オリバー・ターベイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オリバー・ターベイ
Oliver Turvey.jpg
オリバー・ターベイ (2012年)
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
(イングランドの旗 イングランド)
生年月日 (1987-04-01) 1987年4月1日(32歳)
出身地 イギリスの旗 イギリス
(イングランドの旗 イングランド)
同・カンブリア州ペンリス
過去参加シリーズ
2004–06
2007
2007

2008
2009
2009–10–11
2011
2013
フォーミュラ・BMW UK
イタリア・フォーミュラ・ルノー
ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー 2.0
イギリス・フォーミュラ3
フォーミュラ・ルノー 3.5 シリーズ
GP2 アジア・シリーズ
ブランパン耐久シリーズ
ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ
受賞
2006

2008
マクラーレン・オートスポーツ・BRDC・アワード
ケンブリッジ・フル・ブルー

オリバー・ジョナサン・ターベイOliver Jonathan Turvey, 1987年4月1日 - )は、イギリス出身のレーシングドライバー

経歴[編集]

カート[編集]

1987年に、イギリスイングランド)・カンブリア州ペンリス(Penrith)で生まれる。8歳の頃からカートに乗り始め、キャリアをスタートさせた。1999年には、「イギリス・カデット・チャンピオンシップ」で総合5位となる。その成績が評価されイギリス・ナショナルチームのメンバーに加わり、同年の「インターナショナル・チャンピオンシップ」で勝利を収めた。翌年の2000年は、「ジュニア・ヤマハ・ナショナル・チャンピオンシップ」でタイトルを獲得する。その後、「ジュニア・KTM・チャンピオンシップ」を経て、2002年には「ジュニア・ロータックス・クラス」の選手権で年間チャンピオンに輝いた。

カー・レーシング[編集]

ターベイは、2003年の「イギリス・フォーミュラ・ルノー・ウィンター・シリーズ」でシングルシーターデビューを果たした。この年は、「ジップ・フォーミュラ」にも出場してルーキードライバーの中では最高順位となる総合4位の好成績で終える。2004年は、「フォーミュラ・BMW UK」に参戦する。初参戦ながらも1勝を挙げ、総合7位となる。シーズン終了後は、「アジアン・F3チャンピオンシップ」にエントリーし2度ほどレースに出走している。

翌年も、チーム・SWRから「フォーミュラ・BMW UK」に参戦。シーズンを通じて優勝こそ無かったものの6回の表彰台を獲得する。総合順位は前年より1つ下がって8位となった。3年目の2006年も引き続き同シリーズに参戦し、チーム・ロックタイトに移籍する。第7戦から出走を開始した。出場したすべてのレースでポイントを獲得し、第17戦から3戦連続の優勝を果たすなど随所に速さを見せた。最終的に優勝5回、表彰台圏内10回、ポールポジション7回という昨年を大きく上回る成績を残し、総合2位でシーズンを終えた。大会終了後にバレンシアで行われた、「フォーミュラ・BMW・ワールドファイナル」ではイギリス勢の最高順位となる6位でフィニッシュする活躍を見せる。この年の「マクラーレン・オートスポーツ・BRDC・ヤングドライバー・オブ・ザ・イヤー・アワード」(McLaren Autosport BRDC Young Driver of the Year Award)においてターベイは、年間アワードを受賞している。

2007年は当初イギリス・F3選手権に参戦予定だったが、新たにヨーロッパ大陸でのレースを中心にして活動する事になった。ジェンザー・モータースポーツから「ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー 2.0」と「イタリア・フォーミュラ・ルノー 2.0」の両シリーズに1年間参戦し腕を磨いた。2008年はイギリスに戻り、「イギリス・F3選手権」へ正式に参戦を開始する。カーリン・モータースポーツ英語版から出走し、4度の優勝を果たす走りを見せチームメイトのハイメ・アルグエルスアリに次ぐ総合2位に食い込んだ。

2009年、ターベイは「フォーミュラ・ルノー 3.5 シリーズ」への参戦を開始する。昨年に引き続きカーリン・モータースポーツから出走し、チームメイトも前年の僚友ハイメ・アルグエルスアリとなった。第3戦モナコラウンドでは初のポールポジションを獲得し、決勝レースでも首位を譲らず堂々の初優勝を飾った。ルーキードライバーの中でも最高順位となる総合4位でシーズンを締めくくった。年末からは、2009年-2010年GP2アジアシリーズに参戦している。2010年5月からはGP2の本戦へエントリーする。GP2アジアシリーズから引き続いてiスポーツ・インターナショナルから出走しシーズンを戦った。

