルよりメジャーデビューし、すでに発売されていた自主レーベルからのアルバムが全国流通となった。また、ゲームサウンドクリエイターが参加したということで、発売ごとに「マイコンBASICマガジン」のゲームミュージックコーナーでも紹介されていた。1997年6月21日には、本家のウィンター・ライヴ1981に対抗するように「サマー・ライヴ」を渋谷ON AIR EASTで開催。

2001年にアルバム『弱気なぼくら / NERVOUS』を発売して以降は主だった活動をしていない(「閑散」した)。

2010年7月頃、Twitter上でメンバー達が再び交流し、複数人で新たに楽曲が作られTwitter等のアカウントも作成されるなどの動きを見せていたが、立ち消えになっている。

ディスコグラフィ[編集]

  • SONIC SKATE SURVEYOR (1994年8月インディーズリリース、1997年1月18日メジャーリリース)
    タイトルおよびジャケットは『SOLID STATE SURVIVOR』のパロディだが内容はオリジナル色が強い。
  • ORIENTAL MAGNETIC YELLOW (1995年8月インディーズリリース、1996年12月16日メジャーリリース)
    前半6曲は『YELLOW MAGIC ORCHESTRA』、後半7曲は『SOLID STATE SURVIVOR』収録曲のパロディ。
  • ×0BREEDS 養殖 (1996年8月インディーズリリース、1997年2月21日メジャーリリース)
    前半5曲(BREEDING SIDE)は『×∞MULTIPLIES 増殖』収録曲のパロディ、後半7曲(PERSONAL PLEASURE SIDE)は『PUBLIC PRESSURE』をパロディ化したライブ収録であり、そのためギタートラックがミュートされている。インディーズ盤には「OMY」と赤いスタンプの押された段ボール片が封入されていた。
  • TECHNODERUCK (1997年6月18日
    BGM』および『TECHNODELIC』収録曲のパロディ。『BGM』の楽曲は3曲に留まっている。
  • O.M.Y. SOLO WORKS (1999年9月17日
    YMOメンバー(細野晴臣坂本龍一高橋幸宏)のソロ発表曲のパロディが中心。
    ただし細野のソロアルバム『フィルハーモニー』収録の「フニクリ・フニクラ」だけは、演奏を完全コピー・メロディーもそのままで「おにのパンツ」と題し、日本で広く知られる替え歌が歌われている。
  • O.M.Y. ザ・ベストアルバム (2001年1月24日
  • 弱気なぼくら / NERVOUS (2001年6月6日
    前半5曲は『浮気なぼくら』、後半7曲は『SERVICE』収録曲のパロディ。ラストにはS.E.T.コントのパロディも収録。

関連項目[編集]

脚注[編集]