オリバー・ドレイク (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オリバー・ドレイク
Oliver Drake
タンパベイ・レイズ #47
Oliver Drake (cropped).jpg
タンパベイ・レイズ時代
(2019年7月14日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 マサチューセッツ州ウースター
生年月日 (1987-01-13) 1987年1月13日(32歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 MLBドラフト43巡目
初出場 2015年5月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

オリバー・ガードナー・ドレイクOliver Gardner Drake, 1987年1月13日 - )は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ウースター出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBタンパベイ・レイズ所属。愛称はブッコBucko[1]

経歴[編集]

プロ入りとオリオールズ時代[編集]

ボルチモア・オリオールズ時代
(2015年10月3日)

アメリカ海軍兵学校の出身であり、5年間の兵役義務が生じる直前の2008年MLBドラフト43巡目(全体1286位)でボルチモア・オリオールズから指名され、プロ入り。契約後、傘下のアパラチアンリーグのルーキー級ブルーフィールド・オリオールズ英語版でプロデビュー。A-級アバディーン・アイアンバーズ英語版でもプレーし、2球団合計で12試合に登板して1勝0敗1セーブ、防御率0.82、24奪三振を記録した。

2009年はA級デルマーバ・ショアバーズ英語版でプレーし、25試合(先発24試合)に登板して8勝9敗、防御率4.34、104奪三振を記録した。

2010年はA+級フレデリック・キーズ英語版でプレーし、24試合(先発21試合)に登板して6勝6敗、防御率4.36、100奪三振を記録した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、スコッツデール・スコーピオンズに所属した。

2011年はA+級フレデリック、AA級ボウイ・ベイソックス、AAA級ノーフォーク・タイズでプレーし、3球団合計で27試合(先発25試合)に登板して11勝8敗、防御率3.32、122奪三振を記録した。

2012年はAA級ボウイでプレーしたが、前年オフに行った肩の手術のため3試合の登板にとどまった[2]

2013年もAA級ボウイでプレーし、19試合に登板して3勝0敗8セーブ、防御率1.74、38奪三振を記録した。

2014年もAA級ボウイでプレーし、50試合に登板して2勝4敗31セーブ、防御率3.08、71奪三振を記録した。オフの11月18日に40人枠入りした[3]

2015年は開幕をAAA級ノーフォークで迎え、5月23日にメジャー初昇格を果たし、同日のマイアミ・マーリンズ戦でメジャーデビュー[4]。背番号は71。この年メジャーでは13試合に登板して防御率2.87、17奪三振を記録した。

2016年は14試合に登板して1勝0敗、防御率4.00、21奪三振を記録した。

2017年4月13日にDFAとなった[5]

ブルワーズ時代[編集]

2017年4月14日に後日発表選手または金銭とのトレードで、ミルウォーキー・ブルワーズへ移籍した[6]。背番号は51

2018年5月2日にDFAとなった[7]

インディアンス時代[編集]

2018年5月5日に金銭トレードで、クリーブランド・インディアンスへ移籍した[8]。だが、4試合に登板して防御率12.46と振るわず、5月26日にDFAとなった[9]。背番号は46

エンゼルス時代[編集]

2018年5月31日にウェイバー公示を経てロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した[10]。背番号は36。だが、エンゼルスでも4試合に登板して防御率10.13と振るわず、6月16日にDFA[11]、19日にマイナー契約で傘下のAAA級ソルトレイク・ビーズへ配属された[5]。7月6日に再びメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[12]。7月23日にDFAとなった[13]

ブルージェイズ時代[編集]

2018年7月26日にウェイバー公示を経てトロント・ブルージェイズへ移籍した[5]。背番号はインディアンス時代と同じ46。しかし、ブルージェイズでも2試合に登板して防御率16.20と結果を残せず、7月30日にDFAとなった[14]

ツインズ時代[編集]

2018年8月3日にウェイバー公示を経てミネソタ・ツインズへ移籍した[15]。背番号は32。翌4日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦にて移籍後初登板し、これにより、MLB史上初めて1シーズンに5球団でプレーした選手となった[16]。この年プレーした5球団合計では44試合に登板して1勝1敗、防御率5.29、51奪三振を記録した。

レイズ時代[編集]

2018年シーズン後の11月1日にウェイバー公示を経てタンパベイ・レイズへ移籍した[17]が、20日にDFAとなった[18]

その後、11月26日にウェイバー公示を経てブルージェイズへ移籍した[19]が、ここでも12月30日にDFAとなった[20]

年が明けた2019年1月4日に金銭トレードで、再びレイズへ移籍[21]も、18日にアビサイル・ガルシアの加入に伴ってDFAとなった[22]。その後、1月24日にマイナー契約で傘下のAAA級ダーラム・ブルズへ配属された[5]。シーズン開幕からAAA級ダーラムでプレーし、5月26日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[23]

投球スタイル[編集]