11月16日には、マクラーレンからアブダビで行われたF1の若手ドライバーテストに参加する[1]レッドブルから出走していたダニエル・リチャルドに次いで、1.1秒差の2番手となるタイムを残した。

2011年2月、オーシャン・レーシング・テクノロジー英語版から再びGP2アジアシリーズに参戦する。全戦で完走するもののポイント獲得は出来なかった。2010年を以てレーシング・ステップ財団英語版の支援が終了したため、資金面において厳しい状態となる。その影響もあり、アジアシリーズ終了後の本戦では僅か2レース(第3ラウンド)のみの出走となってしまった。

その後、GP2シリーズを離れターベイはブランパン耐久シリーズ英語版へ新たに活動の場を移した。マクラーレン・GT(McLaren GT)から出走し、マクラーレン・MP4-12C GT3のステアリングを握った。チームメイトは、アンドリュー・カーカルディ(Andrew Kirkaldy)、アルヴァロ・パレンテ英語版ダニー・ワッツ英語版の布陣となった。「GT3プロ」部門のカテゴリーで参戦した。

2012年は、シーズンの大半をF1チームであるマクラーレンからテストドライバーとして活動した。

2013年は、ヨーロピアン・ル・マン・シリーズル・マン24時間レースに参戦した。両レース共にJotaスポーツからの出走となった。搭乗車は、ザイテック・Z11SN。チームメイトは、サイモン・ドゥーランルーカス・ルーア英語版(ル・マン24時間レースのみ)。ヨーロピアン・ル・マン・シリーズでは、悪天候となった開幕戦の予選でポールポジションを獲得すると、続く決勝レースでも首位を死守したままポールトゥーウィンを決める走りを見せる。シーズンで71ポイントを稼ぎ出し、LMP2クラスの総合3位という好成績を挙げた。ル・マン24時間レースではLMP2クラスの3番手スタートから始まったが、その後順位を落としクラス7位で終えた。

翌年も再び、Jotaスポーツからル・マン24時間レースに挑んだ。チームメイトは、昨年に同じサイモン・ドゥーランと新たに加わったハリー・ティンクネル。予選は、ティリエ by TDR レーシングに次ぐクラス2番手となった。迎えた決勝レースでは、見事な走りでトップを抜き去りそのままLMP2クラスのトップチェッカーを受けた、自身、そしてチームにとってもル・マン24時間レース初制覇となった。5月末に開催されたフォーミュラEの第10戦・最終戦ロンドン大会にて、ネクストEV・TCR(NEXTEV TCR)から出走する事となった。両レース共に9位でフィニッシュしデビュー戦初入賞を果たした。また、このレースではエースドライバーのネルソン・ピケJr.セバスチャン・ブエミルーカス・ディ・グラッシと年間チャンピオンを争っていたが、ブエミがファステストラップを出してチャンピオン獲得と思われた所、ターベイが終盤にファステストラップを叩き出してタイムを更新、ブエミの2ポイント獲得を阻止した。さらにはピケJr.へ順位を譲るなど大活躍を見せ、結果ピケJr.のチャンピオン獲得を見事援護したことが話題となった。

2015年は、連覇を目指し3年連続でJotaスポーツからル・マン24時間レースへ出場した[2]。三度タッグを組むサイモン・ドゥーランとニュージーランド出身のミッチ・エバンス英語版がチームメイトとなる。搭乗車を昨年までドライブしたザイテック・Z11SNから新たにオレカ・05へチェンジした。予選では、LMP2クラスの4番手タイム(14番グリッド)をマークした。迎えた決勝では、周回数を重ねながら徐々に順位を上げ2位まで上り詰めた。しかし、首位を捕らえるまでには至らずそのままチェッカーを受けた。LMP2クラス連覇はならなかったが内容のあるレースだった。ル・マンでの活動以外では、日本のSUPER GTへ参戦しドラゴ・モデューロ・ホンダ・レーシングから出走した。第5戦以外すべてのレースでポイントを獲得したが、総合順位ではGT500クラスの13位だった。10月からは前年の活躍もあってか引き続きネクストEVからフォーミュラEへの参戦が決定した[3]。チームメイトも継続して前年度(初代)チャンピオンのピケJr.。この年は3度の入賞に留まったが、年間ランキングは14位となりこの年不調だった15位のピケJr.を上回った。

2016-17シーズンも同体制でフォーミュラEに参戦している。

レースでの受賞歴[編集]

