オリンパス・ボイストレックシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ボイストレック(Voice-Trek)は、オリンパスイメージングが開発・販売しているICレコーダー及びデジタル録音システムのブランドである[1]

沿革[編集]

オリンパスは1969年マイクロカセットレコーダーの1号機である「ZUIKO PEARLCORDER」を発売[2]。マイクロカセットレコーダーは、以後、小型・軽量という特長を活かして、会議や講演会等の録音用途に用いられてきた。

ICレコーダーはこのような系譜に連なるもので[3]、オリンパスは1997年にICレコーダーD-1000を日本国外で発売し、翌1998年にはボイストレックとして日本国内で発売した[2][4]

その後、2005年にはUSB端子でPCに直接接続できるボイストレックV-20[5]が、また、2008年にはボイストレックシリーズではないものの、オリンパス初のPCMレコーダーであるLS-10が発売されている[3]

オリンパスは2006年から2013年まで8年連続で日本国内でのICレコーダーのシェア首位を維持してきた[3]。しかし、2014年のシェアは35.6%で、38.3%を獲得したソニーの後塵を拝した[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]