速球は最速93mph(約150km/h)程度だが、スプリッターとのコンビネーションで三振を奪う[24]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 BAL 13 0 0 0 0 0 0 0 2 ---- 146 15.2 16 1 9 0 0 17 3 0 7 5 2.87 1.60
2016 14 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 74 18.0 11 2 7 0 0 21 1 0 11 8 4.00 1.00
2017 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 18 3.1 6 0 3 0 0 3 1 0 3 3 8.10 2.70
MIL 61 0 0 0 0 3 5 0 6 .375 233 52.2 57 6 22 2 0 59 2 1 28 26 4.44 1.50
'17計 64 0 0 0 0 3 5 0 6 .375 251 56.0 63 6 25 2 0 62 3 1 31 29 4.66 1.57
2018 11 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 58 12.2 14 0 8 1 0 15 2 0 9 9 6.39 1.74
CLE 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 22 4.1 7 0 1 0 1 4 0 0 6 6 12.46 1.85
LAA 8 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 40 8.2 15 2 1 0 0 8 0 0 5 5 5.19 1.85
TOR 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 9 1.2 4 0 0 0 0 2 1 0 3 3 16.20 2.40
MIN 19 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 80 20.1 12 2 7 0 0 22 2 0 6 5 2.21 0.93
'18計 44 0 0 0 0 1 1 0 1 .500 209 47.2 52 4 17 1 1 51 5 0 29 28 5.29 1.45
MLB:4年 135 0 0 0 0 5 6 1 9 .455 606 137.1 142 13 58 3 1 151 12 1 78 70 4.59 1.46
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2015 BAL 13 1 3 0 0 1.000
2016 14 2 3 0 0 1.000
2017 3 0 0 0 0 ----
MIL 61 10 5 0 0 1.000
'17計 64 10 5 0 0 1.000
2018 11 2 1 0 0 1.000
CLE 4 0 0 0 0 ----
LAA 8 3 0 0 0 1.000
TOR 2 0 0 0 0 ----
MIN 19 1 4 0 0 1.000
'18計 44 6 5 0 0 1.000
MLB 135 19 16 0 0 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 71(2015年 - 2017年途中)
  • 51(2017年途中 - 2018年5月1日)
  • 46(2018年5月13日 - 同年5月25日、2018年7月27日 - 同年7月29日)
  • 36(2018年6月1日 - 同年6月15日、2018年7月11日 - 同年7月23日)
  • 32(2018年8月4日 - 同年終了)
  • 47(2019年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Explaining Crew Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年9月17日閲覧
  2. ^ With his arm healthy again, Baysox's Drake finds relief” (英語). capitalgazette.com (2014年5月11日). 2017年5月12日閲覧。
  3. ^ WBAL (2014年11月19日). “Baltimore Orioles sign RHP Oliver Drake” (英語). WBALTV. 2017年5月12日閲覧。
  4. ^ Dan Connolly (2015年5月23日). “Former Navy pitcher Oliver Drake gets first taste of majors with O's” (英語). The Baltimore Sun. 2017年5月12日閲覧。
  5. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2019年1月29日閲覧。
  6. ^ Andy Call (2017年4月14日). “Brewers acquire reliever Oliver Drake from O's” (英語). MLB.com. 2017年5月12日閲覧。
  7. ^ Brewers' Oliver Drake: DFA'd by Brewers” (英語). CBS Sports (2018年5月2日). 2018年5月6日閲覧。
  8. ^ Jordan Bastian (2018年5月4日). “Indians acquire reliever Drake from Brewers” (英語). MLB.com. 2018年5月6日閲覧。
  9. ^ Indians add Ben Taylor & Evan Marshall from Columbus; Andrew Miller placed on DL” (英語). MLB.com (2018年5月26日). 2018年5月29日閲覧。
  10. ^ Avery Yang (2018年6月1日). “Cozart set for MRI on left forearm strain” (英語). MLB.com. 2018年6月3日閲覧。
  11. ^ Eric He (2018年6月16日). “Simmons returns from DL; Upton scratched” (英語). MLB.com. 2018年6月17日閲覧。
  12. ^ Maria Guardado (2018年7月6日). “Top prospect Adell to play in Futures Game”. MLB.com. 2018年7月8日閲覧。
  13. ^ Maria Guardado (2018年7月23日). “Pujols comes off DL, starts at 1B vs. White Sox” (英語). MLB.com. 2018年7月24日閲覧。
  14. ^ Blue Jays activate Estrada, designate Drake for assignment” (英語). Sportsnet (2018年7月30日). 2018年8月2日閲覧。
  15. ^ Rhett Bollinger (2018年8月3日). “Johan honored to join Twins Hall of Fame” (英語). MLB.com. 2018年8月4日閲覧。
  16. ^ Rhett Bollinger (2018年8月4日). “Drake makes MLB history with debut for Twins” (英語). MLB.com. 2018年8月6日閲覧。
  17. ^ Steve Adams (2018年11月1日). “Rays Claim Oliver Drake From Twins, Outright Jesus Sucre, Adam Moore” (英語). MLB Rumors. 2018年11月4日閲覧。
  18. ^ Marc Topkin (2018年11月20日). “Rays DFA C.J. Cron in adding 5 prospects to roster” (英語). TBO.com. 2019年1月14日閲覧。
  19. ^ Blue Jays add right-hander Oliver Drake off waivers from Rays” (英語). Sportsnet (2018年11月26日). 2018年12月29日閲覧。
  20. ^ Chad Thornburg (2018年12月31日). “Blue Jays acquire lefty Richard from Padres” (英語). MLB.com. 2019年1月14日閲覧。
  21. ^ Gregor Chisholm (2019年1月4日). “Drake traded to Rays for cash considerations” (英語). MLB.com. 2019年1月14日閲覧。
  22. ^ Juan Toribio (2019年1月18日). “Rays sign Avisail to one-year contract” (英語). MLB.com. 2019年1月19日閲覧。
  23. ^ T.J. Zuppe (2019年5月26日). “Drake joins Rays' 'pen, gets into game” (英語). MLB.com. 2019年5月27日閲覧。
  24. ^ 「ボルティモア・オリオールズ」『2017MLB選手名鑑全30球団コンプリートガイド』 日本スポーツ企画出版社 10頁

関連項目[編集]