  • 2006年12月 - マクラーレン・オートスポーツ・BRDC・アワード
  • 2008年 - スポーツ・パーソナリティ・オブ・ザ・イヤー・アワード・アット・ザ・2008・カンブリア・スポーツ・アワード
  • 2008年 - デイリー・ミラー・ベスト・ブリティッシュ・ドライバー・F3・アワード
  • 2008年 - アワーデッド・ザ・ダンヒル・フューチャー・チャンピオン・アワード・アット・グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード
  • 2008年 - ユニバーシティ・オブ・ケンブリッジ・エクストローディナリー・フル・ブルー・フォア・モータースポーツ
  • 2008年 - ブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ・ナショナル・レーシング・ドライバー・オブ・ザ・イヤー

レース戦績[編集]

略歴[編集]

シリーズ チーム レース 勝利 PP FL 表彰台 ポイント 順位
2003 ジップ・フォーミュラ・グレート・ブリテン 不明 4 0 - - - 118 4位
フォーミュラ・ルノー2.0 UK ウィンター・シリーズ マーク・バーネット・モータースポーツ 4 0 0 0 0 6 18位
2004 フォーミュラ・BMW UK SMR・オメガランド 18 1 0 0 1 83 7位
チーム・SWR・パイオニア
2005 16 0 1 2 6 103 8位
2006 チーム・ロックタイト 14 5 7 2 10 209 2位
2007 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0 ジェンザー・モータースポーツ 13 0 0 0 1 51 8位
フォーミュラ・ルノー2.0 イタリア 14 0 1 0 2 176 9位
2008 イギリス・フォーミュラ3選手権 カーリン・モータースポーツ 22 4 4 4 13 234 2位
2009 フォーミュラ・ルノー3.5 シリーズ 17 1 1 0 5 93 4位
2010 GP2シリーズ iスポーツ・インターナショナル 20 0 1 1 4 48 6位
2011 カーリン・モータースポーツ 2 0 0 0 0 0 25位
2013 ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ Jotaスポーツ 5 1 4 1 3 71 3位
ル・マン24時間レース - LMP2 1 0 0 0 0 N/A 7位
2014 1 1 0 0 1 N/A 1位
2014-15 フォーミュラE NEXTEV TCR 2 0 0 0 0 2 22位
2015 SUPER GT ドラゴ・モデューロ・ホンダ・レーシング 8 0 0 0 0 26 12位
ル・マン24時間レース - LMP2 Jotaスポーツ 1 0 0 1 1 N/A 2位
2015-16 フォーミュラE NEXTEV TCR 10 0 0 0 0 11 14位
2016 SUPER GT ドラゴ・モデューロ・ホンダ・レーシング 5 0 1 0 0 5 19位
2016-17 フォーミュラE NextEV NIO 12 0 1 0 0 26 12位
2017-18 NIO・フォーミュラEチーム 10 0 0 0 1 46 10位
2018 ル・マン24時間レース CEFC・TRSMレーシング 1 0 0 0 0 N/A DNF
2018-19 FIA 世界耐久選手権 1 0 0 0 0 0 NC*
フォーミュラE NIO・フォーミュラEチーム
  • * : 今シーズンの順位。(現時点)

フォーミュラ[編集]

イギリス・フォーミュラ3選手権[編集]

チーム エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 順位 ポイント
2008年 カーリン・モータースポーツ メルセデス OUL
1

1
OUL
2

12
CRO
1
8
CRO
2
3
MNZ
1

3
MNZ
2

13
ROC
1
6
ROC
2

9
SNE
1
4
SNE
2
5
THR
1
3
THR
2

2
BRH
1

2
BRH
2

3
SPA
1

1
SPA
1

Ret
SIL
1

1
SIL
2

1
BUC
1
2
BUC
2

2
DON
1

3
DON
2

Ret
2位 234

フォーミュラ・ルノー3.5 シリーズ[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 順位 ポイント
2009年 カーリン・モータースポーツ CAT
1

4
CAT
2

11
SPA
1

6
SPA
2

14
MON
1

1
HUN
1

8
HUN
2

Ret
SIL
1

3
SIL
2

3
BUG
1

3
BUG
2

10
ALG
1

Ret
ALG
2

6
NÜR
1

4
NÜR
2

Ret
ALC
1

2
ALC
2

5
4位 93

GP2シリーズ[編集]

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 DC ポイント
2010年 iスポーツ・インターナショナル CAT
FEA

5
CAT
SPR

5
MON
FEA

15
MON
SPR

15
IST
FEA

14
IST
SPR

18
VAL
FEA

Ret
VAL
SPR

12
SIL
FEA

8
SIL
SPR

2
HOC
FEA

8
HOC
SPR

2
HUN
FEA

4
HUN
SPR

5
SPA
FEA

6
SPA
SPR

5
MNZ
FEA

3
MNZ
SPR

6
YMC
FEA

2
YMC
SPR

6
6位 47
2011年 カーリン・モータースポーツ IST
FEA
IST
SPR
CAT
FEA
CAT
SPR
MON
FEA

14
MON
SPR

8
VAL
FEA
VAL
SPR
SIL
FEA
SIL
SPR
NÜR
FEA
NÜR
SPR
HUN
FEA
HUN
SPR
SPA
FEA
SPA
SPR
MNZ
FEA
MNZ
SPR
25位 0
GP2アジアシリーズ[編集]
エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 DC ポイント
2009-10年 iスポーツ・インターナショナル YMC1
FEA

