オリバー・マッコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オリバー・マッコール
基本情報
本名 オリバー・マッコール
通称 The Atomic Bull
階級 ヘビー級
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1965-04-21) 1965年4月21日(53歳)
出身地 バージニア州マーティンズヴィル
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 74
勝ち 58
KO勝ち 37
敗け 14
無効試合 2
テンプレートを表示

オリバー・マッコールOliver McCall1965年4月21日 - )は、アメリカ合衆国男性プロボクサー。身長188cm。元WBC世界ヘビー級王者。

来歴[編集]

1985年11月2日、プロデビュー。

全盛期のマイク・タイソンのスパーリングパートナーを務めており、1988年3月21日、東京ドームで行われたトニー・タッブスとの統一王座防衛戦にもスパーリングパートナーとして来日した。

1992年6月26日、NABF北米ヘビー級王者トニー・タッカーアメリカ合衆国)に挑戦し、1-2の判定負けで王座獲得ならず。

1994年9月24日、WBC世界ヘビー級王者レノックス・ルイスイングランド)に挑戦し、2回TKO勝ちで王座を獲得した。

1995年4月8日、ラリー・ホームズ(アメリカ)に3-0の判定勝ちで初防衛に成功した。

1995年9月2日、フランク・ブルーノ(イングランド)と対戦し、0-3の判定負けで王座から陥落した。

1996年2月24日、後にWBC世界ヘビー級王者となるオレグ・マスカエフカザフスタン)と対戦し、1回KO勝ち。

1996年4月、マリファナ所持で逮捕[1]

1996年7月30日、コカインとマリファナ所持で逮捕[2]

1996年12月15日、ホテルで警官にクリスマスツリーを投げつけ、つばを吐いたとして逮捕[3]

1997年2月7日、WBC世界ヘビー級王座決定戦でレノックス・ルイスと再戦。マッコールは3回あたりからラウンドが終了してもコーナーに戻ることを拒否してリングを歩きまわるなど様子がおかしくなり、4回終了後に突然泣き出しレフェリーが5回に試合を止め、TKO負けとなった[4]。その後ファイトマネー300万ドルの支払いが保留となり、最終的に25万ドルの罰金が課せられた。

1997年4月、医師から精神障害と診断を受け、精神病院へ強制入院措置がとられる[5][6]

1998年10月、執行官に対する脅迫と暴行及び公務執行妨害で懲役1年の有罪判決を受ける[7]

2001年、1年間服役、世界ランキングを失う。

2005年10月15日、ファン・カルロス・ゴメスキューバ)と対戦し、0-3の判定負けとなるも、試合後のドラッグテストでゴメスに陽性反応が出たため、ノーコンテストとなった。

2006年1月、テネシー州ナッシュビルで住居侵入容疑およびコカイン所持により逮捕され、2006年5月8日に釈放された[6]

2006年9月9日、FECARBOXヘビー級王座を獲得した。

2007年6月16日、WBCインターナショナルヘビー級王者シナン・サミル・サン(トルコ)に挑戦し、3-0の判定勝ちで王座を獲得した。

2007年10月19日、初防衛戦でファン・カルロス・ゴメスと再戦し、0-3の判定負けで王座から陥落した。

2010年2月、コカインと麻薬吸引器を所持していたとして逮捕[8]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Oliver McCall Arrested on Drug Charges”. APNews (1996年7月26日). 2013年6月9日閲覧。
  2. ^ McCall in Drug Arrest”. NYTimes.com (1996年7月30日). 2013年6月9日閲覧。
  3. ^ HBO Should Have Pulled Out of Bout”. NYTimes.com (1997年2月11日). 2013年6月9日閲覧。
  4. ^ Takes Title as McCall Shows No Fight”. NYTimes.com (1997年2月8日). 2013年6月9日閲覧。
  5. ^ Sent to Hospital”. NYTimes.com (1997年4月2日). 2013年6月9日閲覧。
  6. ^ a b Another Low Blow from Oliver McCall”. EastSideBoxing.com (2006年1月20日). 2013年6月9日閲覧。
  7. ^ McCall to Receive An Early Release”. NYTimes.com (1999年3月31日). 2013年6月9日閲覧。
  8. ^ Heavyweight champion Oliver McCall arrested on drug charges”. SunSentinel.com (2010年2月15日). 2013年6月9日閲覧。

関連項目[編集]

前王者
レノックス・ルイス
WBC世界ヘビー級王者

1994年9月24日 - 1995年9月2日

次王者
フランク・ブルーノ