オリオンザサンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オリオンザサンクス
Orion the Thanks 20001125P1.jpg
2000年11月25日 東京競馬場
欧字表記 Orion the Thanks
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1996年4月10日(22歳)
シャンハイ
ミラノコレクション
生国 日本の旗 日本北海道門別町
生産 森永隆範
馬主 日浦桂子
調教師 田部和則(北海道
赤間清松大井
競走成績
生涯成績 24戦11勝
獲得賞金 2億7291万円
テンプレートを表示

オリオンザサンクスとは、公営ホッカイドウ競馬大井競馬場に所属していた日本競走馬である。1999年NARグランプリサラブレッド系最優秀4歳馬

出自[編集]

シャンハイヘクタープロテクターボスラシャムの兄弟にあたり、現役時代はプールデッセデプーランを優勝している(半兄ヘクタープロテクターとの兄弟優勝)。引退後は日本に輸入され種牡馬となった。地方競馬の2歳リーディングサイアーに輝き、産駒は総じて早熟で、短距離志向が強いが、オリオンザサンクスは例外的な存在であった。

母ミラノコレクションは未勝利であるが、祖母フドウゴールドは南関東(浦和)の重賞しらさぎ賞の優勝馬、その半弟カウンテスアップ東京大賞典などの勝ち鞍がある。フドウゴールドとカウンテスアップの兄弟はカーレッド3x3の強いインブリード、オリオンザサンクスもリヴァーマン3x3の強いインブリードを持つのが特徴である。

血統からは、この馬については母父に中長距離血統のリヴリアがおり、さらにリヴァーマン(Riverman)3x3の強いインブリードがあった。

戦績[編集]

馬齢は2000年まで旧表記。

3歳時(1998年)は公営ホッカイドウ競馬の田部和則厩舎に所属。同年4月15日門別競馬場でデビューし初勝利。

その後旭川競馬場でオープン戦と重賞の栄冠賞において2度のレコードタイム(1000m)を叩き出し、この頃から地方競馬期待の3歳馬と言われるようになる。

ホッカイドウ競馬で6戦4勝の成績で同年の暮れに南関東公営大井競馬場赤間清松厩舎へ移籍し、大井のベテラン早田秀治騎手との名コンビが誕生する。

移籍後初の出走となった川崎競馬場全日本3歳優駿統一GII)は10着に終わる。

1999年、明け4歳になると持ち味である強烈なスピードを武器に、この年初戦の若獅子特別ではほとんど大暴走状態にしか見えない程の驚異的な大逃げを打った挙げ句、さらに2着馬に1.5秒差を付ける大楽勝、大雪の中で行われた京浜盃も早め先頭から押し切り、1999年の南関東三冠路線の大本命となる。

南関東三冠においても第1戦羽田盃も危なげなく逃げ切り。続く第2戦の東京王冠賞こそ同世代のライバルであったオペラハットとタイコウレジェンドに捕まり3着に敗れるも、三冠最終戦の東京ダービーでは再び逃げ切り南関東の二冠馬となった。

そしてこの年から新たに中央地方全国交流GI競走として新設された第1回ジャパンダートダービーでは南関東の総大将格として中央勢を迎え撃つ。ここでも単勝1番人気に応え見事に逃げ切ってこの競走の初代王者となった。

これで同年の4歳ダート最強馬の地位を確保したように見えたが、その後は武器であるスピードを欠き不本意なレースが続いた。秋はスーパーチャンピオンシップで復帰するも11着大敗。

古馬になった2000年は様々な距離のレースに出走し、また中央競馬のダートGIにも参戦するなど新境地を模索することになる。地元大井のフロンティアスプリント盃では久々の短距離戦でもあったが、逃げずに差し切り勝ちを収める。同年11月25日東京競馬場で日本初のダート国際競走として新設された第1回ジャパンカップダート(JRAGI)に地方競馬代表として選出され、スタートから猛スピードで逃げを打ち大勢の観衆をあっと言わせたが結局失速してしまう(15着)。暮れの東京大賞典に登録したものの補欠扱いで除外され、勝島オープンに出走し勝ち星を挙げて2000年の締めくくりとなった。

馬齢表記が変わった2001年東京シティ盃から始動。1番人気に推されるも5着に敗れる。2戦目に佐賀競馬場で行われた佐賀記念(統一GIII)に遠征、この競走11着後に屈腱炎が判明、現役を引退した。

競走成績[編集]

受賞歴[編集]

1999年 NARグランプリサラブレッド系最優秀4歳馬

種牡馬[編集]

引退後は種牡馬となり、初年度産駒は2005年にデビューしている。

2008年4月13日福島競馬場で行われた3歳未勝利戦をザドリームジュエルが制して、産駒が中央競馬で初勝利を挙げた。また、2008年の九州ダービー栄城賞をオリオンザナイトが制し、“ダービー馬”の父となった。

2018年に種牡馬を引退した。

血統表[編集]

オリオンザサンクス血統ミスタープロスペクター系 / Riverman 3x3=25%) (血統表の出典)
父系

*シャンハイ
Shanghai
1989 鹿毛
父の父
Procida
1981 鹿毛
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Wish Distinction Distinctive
Carrie's Rough
父の母
Korveya
1982 栗毛
Riverman Never Bend
River Lady
Konafa Damascus
Royal Statue

ミラノコレクション
1991 鹿毛
*リヴリア
Rivlia
1982 鹿毛
Riverman Never Bend
River Lady
Dahlia Vaguely Noble
Charming Alibi
母の母
フドウゴールド
1979 栗毛
*モハビ Swaps
Somebody Who
*カウンテスドレスアップ *ドレスアップ
Countess Lautrec F-No.16
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典