8
YMC1
SPR

4
YMC2
FEA

1
YMC2
SPR

5
BHR1
FEA

9
BHR1
SPR

6
BHR2
FEA

9
BHR2
SPR

11
6位 17
2011年 オーシャン・レーシング・テクノロジー YMC
FEA

18
YMC
SPR

19
IMO
FEA

15
IMO
SPR

8
16位 0

(key)

フォーミュラE[編集]

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 順位 ポイント
2014-15年 NEXTEV TCR・フォーミュラEチーム スパーク-ルノー・SRT_01E BEI PUT PDE BNA MIA LBH MON BER MOS LON
9+
LON
9+
22位 4
2015-16年 NEXTEV TCR スパーク-ネクストEV・TCR・フォーミュラE・001 BEI
6+
PUT
Ret+
PDE
12
BNA
9
MEX
11
LBH
12
PAR
13
BER
12
LON
15
LON
10
14位 11
2016-17年 NextEV NIO スパーク-ネクストEV・TCR・フォーミュラE・002 HKG
8
MAR
7
BNA
9
MEX
Ret
MON
13
PAR
11
BER
10
BER
9
NYC
6
NYC
14
MTL
15
MTL
17
12位 26
2017-18年 NIO・フォーミュラEチーム スパーク-NextEV NIO スポーツ・003 HKG
16
HKG
6
MAR
Ret
SAN
14
MEX
2
PDE
7
ROM
12
PAR
9
BER
5
ZUR
9
NYC
DNS
NYC
WD
10位 46
2018-19年 スパーク-NextEV NIO スポーツ・004 ADR
13
MAR
16
STI
8
MEX
12
HKG
9
SNY
11
ROM
13
PAR
14
MON
Ret
BER
18
BRN
16
NYC
10
NYC
14
20位 7

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー 車両 クラス 周回数 順位 クラス
順位
2013年 イギリスの旗 Jotaスポーツ イギリスの旗 サイモン・ドゥーラン
ドイツの旗 ルーカス・ルーア
ザイテック・Z11SN-日産 LMP2 319 13位 7位
2014年 イギリスの旗 サイモン・ドゥーラン
イギリスの旗 ハリー・ティンクネル
356 5位 1位
2015年 イギリスの旗 サイモン・ドゥーラン
ニュージーランドの旗 ミッチ・エバンス
ギブソン・015S-日産 358 10位 2位
2018年 中華人民共和国の旗 CEFC・TRSMレーシング イギリスの旗 アレックス・ブランドル
イギリスの旗 オリバー・ローランド
ジネッタ・G60-LT P1-メカクローム LMP1 137 DNF DNF

ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ[編集]

チーム クラス 車両 エンジン 1 2 3 4 5 ランク ポイント
2013年 Jotaスポーツ LMP2 ザイテック・Z11SN 日産 VK45DE 4.5 L V8 SIL
1
IMO
Ret
SPL
4
HUN
3
LEC
3
3位 71

SUPER GT[編集]

チーム 車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 DC ポイント
2015年 ドラゴ・モデューロ・ホンダ・レーシング ホンダ・NSX GT500 OKA
6
FSW
8
CHA
10
FSW
6
SUZ
12
SUG
7
AUT
7
TRM
7
12位 26
2016年 OKA
12
FSW
13
SUG
7
FSW
Ret
SUZ
Ret
CHA TRM TRM 19位 5

FIA 世界耐久選手権[編集]

エントラント クラス シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 ランク ポイント
2018-19年 CEFC・TRSMレーシング LMP1 ジネッタ・G60-LT-P1 メカクローム V634P1 3.4 L Turbo V6 SPA
WD
LMS
Ret
SIL FUJ SHA SEB
SPA
LMS
NC* 0*

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ マクラーレン、オリバー・ターベイを若手テストに起用”. F1-Gate.com (2010年11月11日). 2016-03-16)閲覧。
  2. ^ ターベイ、今年もJOTAからル・マン24時間に参戦”. as-web.jp (2015年5月7日). 2016年3月16日閲覧。
  3. ^ ターベイがフォーミュラEにフル参戦。ピケJr.と組む”. as-web.jp (2015年9月16日). 2016年3月16日閲覧。