オリオンキャンペーンガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オリオンキャンペーンガールは、オリオンビールイメージガールの名称。

概要[編集]

  • 1993年7月11日のビアフェストにて一般公開コンテストが開催され応募者60名の中から初代キャンペーンガールが選出され、1994年には新たな営業戦略を模索し4人が選出された。

「久保田チャームスクール」の久保田照子が審査および教育を担当している。 毎年2人~4人選出され、沖縄県内外での広報活動およびテレビCMやポスターモデルなどの販促活動を一年間行っている。

  • 第9代キャンペーンガールの高木千恵は初の県外出身者である。
  • キャンペーンガール契約満了後は沖縄県内でタレント活動をする事も多く、比嘉鈴代琉球朝日放送アナウンサーとして活動。宮里涼子、久高真理[1]、阿嘉優紀乃、上條恵奈美、新城有希子、與那嶺望、平良優衣、照屋幸矢はその後ラジオパーソナリティ・リポーターに転身している。

歴代オリオンキャンペーンガール[編集]

年度 メンバー
初代 1994年 宮平美友紀(ドラフトクイーン)、安田さおり(ピルスクイーン)
第2代 1995年 奥間直美
第3代 1996年
第4代 1997年
第5代 1998年 池間泰子、長山千秋、宮里多香乃、喜名律子
第6代 1999年 岸本奈々、石川千草、三木真理子、平良美恵
第7代 2000年 大城早貴子、石原里花、赤嶺奈津子、玉城梨恵子
第8代 2001年 比嘉鈴代、宮里涼子、宮畑有美、比嘉綾子
第9代 2002年 普天間里奈、喜屋武梨乃、池原さやか、高木千恵
第10代 2003年 佐次田貴子、知花由子、大田美紀、川口範子
第11代 2004年 久高真理、平良真利、松田清香、宮国麗子
第12代 2005年 比嘉瞳、高安江利奈、阿嘉優紀乃
第13代 2006年 堀川綾乃、平敷藍子、大城麻衣子
第14代 2007年 大城沙也香、宮里静香、玉木紫保子
第15代 2008年 與那嶺マキ、津嘉山絵里子、米須愛理
第16代 2009年 神里綾子、高江洲有紗、上條恵奈美
第17代 2010年 稲嶺実奈美、新城有希子、富川舞
第18代 2011年 與那嶺望、知念里奈[2]、金城愛巳
第19代 2012年 大城優紀、翁長夕佳子、諸見里麻衣
第20代 2013年 名城恵美、喜舎場梨予、桃原柚華
第21代 2014年 上原愛美、永吉栄花、花岡早樹子

脚注[編集]

  1. ^ パーソナリティ転身後は平仮名表記の「くだかまり」名義
  2. ^ 歌手の知念里奈とは同姓同名の別人。

関連項目[編集]